旅日記 タイ バンコク

ワットポーの寝仏さん

投稿日:2014-01-25 更新日:

ワンランを出て、再び水上船に乗って、向かうはターティアンという駅です。

 

バンコクへ来たら、これを見なければ!

ってことで、寝仏を観に、ワットポーへ向かいます。

午後からは、明るくGo!

 





水上船の駅を出たら、目の前にあります。

ここは、入場料100B=310円くらい。

 

私、大仏とか仏像とか好きなんですよ。

特に好きなのは、京都の三十三間堂です!(どうでもいい情報ですね。)

 

 

信仰深いタイでは、仏様の前ではきちんとした格好をしなければいけないと言う掟があります。

特に肌の露出は禁止で、特にキャミソールに短パンなんていう観光客などは、

こういうのを羽織らなければいけません。

うん。きちんとした服装を求めるとは言え、かなり派手な色ですね。

これは、寺院によって厳しさの基準が違います。結局は判断する人によるんだろうけど。

私は特に羽織らなくてもいけました。

 

で、主役は。。。

 

いました!!


いきなりお顔。

 

どどーんと!

 

かなり、大きいです!!

足の方からのショットも。

そして、足先だけでも大きい。

足の裏。

足の裏に書かれているこの絵にも、意味が込められているそうです。

これらは、宗派によって異なるのかな。色々ありますよね。

 

 

そして、裏へ回ると、

タイの人達は器に、コインのようなものを入れています。

 

中をのぞいてみると、こんな感じ。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, タイ, バンコク

執筆者:


  1. HIDE THAI KhonKaen より:

    確かな記憶ではありませんが、確か108個入れます。
    大晦日の除夜の鐘と同じ意味だったかな?

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
シリラートの死体博物館に行く
NEXT
ワットプラケオで涙ぽろぽろ

関連記事

長旅をしていると現地人オーラが産まれるのでしょうか

墓地を出て、ちょっと人恋しくなってしまって、 再び中央広場へ戻りました。   途中にあった鳥箱。 こういうの癒される。   さすがに墓地とか歩いてしまったら、 こんなににぎやかな場…

続きを読む

地球のどこにいても友達なんだよね

Slowhouseのドミへ戻り、 そんなに時間がたたないうちに、部屋のドアをノックする音が聴こえました。 扉を開けると、そこには。。。   会いたかったよー!!     …

続きを読む

早くも心折れそうになった香港旅の夜

中環からバスでヴィクトリア・ピークに向かうつもりが、とんだ引っ掛け問題にまんまと引っ掛かって、もはやしょぼーん。。。状態になるのです。それでも香港の夜景はキラキラだな。

日本って素敵!

さあ!日本へ帰りますよー!! もうずーっとずっと、心待ちにしていた日本への帰国の日です。   とりあえず、ホテルは朝食つきなので、食べに行きましょう!! ちなみに、早めに行ったので良かったの…

続きを読む

台湾に昭和があった!菁桐駅

前回、平渓線は、私の予想を超えて、江ノ電並みのにぎわいだったと書きましたが、 江ノ電は、十分駅で終了でした。   十分でほとんどの人が降りて行きました。 私ももちろん、十分駅も探索するけど、…

続きを読む

再び女一人旅へ

今日はまた夜行バス移動なので、 12:00のチェックアウトまでだらだらしようと思ってたら、 11:30頃、部屋の内線電話が鳴り、チェックアウトを急かされました。 まだ時間じゃないと言ったら、 「あ&#…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link