旅日記 ドイツ ベルリン

マリエン教会で人形達に出迎えられる

投稿日:2016-08-23 更新日:

ネプチューン噴水広場のすぐそばには教会があります。

マリエン教会

そんなに目立つわけでもない、大きくもない教会なんだけど、

今も礼拝が行われている教会としては、ベルリンでは最も古いゴシック様式の教会なんだそうです。

 

行ってみましょうー!!

入っていきなり驚きました。

複数の人形に出迎えられたからです。

やっぱり、ガイドブックないと、こういう謎が生まれるな。。。

この洋風っぽくない人形の感じ然り、

巻きつけてある布然り、

みんなで一斉に同じ方向を向いている意味然り。。。

 

この、なんとも意味深な人形の数々は、どんな意味が込められているのでしょうか。

 

特に説明書きも見当たらないし、後からネットで調べても情報が見つからなかったので、本当に謎です。

 

なんだか、恐山の小屋の中を思い出してしまいました。

まさか、ドイツでこんな感じの景色に出会うとは。。。

これまた、一斉に棚の中の像へと向いているんだぁ...

すっごい気になるんですけど。

ネットで調べても見つからない。いつかドイツ人に聞いてみたい。

奥へと入って行くと、やっぱり普通の教会。

だいぶ、色んな豪華な教会を回ってきたけど、

それでもやっぱり、教会は個性があって面白いですね。

ここは、入り口でインパクトがあったからか、 

中もなんだか、不思議な内装に感じる。

なんだろう。

神聖とか、穏やかとはちょっと違う雰囲気。

 

勝手に私が感じたことだけど。

ここにお祈りに来ている人達もちょっと不思議なんだろうかと、しばし椅子に座って、観察してしまったりしていたけど、

訪れる人は、普通の人でした。

まぁ、勝手に私が、そわそわどきどきしてただけです。

でもやっぱり不思議。

キリスト画はわかるんだけど、その横のタイル画はなんだろう。

もっと、世界の色んな教会のこと、勉強したいなって思いました。

おまけ

 

近場の東ドイツ生まれのアンペルマンさんがいっぱい居る

アンペルマンショップ。

お土産に買いまくりたいけど、

ドイツ、やっぱり物価がなぁ~。 

一介の旅人、心の愚痴。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-旅日記, ドイツ ベルリン

執筆者:


  1. ぐるくんのからあげ より:

    不思議ですね。

    世界の中にはいろいろなものがありますね。

    教会の入り口の人形はなんでしょうね。

    日本だとキリスト教徒が、迫害されたモニュメントかなと思いますが、ドイツなので、何でしょうか。

    私は、ドイツのベルリンなので、ヒトラーに関係が、あるのかなと、思いますが、どうでしょう。

    ユダヤ人を慰霊するモニュメントかな。

  2. ぐるくんのからあげ より:

    追加です

    私もこの教会の人形にはなにか理由かいわれがあるのか、ネットで調べましたが、出てきませんでした。

    「ドイツ 教会 人形」「ベルリン マリエン教会 人形 いわれ」「旧東ドイツ 教会 人形 入り口」などワードを入れたのですが、ヒットしませんでした。残念です。

    これは、地元の人に聞くしかないですね。

    分かればまたブログで紹介してください。

comment

PREV
ベルリンの都会の日常ってこんな感じ
NEXT
マスター、足早にベルリンを回るよ!

関連記事

前向きになったら何か起きた・・・

勝手に落ち込んで、勝手に回復するという、 ポーランド最古の街ヴロツワフで散策を始めましたが、 待ちに待ってる日はちっとも沈まずに、 また、気持ちは沈んでいくのです。。。     って、別にう…

続きを読む

チョコレート多めでアルゼンチンの長距離バス移動開始

最後のサルタの町散策を終え、預かってもらってる荷物をとりに宿へ戻り、 結構買い込んだお土産なんかをパッキングして、 お礼を言って、宿を去ります。 2人の従業員のお姉さんが、声をそろえて、 「se lo…

続きを読む

人骨を巡る旅 inクトナー・ホラ セドリツ編 聖マリア大聖堂

クトナー・ホラは、ずっと来たかった町と言っていますが、 何があるのか。 ほんっと、田舎町です。お店も見当たらないくらい。   こんな感じの誰もいない、これといった建物もないような道を歩いてい…

続きを読む

ここはー...スラム街ですか?それとも?

バスは、Nepligetバスターミナルに到着しました。   なんだか結構、一緒にバスに乗っていた乗客は、 地元の人が多かったらしく、お迎えの車がたくさんいて、 みんなそれに乗り込んでいました…

続きを読む

ホームスティ先のパパとママとの出会い

色々と予期せぬハプニングにつまづいて、すっかりテンションは下がってしまったものの、ようやく無事到着ゲートを出ることができました。そこで目にしたのは、名前入りの画用紙などを持った、たくさんの人の姿です。たくさんプラカードを持った人達が、出口で出迎えているけど、私の名前は見つかりません。

メコン川から見たラオスの景色 Part2

やがて、今日ものんびりとラオスの空は晴れ渡り始めました。 今日も、ボードの中は、相変わらずの欧米人のうるささなので、ウォークマンで騒音シャットアウト。   この旅にあと少しで手が届くって言う…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link