旅日記 国境 タイ チェンコーン

タイ国境の町、チェンコーン

投稿日:2014-03-13 更新日:

夕方4時ごろ、バンはタイ国境の町、チェンコーンに到着しました。





 

今日は、ここの宿で一泊します。

すでに、スローボードの日程に組まれているので、

ここはツアー会社が手配した宿。

 

今までの安宿とは違って、かなり広くて綺麗です。


 

なんと、

プールまでついているじゃないですか!!(゚∀゚*)

まぁ、入りませんけどね。結構肌寒いし。

 

私の部屋は、ここ!

 

蚊帳までついていて、お姫様ごっこまでできます!!(´▽`)

あ、スイマセン。

使い方間違っているし、はしゃぎすぎですね。。。

 

せっかく新しい町に来たことだし、宿を出て散策しましょう!

チェンコーンは、国境の町、ただそれだけという感じで何もありません。


歩いてすぐ、メコン川に出ました。

ああ。メコン川、2年ぶり。

明日から、ここをひたすら下って行くのですね。

しばし、日が暮れるまで、ぼーっと眺めていました。

 

少しの間、日本人の誰かしらとずっといたので、寂しい。

周りはまた、欧米人ばっかり。

 

しかも、集団が多くて、女一人旅のジャパニーズなんて、

なんだこの生き物は!?状態な感じで見られるんですよ。

夕飯とか、食べに行くと、一斉にこっちを見るわけ。

その中の一人が、物凄い怪物を見たみたいに、目をまん丸にしていつまでも凝視してくるんですよ。

アンタだって、ここじゃ外国人じゃん。。。(゙ `-´)って思いました。

 

まだまだ私には、旅先でのコミュニケーションってのが、うまくとれない気がする。

部屋は、今日は一人だから気が楽なんだけど。

 

夕飯は、ブッフェでしたが、あっという間に西洋人達に食べつくされ、ほとんど何もない状態です。

さっさと寝るか。。。

明日も朝早いし。

 

が、隣の部屋のカップルがなんか喧嘩してて、うるさい。

女の方が凄い勢いで、誰かの悪口を言っていて、それを男がなだめていて。。。

あのー、悪口筒抜けですよ。。。( ̄_ ̄ i)

 

ルアンパバーンまで、まだまだ先は長い。

2泊3日の片道ツアーがこんなに長く感じるとは。

 

ひとまず、カンチャナブリーまでの、一人旅でもへっちゃらだった時の感覚を思い出さなくては、寂しくてやってらんない。 

 

まだまだ東南アジア旅は長い。どうなることやら。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, 国境, タイ, チェンコーン

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
寓話の世界のようなお寺 ワット・ロンクン
NEXT
タイからラオス 混乱の国境越え

関連記事

旅慣れはうっかりのもと

シェムリアップで出会い、 バンコクへの過酷な陸路国境越えを共にし、そしてここチェンマイで再会。 私の旅の中でも、結構長い時間を一緒に過ごしたゆきさんとも、 本当にここでお別れです。   最後…

続きを読む

晴れたので市場へ行こう!

宿は、女性専用ドミトリーだと思ってたら、男の人が来てびっくり。 サイモンという物腰の柔らかいポーランド人でした。 で、夜は、サイモンと2人きりで平和だと思いきや、2人とも既に寝静まっている夜中に、 か…

続きを読む

私はいったい何に忠誠を誓っているんでしょう。。。

はい。 89歳で亡くなった蒋介石の歳の数だけの、89段の階段を登ると。。。     再会しました。 蒋介石像です。 あー。ここで、4年前同じ景色見たなー。 旅の思い出っていいなぁー…

続きを読む

ワットポーの寝仏さん

ワンランを出て、再び水上船に乗って、向かうはターティアンという駅です。   バンコクへ来たら、これを見なければ! ってことで、寝仏を観に、ワットポーへ向かいます。 午後からは、明るくGo! …

続きを読む

めげずにレストラン・ポラコウスキに再トライ!

帰国まであと少し!となったところで、 気が抜けたのか見つからないものが出てきた。 ついさっきまで使っていたボールペン、靴下1足!   あまり、物は失くさない方なのに。 どこからか見つかること…

続きを読む

チョコレート多めでアルゼンチンの長距離バス移動開始

最後のサルタの町散策を終え、預かってもらってる荷物をとりに宿へ戻り、 結構買い込んだお土産なんかをパッキングして、 お礼を言って、宿を去ります。 2人の従業員のお姉さんが、声をそろえて、 「se lo…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link