旅日記 ポーランド クラクフ

旅の音に出会う

投稿日:2016-10-10 更新日:

宿に帰り、朝4時起きってのもあって、眠りこけていました。

そして、夜出かけることにしました。

 

 

鏡を見てびっくり!!

目が真っ赤になってました。

 

寝る前にコンタクトはずした時は、なんともなかったのに。

前回の長旅でも、チェンマイで全くおんなじ現象が起きたのを、覚えておりますでしょうか?

忍者ラーメンのお姉さんに感謝

 

私っていうやつは、旅のクライマックスを終え、安心したとたん、

結膜下出血するというクセがあるようです。。。

 

今日は、ずっと適当にしか見ていなかったクラクフの夜景を思う存分見ようと思ってたのに。

まぁ、いいや。メガネのまま出かけましょう!!

 

中央広場は、夜もやっぱりいつもと同じ穏やかな賑わい。

素敵な歌声が聴こえて来たので、つられて歌声のする方へ。。。

You Tuberらしいですね。

東南アジア旅の時、色んな街で、

色んな思い出と共に流れていた懐メロ。

 

アユタヤでのカーペンターズとか、

なんか日本人が関係してるっぽいレストランと強敵BINとの出会い

一周終えてまた帰ってきたカオサンで聴いてた、Wild Worldとか。

世界は同じ時間を生きていた

 

今も、聴くたびによみがえります。

自分だけの音と景色のリンクですね。

 

でも、今回のヨーロッパ旅では、

特にそういうことに出会わなかったのです。

 

街角に、演奏家なんかはたくさんいたけれど、

どれもめずらしい楽器だったり、

聴いたことのない曲ばかりで、

耳に残った歌は一曲もありませんでした。

 

でも、ここで、彼の歌声はとっても綺麗で、

ああこれが、ヨーロッパ旅の思い出の歌になるんだなぁ。

ひとり、勝手にロマンチックな気持ちになって、

周りが誰も居なくなる中、

曲が終わると拍手して、3曲も聴いてました。

 

そろそろ変なアジア人女として気味悪がられるかなと思って、

場所を移ることにしました。

 

あ、そうだ!!ヴィスワ川に映る夜のヴァヴェル城がもしかしたら綺麗なんじゃないかな?

 

よし、行ってみよう!!

 

足取りも軽く、足早に向かいました。

 

その時の私はまだ、数分後に起こる、

一生忘れないだろうという出来事に出会うことを知りませんでした。

 

ヴァヴェル城への抜け道の公園を歩いていると、

少し先で凄く大きな爆発音がしました。

 

え?!(((( ;°Д°))))

まさか、ポーランドでテロが起きた?!

 

 

つづく。。。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

0

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, クラクフ

執筆者:


  1. タボ より:

    えっ?なに?

comment

PREV
クラクフの安くておいしくて大盛りのレストラン
NEXT
ポーランドからの贈り物

関連記事

ラオスからベトナム 陸地越えはいつだって大変

すっかり熟睡してしまっていたのですが、周りのいびきで起こされました。 どうやら、いつの間にかバスは停止しているらしいです。 (後から聞いたら、2時くらいから停止してたらしいです。) 国境が開くのを待つ…

続きを読む

いよいよカオサンへ

パヤータイに到着です。 ふと、下をのぞきこむと、こんなに素敵な景色が。 なんだか、ミニチュア模型みたいな不思議な組み合わせ。 ここからカオサンまでバスで行くか、タクシーにするか迷ったけど、 どうやらバ…

続きを読む

出発前夜の大ゲンカ・前編

南米旅へと出発するまで、あと8時間。   私はもう、3日前にはパッキングを完了していたので、 現地一日目のスケジュール確認や、移動の方法の確認、 移動中に聴くための音楽を、PCで移動したりし…

続きを読む

人骨を巡る旅 inクトナー・ホラ セドリツ編 聖マリア大聖堂

クトナー・ホラは、ずっと来たかった町と言っていますが、 何があるのか。 ほんっと、田舎町です。お店も見当たらないくらい。   こんな感じの誰もいない、これといった建物もないような道を歩いてい…

続きを読む

本当の悪人ってなんだろう

バラナシ最後の一日が始まりました。   夜には、夜行バスでネパールへと出発です。 しかしその前に、最後に行きたい場所がありました。 そこに行ってから、バラナシを発ちたいのです。 向かいます。…

続きを読む

オークランドミュージアムに行く

オークランドミュージアムは、ニュージーランドの歴史が詰まっているとても大きな博物館。しかも、一応、5ドル程度の寄付金の奨励がされているものの、入場料は無料!!NZでは、観光名所であるにもかかわらず、無料の場所が結構あるのです。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link