旅日記 ベトナム ホイアン

夢の世界へ行く準備は出来ていますか?

投稿日:2014-05-01 更新日:

ふらふらしながら、暗くなるのを待ちました。

 

だんだんと、とばりが降りてくると。。。

夜が綺麗な町、ホイアンはそれはそれはまばゆくて、まるで夢の中を歩いているようでした。

ランタン、好きなんですよね~。

もう、見ているだけでも飽きません。

ナイトマーケットの周辺も、町のあたりも、

本当に綺麗で幻想的で、いつまでもここにいたいような気持ちになりました。

 

橋もライトアップされていて、とても綺麗。

 

トゥボン川に写る町並みが、まるで手招きしているみたい。

 

ほんっとうに、ほんっとうに、蠱惑的ですらあるこの美しさを、

写真じゃ伝えきれないことが残念でなりません!(>_<)

 

写真を送った友人にも言ったけど、地団駄踏むくらい、悔しいです!!


帰り道、夜ごはんに道端の屋台で売られているパンを買って帰りました。

ホイアンでは、凄く屋台でパンを売るのがメジャーのようです。

パンは、揚げてあるパンが多いです。





今日、買ってみたのは、ドーナツとビーンズのパン。

2つで、30,000ドン。=140円くらい


ビーンズの方は、あんぱん?と思いきや、ほんのり甘くていい感じでした。

甘過ぎるの苦手~。(´д`)なので、おすすめ!

 

宿へ帰ると、支配人が入口にいて、

サヨ~って出迎えてくれました。

家のない状態の旅では、こういう宿に出会えると、凄く嬉しくて、また安心します。

 

で、おいでおいで~って私を再び外へ連れ出すと、

宿の前で写真を撮ってくれました。


お、おい、、なんだその買い物帰り状態のポーズは。。。

 

そしてそして、部屋へ戻り、一か月ぶりのバスタブ!!(≧▽≦)

だったのですが、、、、

やっぱり日本のクオリティのようにはいかず。

熱湯が数分出て、あちちちちち~~~ってなったあと、5分くらいして水になっちゃうという、

素敵な環境で、たんまりお湯をためてバスタイム~♪

は叶わず、バスタブに超~寝そべった状態で浸かりました。(笑)

 

い、、、いいんだよ!!

それでも満足できたんだからっ。。。( ̄ー ̄;

 

最近、朝起きた時に、はるこを抱っこしていた気配を感じています。

なんだか、腕にはるこの気配が残っているんです。

だけど、あのずっしりとした重さは感じられなくて、だけどはるこがいた気配。

ふわふわの優しい毛の感触。

夢の内容は覚えていないんだけど、夢の中ではるこを抱っこしている感覚。

 

ペットロスの旅はまだまだ続くけど、そのことに、少し安心して一日を始めることができています。

 

そして、この日は、アユタヤで出会ったカツさんが帰国した日でした。

 

旅の仲間の帰国。

ついこないだのことなのに、もうカツさんが懐かしい!

でもアユタヤの素敵な時間は、ずっと大切にしたい思い出です。

 

心からおつかれさまと言いたいです。

次は北海道?いやいや、インドで会えるといいな!!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ベトナム, ホイアン

執筆者:


  1. まんキンタん より:

    はじめまして

    綺麗ですねぇ、夢のような光景。
    あたし、自慢じゃないですが50才目前にして海外は北海道と四国と九州しか行った事のない鎖国者なんです。でも子どもの頃から海外には憧れをもってたんで、ブログ拝見するだけで疑似体験できそう。お身体には充分お気をつけて、これからも楽しいレポをお願いします。
    こっそり読者登録させてもらいましたーっ!

  2. くろぱん より:

    サヨ様 初めまして

    旅の途中なんですね!
    しかも一人旅 イイですね~。
    私も 一人旅 自由に動けるから大好きですが国内のみ。サヨさんの様に自由に世界歩けるって夢ですね。縁あって あなたのブログにたどり着き 次の更新楽しみにしてますね。

  3. singersongwriter☆汐 里 より:

    こんにちわ

    心で一緒に旅をしながら
    歌を書いてゆこうと思います♪

    愛犬【はるこ】ちゃんとの思い出を胸に
    楽しんでくださいね(^-^)/

comment

関連記事

フエの名物料理 ブンボーフエ

ぐーーーっすり寝ました。 ひたすらバス移動からドミトリー。気を抜けない睡眠が続きましたが、久々の個室。 ホテルは静かで、かなりいい感じでした。   午前中は洗濯をしたり、調べ物をしたり、部屋…

続きを読む

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所2

すぐに、この第一収容所の中でも、 特別な展示物のある部屋が登場しました。   そもそも当時、すでに先進国だったドイツ。   しかし、第一次大戦で敗北したドイツは、 戦争によって膨ら…

続きを読む

ポーランドのセルフ式レストランでおばちゃんにアタフタ

朝起きて、共有スペースでPCと向かい合ってたら、 宿のお兄さんが気の毒に思ったのか、 部屋を変えてあげるよ、と言ってくれました。   さすがに家族3人だけの、 しかも、ウェルカムモードじゃな…

続きを読む

クトナー・ホラ・ムニュストの旧市街を歩こう

聖バルバラ教会を出て、旧市街を歩きます。 来た時は、裏道を来たので、今度はBarborska通りを歩いて、ふらふらすることにしました。 旧市街は、石でできた町って感じですね。 古そうな石作の建物が多い…

続きを読む

ワット・ラーチャブーラナ

気も取り直せないまま、まずはワット・ラーチャブーラナへ行きます。 そう。 ずっと、目の前に見えていたのに、入れなかった遺跡です。   せっかく、トンチャイゲストハウスはアユタヤの主要遺跡が真…

続きを読む

ウユニ塩湖の中のサボテン島

続いて、またまた新しい場所へと到着しました。 またまた、ウユニ塩湖にこんな場所もあるなんて、とちょっと驚きました。 遠くから見ると、まるで、無数のアルパカやリャマなどが、生息してるみたいに見える! &…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link