旅日記 タイ バンコク

ワットポーの寝仏さん

投稿日:2014-01-25 更新日:

ワンランを出て、再び水上船に乗って、向かうはターティアンという駅です。

 

バンコクへ来たら、これを見なければ!

ってことで、寝仏を観に、ワットポーへ向かいます。

午後からは、明るくGo!

 





水上船の駅を出たら、目の前にあります。

ここは、入場料100B=310円くらい。

 

私、大仏とか仏像とか好きなんですよ。

特に好きなのは、京都の三十三間堂です!(どうでもいい情報ですね。)

 

 

信仰深いタイでは、仏様の前ではきちんとした格好をしなければいけないと言う掟があります。

特に肌の露出は禁止で、特にキャミソールに短パンなんていう観光客などは、

こういうのを羽織らなければいけません。

うん。きちんとした服装を求めるとは言え、かなり派手な色ですね。

これは、寺院によって厳しさの基準が違います。結局は判断する人によるんだろうけど。

私は特に羽織らなくてもいけました。

 

で、主役は。。。

 

いました!!


いきなりお顔。

 

どどーんと!

 

かなり、大きいです!!

足の方からのショットも。

そして、足先だけでも大きい。

足の裏。

足の裏に書かれているこの絵にも、意味が込められているそうです。

これらは、宗派によって異なるのかな。色々ありますよね。

 

 

そして、裏へ回ると、

タイの人達は器に、コインのようなものを入れています。

 

中をのぞいてみると、こんな感じ。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

+1

<sponsored link>







-旅日記, タイ, バンコク

執筆者:


  1. HIDE THAI KhonKaen より:

    確かな記憶ではありませんが、確か108個入れます。
    大晦日の除夜の鐘と同じ意味だったかな?

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
シリラートの死体博物館に行く
NEXT
ワットプラケオで涙ぽろぽろ

関連記事

南米旅の持ち物はこれ!

いよいよ、出発まであと少し! 大好きな、キンクロハジロちゃん達も、また旅立っていきました。 というか、去年は、退院して会いに行ったらいないという寂しさを味わい、 今年は、桜もまだ咲かないしってさぼって…

続きを読む

カオスな街バラナシで嘘つきインド人の本領発揮

バラナシ、バラナス、バラーナシ、 最近見たのは、ワナーラスなんてのもあったな。   この街のカタカナ読みは、たくさんあるみたいだけど、 やっぱりしっくりくるのはバラナシ。   ずっ…

続きを読む

ティエンクン鍾乳洞で孤立日本人になる

さぁ、ティエンクン鍾乳洞に突入ですよー! 周囲の景色は、本当にハロン湾に来たんだー!って思わせてくれる絶景。   季節柄、曇り空って言うのは残念だけど。。。(´・ω・`)   まず…

続きを読む

ただいま!!クラクフ

空はすっかり晴れ渡り、 戻ってきたポーランドに歓迎されていると思いきや、   この天気。。。   で、再び土砂降りに見舞われました。。。 やっぱり、ポーランドには歓迎されないのか。…

続きを読む

リアルハングオーバーにご注意

12:00になったので、宿にチェックインしましたが、 初めてこの宿に来たあの日から、何年も経ったわけでもないのに、 なんだか色々変わって見えました。 来た頃は、狭い部屋の中でさえキラッキラして見えたの…

続きを読む

新しい町がまた違うインドの顔を見せるよ

あっつくて、電車の音もインド人もうるさくて、 だけど、最高に旅している感満載の列車に揺られて、 インドを旅しています。 旅は、過酷であるほど、旅って感じがしますね。   ちなみに、車内はこん…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link