旅日記 ポーランド クラクフ

旅の音に出会う

投稿日:2016-10-10 更新日:

宿に帰り、朝4時起きってのもあって、眠りこけていました。

そして、夜出かけることにしました。

 

 

鏡を見てびっくり!!

目が真っ赤になってました。

 

寝る前にコンタクトはずした時は、なんともなかったのに。

前回の長旅でも、チェンマイで全くおんなじ現象が起きたのを、覚えておりますでしょうか?

忍者ラーメンのお姉さんに感謝

 

私っていうやつは、旅のクライマックスを終え、安心したとたん、

結膜下出血するというクセがあるようです。。。

 

今日は、ずっと適当にしか見ていなかったクラクフの夜景を思う存分見ようと思ってたのに。

まぁ、いいや。メガネのまま出かけましょう!!

 

中央広場は、夜もやっぱりいつもと同じ穏やかな賑わい。

素敵な歌声が聴こえて来たので、つられて歌声のする方へ。。。

You Tuberらしいですね。

東南アジア旅の時、色んな街で、

色んな思い出と共に流れていた懐メロ。

 

アユタヤでのカーペンターズとか、

なんか日本人が関係してるっぽいレストランと強敵BINとの出会い

一周終えてまた帰ってきたカオサンで聴いてた、Wild Worldとか。

世界は同じ時間を生きていた

 

今も、聴くたびによみがえります。

自分だけの音と景色のリンクですね。

 

でも、今回のヨーロッパ旅では、

特にそういうことに出会わなかったのです。

 

街角に、演奏家なんかはたくさんいたけれど、

どれもめずらしい楽器だったり、

聴いたことのない曲ばかりで、

耳に残った歌は一曲もありませんでした。

 

でも、ここで、彼の歌声はとっても綺麗で、

ああこれが、ヨーロッパ旅の思い出の歌になるんだなぁ。

ひとり、勝手にロマンチックな気持ちになって、

周りが誰も居なくなる中、

曲が終わると拍手して、3曲も聴いてました。

 

そろそろ変なアジア人女として気味悪がられるかなと思って、

場所を移ることにしました。

 

あ、そうだ!!ヴィスワ川に映る夜のヴァヴェル城がもしかしたら綺麗なんじゃないかな?

 

よし、行ってみよう!!

 

足取りも軽く、足早に向かいました。

 

その時の私はまだ、数分後に起こる、

一生忘れないだろうという出来事に出会うことを知りませんでした。

 

ヴァヴェル城への抜け道の公園を歩いていると、

少し先で凄く大きな爆発音がしました。

 

え?!(((( ;°Д°))))

まさか、ポーランドでテロが起きた?!

 

 

つづく。。。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, クラクフ

執筆者:


  1. タボ より:

    えっ?なに?

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
クラクフの安くておいしくて大盛りのレストラン
NEXT
ポーランドからの贈り物

関連記事

東門市場と龍山寺で台湾の日常を感じる

ルンルン気分で、中正記念堂を後にしました。 もう、ここまで来たら、東門市場も歩いてすぐなので、行ってみましょうかねぇ。 沖縄饅頭だって~。へぇ~。 もはや、4年前の足跡を辿ってみる旅になっておりますが…

続きを読む

真夜中の台湾へ

いよいよ、台湾へ出発です。 1年ぶりの一人旅です。   この日は、舞台を観たのち、そのまま成田へ向かい夜発つという、 なかなかのスケジュールの詰め込み状態でした。 ちょっと贅沢して、スカイラ…

続きを読む

日本って素敵!

さあ!日本へ帰りますよー!! もうずーっとずっと、心待ちにしていた日本への帰国の日です。   とりあえず、ホテルは朝食つきなので、食べに行きましょう!! ちなみに、早めに行ったので良かったの…

続きを読む

マカオでポルトガル料理を食べるならこのお店

マカオはポルトガル領地であっただけあって、ポルトガル料理が食べられるのです。かつて遊郭もあった綺麗な通り福隆新街でとっても美味しくて雰囲気のいいレストランがありました。

アルゼンチンの長距離バスの食事クオリティー

南米の長距離バスでは、だいたい食事が配られます。   で、プエルトイグアスを出発して9時間近く、 目の前での交通事故目撃のショックで体調を崩し、寝入っていたら、強制的に起こされて、 アテンダ…

続きを読む

タージマハルの周りを歩きながら歴史を想う

さて、タージマハルその2です。   眩いばかりのこの大理石の建物は、たった一人の女性のために造られた大きなお墓でした。    横から見てみた姿。 向きが変わっても完璧に左右対称。 …

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link