国内の変わった場所・おすすめ場所

岩に浮かぶ顔、十六羅漢岩って知ってる???

投稿日:2015-06-14 更新日:

山形旅の続きです。





おしんで有名らしい、蔵をさらりと見に行って、

もちろん、おしんは見たことありません。。。

 

 

その後は、市場みたいなところに、海鮮を食べに行って、

この↓なんのお祝い!?状態の丼の登場に運んできてくれたお店の方ともども爆笑して、

はい。生ものアレルギーなので、これは私が食べたものではないです。

 ※白い煙は、ドライアイスによって発生しております。

 

 

って、なんだよ!!あんまり満喫してないじゃん!!

 

っていう声が聴こえてきそうなテンションですが、

本日最後に観に行ったのは、これです。

 

 

十六羅漢


ご存知ですか?

 

私は、ほんっとうに、まだまだ日本の場所、知らないとこだらけだなって思ったんですが、

これは、岩に仏様が彫られている場所なのです。

 

行ってみましょう!!

 

 。。。

 

。。。。。

 

あなたには、見えるだろうか。

岩に浮かび上がる、奇妙な数々の顔が。。。。

 

 

 

って。

 

別にホラースポットなんかじゃないし、

しかも写真、逆光だし、

怒られそうなんで、真面目にいきますと。。。

十六羅漢とは、お釈迦様の弟子の中でも優れた十六人のお弟子さんのことらしいです。

 

そして、なんでこんなとこに彫られたのかと言うと、

その昔、お寺の和尚さんが、

荒れ狂う日本海で、漁の途中で事故に遭われて亡くなった漁師さん達を追悼するために造ったのだそうです。

そんな祈りが込められた、神聖な場所なんですね。

 

岩はいくつかに分けられて彫られていて、16体の他に、いくつかの像を併せて全部で22体いるそうです。

 

 

実は、この日、初日本海だったんですね。私。

 

私の中でも、日本海ってなんだか波が荒れ狂っていて、

猛々しいイメージがありました。

でも、この日の海はとっても穏やか。

 

この旅ブログ恒例の夕陽のベストショットも、ばっちり撮れましたよ!!

でも。

 

やっぱりちょっと、日本海って寂しいイメージ。

 

 

海って、病んでいる時観に行くと、すっごく落ち着くんですけどね。

ちょっと心が元気な時には、なんだか寂しさを感じてしまいました。

 

それと。

 

どんなに汚れていても、やっぱり地元の海が一番好きです。

 

やっぱり海も、親しんだ水ってのがあるみたいですね。

 

もちろんここにも。

 

 

 十六羅漢岩

住所:山形県飽海群遊佐町吹浦字西楯

HP:https://www.yuzachokai.jp/view/jurokurakaniwa

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-国内の変わった場所・おすすめ場所

執筆者:


  1. うしおクローバー* より:

    お。
    ベトナムフェスティバルですね♪
    あら!?まさかのニアミス?

    なかなか海の外に行けないので、国の内で旅行気分を味わうワタシ。フェスか、または旅行ブログを楽しみにしているのでした♪

  2. けんじ より:

    べとなむ!(笑)
    英語圏的な発音はヴィエットナムなんですね!とても勉強になりました!(笑)

  3. ☆まりりん より:

    十六羅漢岩
    初耳。
    まだまだ日本でも知らない所っていっぱいあるんだね。

    今日ちょうどアメリカ人に「新しいバイト先にアイランの人がいる」って言われて、「え?どこの島?」って聞いちゃったヽ(´o`;(イランだそう)

  4. うしおクローバー* より:

    ついつい追記

    >サヨ@女一人旅さん
    返信ありがとうございます♪

    土曜日に代々木公園に行きましたよ。
    食べまくり、そして私も暑さでバテました;笑
    いっぱい写真を撮ったはずが、逆光やら何やらで撮れておらず、かろうじて残った写真を自分のブログにアップしました。

    ベトナムから来日している知人は、ベトナムのことを日本語で「ベトナムでは…」と言うので忘れていたのですが、英語圏の発音は違いますよね。
    「ヴィエットナーム」で、ナーにアクセントのイメージですね。日本語は、アクセントの山がひとつでない平らな発音なので、英語圏の方は日本語習得に苦労されますね。

  5. さちこ より:

    クルクル (*^ー^)ノ(^-^)(-^ )(^ )( )( ^)( ^-)(^-^)ノコンチャ
    いつも楽しませてもらってますよ
    こういう感じの記事は共感できます!
    絶対また来ます!

  6. よりこ より:

    |^・ω・)/ ハロー♪
    ついコメントしてみました!
    全記事読んじゃいましたよ♪
    またおじゃまします~

  7. baynthy23122 より:

    羅漢の事

    16羅漢の記事読みました。全国には羅漢の名所が沢山有る様ですね、私も昨年九州1周した時、大分の臼杵の五百羅漢を見て来たのですが、500有る石像の顔の表情が一人一人違うので感心して見学した事を思い出しました。

    ゆうきと剣道

comment

関連記事

国立民族学博物館 アフリカ、イスラムコーナーは不気味

楽しかった大阪のみんぱくの続きです。 民族博物館その1の記事 → こちらから まずは、インスタントラーメンから。これは、ヨーロッパへの移民が営業しているお店のインスタントラーメンらしい。こういうのも、…

続きを読む

次の旅に持っていきたいセキュリポをつけてみんぱくへGO

次の海外旅のことを考えると、国選びからもうわくわくドキドキだけど、すでにずーっと呼ばれている(気がする)国があるのです。 それはさておき、今回ご縁があり、そんな私の次の旅わくわく心にプラスエネルギーを…

続きを読む

国立民族学博物館 楽器とアジア圏

ちょっと不気味だなーと思った、呪術多めのアフリカ、イスラム圏を抜けて、今度はアジアエリアに来ました。
あーこれ、わかる!って物が多くなってきて、またそれも楽しいです。しかし、民族博物館は世界一周分、ほんっとーにすっごい広いです。今日は東南アジア圏や世界の楽器コーナー。

愛宕念仏寺の可愛い千二百羅漢

色即是空の言葉を選んだのは何でなんだろう。   前記事(微笑むたくさんの石像に会える愛宕念仏寺)で、京都の愛宕念仏寺について書きましたが、今回はそんな愛宕念仏寺で出会った、可愛らしい羅漢像の…

続きを読む

初夏の東京ドイツ村

5月の東京ドイツ村に行ってきました。
花と緑が綺麗な季節で、動物も近くで見られました。でも、そんなにドイツ感は・・・ない。

国立民族学博物館 インドから日本へ

インドの恐ろしい女神(実は好き)を見て、アイヌの素晴らしい木彫を見て、いよいよ国内世界一周のおしまいは日本へ。しかし、見どころ満載な博物館だったー。日本らしさとは何か、そしてまだ見ぬ世界の国への序章を見せてくれた博物館でした。お世辞抜きで何度でも行きたいー。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link