旅日記 タイ チェンマイ

チェンマイ大学に忍び込んでみよう

投稿日:2014-02-27 更新日:

ここまで来たらせっかくなので、もっと進みますよ!

次に向かったのは、チェンマイ大学です。




 

しかし、ここ来るのちょっと苦労した。。。

ベトナムもそうだったけど、タイの大きな道路渡るのも一苦労なんですよ。

なんてったって、凄い車&バイクの量ですから。。。

 

意地悪して、猛スピードで突っ込んでくる車はいないけど、

怖いもんは怖い。

 

ぜひとも、もっと信号の普及をよろしくお願いします!(`・ω・´)

 

ほんと、切実に思います。

なんてったって旅しやすい国なんですから。

 

で、苦労して辿り着いたチェンマイ大学です。


え、えーと。。。

 

大学構内のはずなんですけど、車もバイクも普通にスピード出してびゅんびゅん通ってます。

 

ま、いいんですけど。。。

 

チェンマイ大学は、タイの国内の中ではベスト3に入るくらいの大学なんだそうです。

で、ここには何をしに来たかというと。

 

これ!

これを食べに来たんです!

 

これです!これ!!

農学部が作っているという、おいしいソフトクリーム屋台。

15B=45円くらい。

 

これね、牧場のソフトクリームみたいでとってもおいしかったです。

もう、凄く暑い日差しも手伝って冷たいものがおいしいのです。

 

一日一杯と決めているスムージーも、危うく買いそうになっちゃいます。

節約の貧乏旅ということを忘れてはいけない。

まだまだ、どれだけ先が長いと思っているんだ。と、自分に言い聞かせ。

 

しかし、チェンマイ大学の敷地内は、とってものどかです。

 

まぁ、バイクも車もセンターの道をがんがん走っていますが、

気にしなければ。。。

 

でも、農学部の敷地内は本当に綺麗でした。

 

花を育てているんですよ。

しかも一面に!

しばし、見とれてしまいました。

一面のお花畑。きれーだなー。 

 

ちょっと前に、卒業式があったらしくて、こんなのも。

 

校舎。

 

これは、美術部のようです。

これが、タイの大学かぁ。

と、またひとつタイの日常を垣間見ることができました。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

0

<sponsored link>







-旅日記, タイ, チェンマイ

執筆者:


comment

PREV
チェンマイの有名料理カオソーイ
NEXT
ルアンパバーンへのルート決定!そしてチェンマイの焼鳥屋さん

関連記事

台湾のローカルなローカルな何もない駅”八堵”

はい。 四苦八苦しながら、なんとか平渓線の旅へ向けての電車にやっと乗れました。 車窓の景色は、段々と都会を離れていき。。。   やがて、山ばっかり見え始めました。   平日の午前中…

続きを読む

人骨を巡る旅 inクトナー・ホラ セドリツ編 聖マリア大聖堂

クトナー・ホラは、ずっと来たかった町と言っていますが、 何があるのか。 ほんっと、田舎町です。お店も見当たらないくらい。   こんな感じの誰もいない、これといった建物もないような道を歩いてい…

続きを読む

ガンジス川の日常とネパールへのバスチケット探し

嘘つきインド人に振り回されながらも到着した宿、 ババゲストハウスからは、窓の向こう側にガンジス川が見え、 窓越しに眺めているだけでも、早く近づいて見てみたい!と掻き立てられるのです。   途…

続きを読む

初めましてでこんな夜のインドが刺激的すぎる

今回は、宿泊する宿にお迎えを申し込んでいたのです。 やっぱりインドの旅は手ごわそうだから、 日本人宿で情報集めをと思い、数日前から予約をしていました。   でもって、初の名前入りのボードでの…

続きを読む

ワット・ヤイチャイ・モンコンへ歩いて行こう

カツさんとも別れ、なんだこの寂しさはっていう、旅の別れの寂しさを経験し、私は一人、駅の待合所の椅子に座りました。 しばし、自分の感情を整理したい。 大丈夫。また一人旅に戻っただけだ。またきっとこんな出…

続きを読む

ワット・プー・カオトーンに到着

アユタヤの中心地から、ひたすら自転車を漕いで、到着しました。 こんな田舎道を走って来ましたが、地元の暮らしが垣間見えて楽しかったです。     最後、入口を間違えて、遠回りして裏口…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link