旅日記 ポーランド クラクフ バックパッカーの旅先あれこれ

旅のおまけがついてきた。

投稿日:2016-10-16 更新日:

すっかりクラクフ生活でお世話になった、

ショッピングモールGARELIAも最後です。

 

明日からの再びの長距離移動に備えて、大きなパンを買いました。

あと、大好きだったクリームブリュレみたいなデザートも。

 

日本の方がおいしいな。なんて、最初は思うのに、

パンにしろデザートにしろ、

すっかり馴染んで、いつも別れがたいです。

って、別れがたいのは食べ物かいって話なんですけど。

 

 

お土産用にスープも買い込みました。

部屋に戻って、荷造りをしていた時の事です。

突然、何かを話しながら、女の人がやってきて、

思いっきり部屋のドアを開けられました。

 

バンッッッ!!!

 

驚いて目が合います。

 

女の人「(かなりでかい声で)わーお!!」

 

そう言うと、また思いっきりドアを閉められました。

 

バンッッッ!!!

 

どうも、隣の部屋の人が間違えて私の部屋に入ってこようとしたみたいです。

 

。。。。

 

。。。。。(-“”-;)イラッ

 

いやいやいやいや!!わーおじゃないし!!

謝れだし!!!

 

なんか、イメージと違って、謝んないんですよね。こっちの人。

例えば、ぶつかられても。かんっぜんに向こうが悪くても。

悪いと思ってないとか、謝る理由もないとか、どーでもいいって感じ。

 

シャワーに行こうと思って、

鍵をかけてなかった私も悪かったのですが。

この宿、入り口から部屋まで鍵が3つもついているので、

すっかり安心しきってました。

 

そして、このおばさん、かなりの問題児でした。

なんか急に廊下に出てきたと思ったら、

電気になんかして停電を巻き起こして騒ぐし。。。

 

なんていうか、東南アジア旅の時も、最後の方で泊まった宿で、

恐怖の大騒動が起きたんですけど、  

→ この宿にしなければよかったのに。

 

今回も目も赤くなるし、どんな繋がりですか!?

 

でも、今回は宿自体はすっごく素敵な宿なんですけどね。

たまたま隣だった人が嫌な奴だっただけで。

 

そして、これとは真逆の素敵な奇跡がもうひとつありました。

とっても親切にしてくれた大好きな宿のオーナーに、

最後に挨拶がしたかったんだけど、

レセプションも特にないので、会える保証もないし、

週末なので留守かもしれないし、明日の帰国便は朝早いし、

で、会えそうになくてとても残念に思っていました。

でも会うことができたのです。

 

まぁ、はた迷惑な隣のおばちゃんのおかげでもあるのですが、

おばちゃんの巻き起こした停電で、オーナーがやってきたのでした。

 

そして、明日の朝とても早いので、会えそうにない事、

この宿に来ることができて、本当に良かったという事を伝えました。

 

大好きだと感じた人にだけ、自分から伝える言葉

「See you next time !」

 

「また必ず、クラクフに戻っておいで。そして、ここに来なさい。君を待っているからね。」

 

そして、オーナーは、日本語で「サヨナラ」と言うと、

握手をしてくれました。

 

このヨーロッパ旅でも、何度か胸が締め付けられるような別れがあった。

やっぱり、旅の最後の一日は、奇跡が起こりまくる。

これはきっと、旅の力だ!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

0

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, クラクフ, バックパッカーの旅先あれこれ

執筆者:


  1. shadow)^o^( より:

    このパンの大きさだと…私には絶対足りないなぁ、と(笑)確信しながら読みました 出逢いってやっぱり、いいもんですね…しみじみ…

  2. ぐるくんのからあげ より:

    国民性かな

    なかなか謝らないとは、少し残念ですね。

    国民性でしょうか。

    この点では、日本人の方が勝っていますね。

    日本や地元のいいところを再発見できるのも、旅のいいところですね。

comment

PREV
英雄広場に散らばる子供たちの椅子
NEXT
空港へ向かうバスでひと悶着してきた私。。。

関連記事

パラグアイ名物パンと新しい町に着いた!

サルタの町を出てから、14時間バスに揺られ、 窓の外は、だいぶ水が多めの景色に変わってきました。 日差しの色も濃くなってきたし、気温も上がっているのがわかります。 丸めて置いてある俵が、なんだか可愛ら…

続きを読む

絶対おススメ!士林夜市のちょっと変わったマッサージ屋さん

4年ぶりの士林夜市でしたが、 4年前に来た時と変わったのは、ここ。↓ この建物は、2011年にリニューアルして綺麗になったらしいので、 前回来た時は行っていません。 っていうことで、入ってみましょう!…

続きを読む

ワット・ヤイチャイ・モンコンへ歩いて行こう

カツさんとも別れ、なんだこの寂しさはっていう、旅の別れの寂しさを経験し、私は一人、駅の待合所の椅子に座りました。 しばし、自分の感情を整理したい。 大丈夫。また一人旅に戻っただけだ。またきっとこんな出…

続きを読む

ドンムアン空港で大きな荷物を預けよう

トランジットで街に出られるくらいの時間があったり、短期でバンコクに来て、大きな荷物が邪魔になった時に、便利な荷物預けができちゃう場所が、ドンムアン空港内にあるのです。 しかも、24時間いつでも預けるの…

続きを読む

いよいよ旅へ

東南アジア旅への出発。長い長い旅の始まり。バックパッカーデビューです。どうなることかわくわくドキドキ。

四万人の遺骨で出来た教会

聖マリア大聖堂を後にすると、ここから徒歩5分くらいのところにある、 セドリツのもうひとつの名所、墓地教会を目指します。 もちろん、ここもずっと行きたかった場所。 でも、今日は本当に人骨だらけの写真にな…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link