旅日記 タイ チェンマイ

チェンマイ大学に忍び込んでみよう

投稿日:2014-02-27 更新日:

ここまで来たらせっかくなので、もっと進みますよ!

次に向かったのは、チェンマイ大学です。




 

しかし、ここ来るのちょっと苦労した。。。

ベトナムもそうだったけど、タイの大きな道路渡るのも一苦労なんですよ。

なんてったって、凄い車&バイクの量ですから。。。

 

意地悪して、猛スピードで突っ込んでくる車はいないけど、

怖いもんは怖い。

 

ぜひとも、もっと信号の普及をよろしくお願いします!(`・ω・´)

 

ほんと、切実に思います。

なんてったって旅しやすい国なんですから。

 

で、苦労して辿り着いたチェンマイ大学です。


え、えーと。。。

 

大学構内のはずなんですけど、車もバイクも普通にスピード出してびゅんびゅん通ってます。

 

ま、いいんですけど。。。

 

チェンマイ大学は、タイの国内の中ではベスト3に入るくらいの大学なんだそうです。

で、ここには何をしに来たかというと。

 

これ!

これを食べに来たんです!

 

これです!これ!!

農学部が作っているという、おいしいソフトクリーム屋台。

15B=45円くらい。

 

これね、牧場のソフトクリームみたいでとってもおいしかったです。

もう、凄く暑い日差しも手伝って冷たいものがおいしいのです。

 

一日一杯と決めているスムージーも、危うく買いそうになっちゃいます。

節約の貧乏旅ということを忘れてはいけない。

まだまだ、どれだけ先が長いと思っているんだ。と、自分に言い聞かせ。

 

しかし、チェンマイ大学の敷地内は、とってものどかです。

 

まぁ、バイクも車もセンターの道をがんがん走っていますが、

気にしなければ。。。

 

でも、農学部の敷地内は本当に綺麗でした。

 

花を育てているんですよ。

しかも一面に!

しばし、見とれてしまいました。

一面のお花畑。きれーだなー。 

 

ちょっと前に、卒業式があったらしくて、こんなのも。

 

校舎。

 

これは、美術部のようです。

これが、タイの大学かぁ。

と、またひとつタイの日常を垣間見ることができました。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, タイ, チェンマイ

執筆者:


comment

関連記事

旅の運命はどこまでも続いていくと感じたウィーンの朝

目が覚めると、ポーランド以来の結構な雨でした。 まじかー。ウィーン滞在短いのに。。。 とりあえず、シャワーを浴びに降ります。     シャワーは違うフロアにあるのが面倒なうえ、男女…

続きを読む

束の間ブエノスアイレスを怪しい人間になって歩く

今思えば、なんであんなにビビっていたのか、謎!!   バスは予定時刻を大幅に遅れて、アルゼンチン首都のブエノスアイレスのバスターミナルに到着しました。 さあ、ここから再び気を引き締めなくちゃ…

続きを読む

角度と時間ごとに姿を変えるウユニ塩湖の鏡張り

色んな場所を経て、今日のツアーもハイライトに来ました。 さっきまで居た、真っ白い場所だって、充分に雑踏も雑音もない静かな場所だったと思うけど、 なぜかここに来たらもう、ほんっとうのほんっとうに無駄な音…

続きを読む

マチュピチュ遺跡ラスト

マチュピチュ編、ラストです!     続いては、3つの窓の神殿と呼ばれている場所です。 ここも見事な石積みで、ぴったりと造られています。   マチュピチュでは、この石積み…

続きを読む

フェリーに乗って香港島へ

香港特別行政区は、いわばいくつかの島によって出てきている国です。
まずは、到着した香港国際空港があるのは、ランタオ島という香港の西部にある大きめの島の北にある小さな小島、赤鱲角島(チェクラプコク島)という場所です。
そこからバスに乗って宿の重慶大厦のある九龍(カウロン)と言う、中国と陸路で繋がっている半島エリアに到着しました。
で、私達が今いるのは、九龍の尖沙咀(チムサーチョイ)と言う地区。
そこから、フェリーに乗って海を渡り、対岸の香港島へ渡ります。

マチュピチュ村を歩こう

最初に、前回書いた日記で、マチュピチュの鳥の形と横顔の答え合わせをしたいと思います。 インカの石積み、壁の鳥の形は。。。↓↓   そして最後の、マチュピチュ遺跡とワイナピチュの山の景色を横に…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link