旅日記 ボリビア ウユニ

ウユニ塩湖のトレイン・セメタリー~列車の墓場

投稿日:2017-05-30 更新日:

AM10:30 いよいよ、ウユニ塩湖のツアーが始まりました。





車は、真っ白の大地へ!と思いきや、まずは、小さな小屋みたいな場所へ寄って、長靴を借りに行きます。

一応、申し込みの時に、足のサイズは記入したんだけど、各自、好きなものを選ぶように言われます。

ザーッと見てみた感じ、基本、大きめのサイズが多い。

 

鏡張りの中を歩くには、長靴必須だから、本当は日本で買って持っていこうか迷ってたところでした。

でも、ツアーについてくるらしいという情報を聞いて、買ってきませんでした。

荷物になるし、持ってこなくて良かった。これ、気が利いてると思う。

きっと改良されてきたんだろうな。

 

で、黄色い長靴!

黄色に黄色で、黄色づくしってことで!( ´艸`)

黄色は、好きな色でもありますが、初長旅の時に、叔母さんがプレゼントしてくれたワンピースも黄色だったし、

ラッキーカラーではないんだけど、私にとって、特別な色。

 

そして、この後、写真撮影なんかで使う、おもちゃなんかも積み込んで、再びウユニ塩湖へと続く道を走り出しました。

舗装された道を通っていくと、

すぐに窓の外には、白い地面が広がりだしました。

そして舗装された道が終わり、ちょっとガタガタ道へ入ると、車は停まりました。

 

まずは、ツアー最初の観光場所、

列車の墓場です。

ここも、ウユニ塩湖ツアーへ行くなら、欠かせないスポットなのです。

その名の通り、朽ちた列車が何台も置かれている場所です。

 

真っ直ぐに延びた線路に、ひとり、オシフィエンチムを思い出しました。

でも、ここでジェノサイドがあったわけでもなく、心静かに傾けるような場所でもないのですが、

だけどある意味、ここもボリビアにとっては負の遺産なのです。

 

かつて、自分の領土つまり、ボリビアであった現在のチリの北部や海の方まで、

この列車たちは鉱山物や資源を運び、動いていたのです。

でも、やがて資源も枯れ、戦争によって終着駅もチリに奪われると、

当たり前のように、線路も廃線となり、置き去りにされた列車たちは、風化していったのです。

 

1940年代の頃のことでした。

今は、こうして観光場所のひとつになっているから、

ある意味、復活を遂げた奇跡の場所と言えるのかな。

 

ここでは基本、みんな列車に登って、記念撮影などをします。

列車のてっぺんって、結構、高くて怖いです。

列車の上に登るなんて経験、なかなかすることもないけど、

若干、高所恐怖症気味な私は、登ったはいいが、降りられるのか?と思ったほどです。

ちなみ、おぼっちゃまゴロー丸は、登りませんでした。

おいでよって言っても、なぜか、「いいよ!写真撮ってるから。」

と、かたくなに、俺はカメラマンだからと表面だけかっこつけて、登りませんでした。

みんな空気を読んでくれて、それ以上は、何も言われませんでした。

 

まあ、いいよ。地面でね。

両手に花ってことで。

 

こんなところにまで登っちゃう。

海外で遭遇する、びっくりする欧米人の行動あるあるですね。

ここもそうだし、この後行った場所なんかも全部そうだけど、

朝、昼、晩、どの時間に来ても、ウユニの観光場所は、絵になると思う。

 

薄暗くなっていく夕焼けなんかを背にしたら、哀愁漂う列車の墓場が見られそうだし。

昼に来ても、清々しいし。

 

なんか、青春だなぁって思えるような、何度見直しても、胸が締め付けられるような、大好きな一枚。

そしていつも、憧れの場所に来た時は、夢の中を歩いてるみたいに、ふわふわしてるんです。

この場所にいること自体が、夢みたいで。

自分が夢を見てて、創り出してんじゃないかって思うくらい。

 

でも、ここへの一歩も、自分で選んだ自分の道なんだなぁとつくづく思う。

選んで選んで、間違っていたのかもしれないって落ち込んで、悔やんで、

でもって今、ここに辿り着いてる。

あまり人からは祝福されないことばかりだったけど、私の人生も捨てたもんじゃないな。

 

旅は人生のご褒美だと思う。そして、旅先の出会いは、旅からのプレゼントなのだ。

 

そんな気持ちに浸りながらも、もちろんまだまだウユニ塩湖ツアーの見どころは、序章なのです。

こんな風に考えちゃうことも、旅先あるあるですね。

さあ、次の場所へ!!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

0

<sponsored link>







-旅日記, ボリビア, ウユニ

執筆者:


  1. ろっしぱぱ より:

    すっごい!!!
    スケール感が…
    全然…違う!!!
    羨ましい~~~けど…
    恐くて行けない街!!!(笑)
    画像で楽しませてもらってます!!!

  2. バジル より:

    はじめまして、ろっしパパブログから来ました。
    列車の墓場…
    歴史やお国柄を知って見ると、より感じるものが有りそうです。
    朽ちた列車も、また人に見られて、乗られて、孫をあやすおじいちゃんのように見えました。

comment

PREV
そこはもうウユニの町でした!
NEXT
白と青だけのウユニ塩湖の世界とコルチャニ村

関連記事

古いユダヤ人墓地「Jewish cemetery」

マーケットを抜けると、閉館したショッピングモールがありました。 なんだか、こんな大きな建物が営業してないって、 普通以上に寂しい感じですね。 クラクフ市内をはずれただけで、凄い違いです。 ここを抜けて…

続きを読む

笑い会える人と通り過ぎてく人と

さて、お腹がすいたので、超地元っぽい食堂に入ってみたのですが、 メニューはたくさん書いてあるのに、できるのはシェイクしかないと言われ、 こんな寒いハノイでも、1日1つシェイクを飲んでいる私。。。 &n…

続きを読む

ベルリンの都会の日常ってこんな感じ

寝る前までアンソニーと話し込み、そのうち眠くなってきて、 アンソニーが「電気消すね」と言ってくれて、そのまま二人とも自分のベッドに直行して寝たけど、 夜中、誰かが部屋に入ってきて、私のベッドのサイドに…

続きを読む

サルタの可愛い女子高生見つけた!

原宿みたいに、おしゃれショップが並ぶ通りがあります。 サルタの町の中でも、若者が多くいる場所。 フロリダ通りへ、Let’s Go!! しかし、サルタにはシエスタタイムが思いっきり存在してい…

続きを読む

クトナー・ホラ・ムニュストの旧市街を歩こう

聖バルバラ教会を出て、旧市街を歩きます。 来た時は、裏道を来たので、今度はBarborska通りを歩いて、ふらふらすることにしました。   旧市街は、石でできた町って感じですね。 古そうな石…

続きを読む

なんでアナタ達はいつだってそうなの!

ホイアン最後の日です。   朝、起きると昨夜の激痛はすっかり治まっていて一安心。 これで、無事、今夜のバスに乗れます。 なんだか、ラオスからずーっと体調はあまり良くない。 一人旅ならマイペー…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link