「 タイ 」 一覧

私のバックパッカーデビューがタイで良かったと思う。とにかくドキドキして、笑って怒って泣いて、色んな街に色んな思い出が出来た!タイには、たくさんの優しい人とちょっとの悪人がいました。そして、初めての長期旅の終わりもタイでした。

ワット・ラーチャブーラナ

2014/02/09   -旅日記, タイ, アユタヤ

気も取り直せないまま、まずはワット・ラーチャブーラナへ行きます。 そう。 ずっと、目の前に見えていたのに、入れなかった遺跡です。   せっかく、トンチャイゲストハウスはアユタヤの主要遺跡が真…

続きを読む

VSビンとの戦い激化

2014/02/09   -旅日記, タイ, アユタヤ

今日も朝から、ビンの扉ノック攻撃で目が覚めました。。。 もはや、攻撃です。。。(-゛-;) そして、Facebookのメッセージも恐ろしい量になっていて、 もはや読んですらいません。   は…

続きを読む

タイの夜行列車のチケットを買いに行こう

2014/02/07   -旅日記, タイ, アユタヤ

さぁさ!駅へ寝台列車のチケットを買いに行きますよー。 自転車もあるので、思い立って移動するにはほんと便利です。 しかし、アユタヤは川に囲まれた町なので、川の向こうの岸に渡るのが めんどくさいんですよ。…

続きを読む

ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット

2014/02/07   -旅日記, タイ, アユタヤ

再び中心地へ戻ってきました。 しばし、ふらふらしよう。 あ!市場があるので、行ってみましょう!! カラフル~なお菓子や麺が売られていました。 もし、タイに住んだりしたら、色々試してみたいものがたくさん…

続きを読む

sponsored link


ワット・プー・カオトーンに到着

2014/02/07   -旅日記, タイ, アユタヤ

アユタヤの中心地から、ひたすら自転車を漕いで、到着しました。 こんな田舎道を走って来ましたが、地元の暮らしが垣間見えて楽しかったです。     最後、入口を間違えて、遠回りして裏口…

続きを読む

自転車でワット・プー・カオ・トーンを目指そう

2014/02/06   -旅日記, タイ, アユタヤ

できる限り、町の中心から離れることを決めた今日は、 自転車でGo!です。 まずは、エレファントキャンプに寄って、象を見に来ました。 いるいる!! 昨日の夕方、道を歩いていたのとおんなじ。  …

続きを読む

そして戦いは今日も続くらしい

2014/02/06   -旅日記, タイ, アユタヤ

なんとも言えない、けたたましい鳥の声で朝早く起こされました。 まるで火事を知らせるサイレンの音のようでした。   しかし、タイに来てからというもの、動物の声で起こされてばっか。  …

続きを読む

なんか日本人が関係してるっぽいレストランと、強敵BINとの出会い

2014/02/03   -旅日記, タイ, アユタヤ

予定より、アユタヤへ早く着いたので、まだ外も明るい。   あ、お部屋の中の様子をお見せしますね! シンプルだけど、とっても広いのです。シャワールームとトイレも部屋内に完備されています。これ、…

続きを読む

激動のアユタヤの日々が始まる

2014/02/02   -旅日記, タイ, アユタヤ

いよいよ、カンチャナブリーともお別れです。 アユタヤまでは、ミニバスで移動することにしています。 2日前に、近所の旅行会社で予約をしておきました。   受付には、可愛らしい女の子達が3人いて…

続きを読む

カンチャナブリー最後の一日

カンチャナブリーで過ごす、最後の一日。 今日はのんびり寝て過ごすのもいいかもと思ったけど、 やっぱり出かけることにしました。   そういえば、まだ宿のレストランでごはんを食べていなかったなと…

続きを読む

カオ・プーン洞穴へ、ひたすら自転車をこいで

さぁ、どんどん今日は観光しますよ! 次なる目的地は、カオ・プーン洞穴です。   洞穴とか洞窟とか風穴とか、大好き! ちょっと遠いみたいだけど、これは行くっきゃないでしょう。   っ…

続きを読む

カンチャナブリーの第二次世界大戦博物館へ行く

カンチャナブリー、第二次世界大戦博物館です。   実はこれ、JEATH戦争博物館だと勘違いして行ったんです。 入口にでかでかと、JEATHってオブジェがありますから。 しかし、こっちは宝石商…

続きを読む

クウェー川鉄橋で出会った”今”

かなり大きなにわとりの声で目を覚ましました。 うーん。健康的! 今日は、めいっぱい観光をします。   宿を出てすぐ目の前にあるレンタルサイクリングで自転車を借ります。 ちなみに自転車を借りる…

続きを読む

ナイトマーケットで直面した現実

少し歩くと、サームローのおじちゃんが来るときに教えてくれた 墓地がありました。 連合軍共同墓地。 戦争時代、日本軍の捕虜となり、とてつもなく過酷な鉄橋建設に係わった イギリス人兵士が眠る場所です。 こ…

続きを読む

辿り着いた街、カンチャナブリー

映画”戦場にかける橋”のモデルにもなった鉄橋がある町、 すなわち、日本にもとてもゆかりのある場所 カンチャナブリーに到着しました。 さて。 無事にバスでの初移動をクリアし、次なる試練は宿探しです。 &…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link