旅日記 ニュージーランド オークランド 留学

初めての日本食レストラン

投稿日:2019-04-25 更新日:

ニュージーランド留学の頃の記事を古いブログから移行します。

*日付は留学時のものではありません*

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

朝起きて、鏡を見たら、とんでもない顔!

よく、仕事をしていて人間関係に疲れた時の朝、
鏡の中にこの顔を見ることがあった。

昨日は、日本人のクラスメイトに無視されたことが本当にショックで、

寝るまで友達からもらった手紙を読み返したり、

たまらなくて、弱音メールを送ってしまった。

でも、その友達からの返信メールに力をもらう。

 

そうだよね。

きっと、誰もが通る道なんだ!

 

朝、学校で日本人の男の子と少し話す。

「言葉が通じるっていいですよね。」
と、言われて、初めてその意味を噛みしめました。

パソコンを使っていると、隣の席で使っていたコリアンの女の子が、
韓国のキャラメルよ、と言って一個くれた。
コーラ味のそれは、キャラメルなのに甘くなく、コーラガムのような味。
とっても、不思議だった。

昼休み、昨日一緒に入学したリチャードと、クラスに残るように先生から言われました。

学校に関する説明や注意があるとの事で。
先生が来て、早口に説明されるけど、やっぱり全部英語。
説明なのに、さっぱりわかんない。

ながーい説明に、だいぶ昼休みを削られ、やっと解放されると、
リチャードが、ランチに誘ってくれました。
時間もないので、学校の下にある日本食レストラン”まさと”に入る。
店員さんも日本人。
やっぱり、なんだか日本語が通じるって嬉しい。

リチャードは、凄く優しくて、先に回って色々用意してくれた。
会話は英語だけど、ネイティブの学校の先生たちの英語よりわかる。

韓国の留学する子は、家族みんなで留学先に来ることも、よくある話らしく、
リチャードもまた、後から家族が来るんだという。
彼はまだ、17歳。若いなぁ~。

午前と午後は、授業が異なるのです。
午前は、文法の授業。午後は、コミュニケーションの授業です。

アンラッキーにも、どっちの授業もおばあちゃんの先生で。
内容も、小難しいったらありゃしない。
案の定、2日目もさっぱりわからず。。。
もちろん、何をやってんのかわかんなくても、たずねる人は、私にはいない。

でも、午後からは、わかんないとこは、リチャードが、つたない英語で教えてくれた。

”近くの日本人より、遠くの外国人”ですよ!

まさに、そう思いました。

リチャードのおかげで、だいぶ2日目は、楽に過ごすことができたのです。

でも、今日もまだ、バスでダウンタウンから50分もかかる家の場所がわかんない為、サウトと一緒に帰る。

だんだんわかってきたけど、サウトはとにかく自分の思うままに行動する。
一緒に居る人に気を使いまくる日本人が特殊なんだよとは、よく聞くけど。。

彼の友達に会う為、クイーンストリートを何度も行ったり来たり。
正直、早く家に帰りたかったけど、一人じゃまだ、帰れないので、

諦めて振り回されることに。絶対イスラム圏の男は無理だな・・・

 

今日のランチは、どうしたの?と、サウトが聞いてきたので、
素直に、リチャードと食べたよと言うと、サウトは、にやにや。

何が言いたいのさ?めんどくさい男。

 

夜、パパのごはんは、今までで一番おいしかった。
焼きうどん風の、ヌードルとたっぷりの野菜を使って、刻んだジンジャーを添えた料理。

それなのにサウトは、とにかく食べない。
宗教上、口にしてはいけないものもあるみたいだけど、
じゃなくても、一口二口程度。
いつも、パパが手間暇かけて作ってくれるのに、なんてもったいない!

ってことで、まだまだ溢れるくらいに中央に残る料理に、

気を使っておかわりしようとすると、いつもママは、

「いいのよ、いいのよ、スウィーティ」

そう言って、ママがよそってくれる。

でもちょっとだけでいいんだけど、

その量は、腹八分目なんて通り越して、十二分目くらいにこんもりよそられるので、

おかわりしなきゃよかったといつも微妙な気持ち。

 

私、きっと太って帰りますな!

でも、ありがたいことだよね。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-旅日記, ニュージーランド, オークランド, 留学

執筆者:


comment

PREV
【2019年版】カトマンズからポカラへのバス
NEXT
世界の色んな町で出会った可愛い猫と鳥

関連記事

ただのマンション、されど益昌大厦

太古と言う駅に降り立ちました。とある景色を見るためです。到着して見上げると、まるで私が見上げているわけではなく、見おろされているんだとしか感じないような圧巻の景色が拡がっていました。

パトゥーサイへ行こう!そして、僧侶との出会い再び

ラオスに来てから、かなり旅の中だるみをしているような。。。 そして、ラオスの日差しは、本当にきつくて、ここビエンチャンはもっときつい気がする。   ここでも残念ながら、本当に水とか空気とかが…

続きを読む

クトナー・ホラ・ムニュストの旧市街を歩こう

聖バルバラ教会を出て、旧市街を歩きます。 来た時は、裏道を来たので、今度はBarborska通りを歩いて、ふらふらすることにしました。 旧市街は、石でできた町って感じですね。 古そうな石作の建物が多い…

続きを読む

ワット・ラーチャブーラナ

気も取り直せないまま、まずはワット・ラーチャブーラナへ行きます。 そう。 ずっと、目の前に見えていたのに、入れなかった遺跡です。   せっかく、トンチャイゲストハウスはアユタヤの主要遺跡が真…

続きを読む

インドの地下鉄ってちゃんと都会

インドに一泊して思ったけど、 クーラーのない部屋の中よりも、圧倒的に屋上の方が涼しくて、  旅友たちがみんな、屋上で寝たって言ってた意味がわかった。   もしかしたら、カンボジアとかでもそう…

続きを読む

ビエンチャン郊外と夕日

今日は、朝食も食べずぐうたら。。。 ってね、ここのホテル、実はチャイナ系列のホテルなんじゃないかと気付いてしまったのです。   どうも、他の宿泊客は中国人しかいなくて、 朝食を食べに降りてい…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link