旅日記 ポーランド アウシュビッツ/ビルケナウ 負の世界遺産など

ビルケナウ強制収容所1 死へと向かう列車

投稿日:2016-10-04 更新日:

まだ、強制収容所に関する話が続きますが、

あとちょっとお付き合いください。

 

 

続いてブジェジュンカ村に造られていた、

ビルケナウ強制収容所に到着しました。

 

ユダヤ人のホロコーストの話では、

名前においてはアウシュビッツの方が有名でも、

きっとこっちの景色の方が、

写真などでは目にされた方が多いと思います。

映画などでも、とても良く登場する、まさに悲しみの終着駅です。

 

ここには、ヨーロッパの各地からユダヤ人が列車に詰め込まれ、

運ばれてきました。

 

300以上の建物がかつては造られており、

多い時では、9万人が収容されていたそうです。

 

そして、ここの収容者のほとんどは、

ハンガリーから運ばれた人がとても多かったそうです。

 

ブダペストの恐怖の館 でも、見た通り、

私が好きになったあのハンガリーの街からも、

線路が延びていたのです。

 

この、死の門と呼ばれる門をくぐると、もう行き止まりです。

 

人々は、この貨物列車で、運ばれてきました。

この車両の中に、座れないほどにぎゅうぎゅうに詰め込まれ、

何日もかけて運ばれました。

 

もちろん、飲み物も食べ物も与えられず、真夏でも真冬でも。

到着したころには、すでに亡くなっている人もたくさんいたそうです。

 

そして、やっと降りることが許されると、

またここでも命の選別が行われていました。

 

線路の終わりには、ダビデの星をかたどった、

フラワーリースが置かれています。

 

奥には、国際慰霊碑もあります。

ここは、凄く広くて、そして静かで、

一見のどかに思えるくらいの場所です。

 

だけど、ここでもかつてたくさんの血と涙が流されていた場所なのです。


アウシュビッツのと同じように、

監視塔と電流が流されていた脱走者防止の鉄線が張り巡らされています。

 

ここにも、たくさんのガス室があり、人が殺戮されたのです。

でも、時代と共に、建物は朽ちてきて、

中谷さんがガイドを始めてからも、だいぶ崩れたり、

立ち入り禁止になってしまった場所も多いのだそうです。

 

ゲットーがたくさん並んでいたとみられる場所。

今は、暖炉の煙突だけが残されています。

 

そして、ナチス・ドイツ軍が撤退をする時に、

証拠隠滅のために破壊をしていった建物も多い。

ここは、かなり大きなガス室が建てられていたと言われています。

 

ここで、中谷さんに質問をしました。

遺体は、焼かれて野原などへ捨てられたそうですが、

ここではどこへ捨てられたのですかと。

 

そしたら、中谷さんが教えてくれた場所は。。。

ここでした。

目と鼻の先にあった、小さな池。

ここに、灰にされて撒かれたそうです。

 

ユダヤ人の間では、死者を火葬にしては、

成仏も復活もできないと言われています。

 

だけど、亡くなった人に想いを馳せることすらできなかった当時、

悲しみはその何倍にも膨らんでいたのだろうと。

 

悲しみを悲しむこともできない絶望。まさに、人権なんてない。

 

そして、ガイドは、いくつか残されているバラックの中へ。

アンネ・フランクも収容されていた場所です。

 

そして、収容所の見学は、

収容者達が、どんな暮らしをしていたかという話へと、 

続きます。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

0

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, アウシュビッツ/ビルケナウ, 負の世界遺産など

執筆者:


  1. タボ より:

    ぐっと胸が締め付けられます。
    現場だと、より一層感じられることでしょうね。

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所4 ガス室
NEXT
ビルケナウ強制収容所ラスト そして生まれた感情

関連記事

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所3 死の壁

また、別のバロックでは、別の展示がされていました。   収容所であるからには、役割などもありました。 まずは、この建物自体、収容者が造ったものです。 ここは、この収容所の中でもまた有名な”死…

続きを読む

バスの車窓から見えたダナンの景色

さあ。新しい町へ行きましょう!   なんだかイライラしたまま過ごしてしまったフエでしたが、 未練もやりのこしたこともありません。   しかし。。。 移動する日だっていうのに、外はか…

続きを読む

初めての水上船移動とシリラート病院での体験

バンコク、結局戻ってくるんですよね。最後に。 なので、冒険はスロースタートでいいんです。 今日は、チャオプラヤー川のこちらの岸と向こうの岸を往復している、 水上船(渡し舟ですね)に乗って、どこかへ行こ…

続きを読む

クスコの市場で絶品料理を発見!

大好きな市場がクスコにもあるので、目指します!! サンフランシスコ広場の横の門をくぐって、向かいます。 この門をくぐると、観光客エリアからは、少し遠ざかって、クスコの人々の日常が拡がります。 &nbs…

続きを読む

ワット・ヤイチャイ・モンコンへ歩いて行こう

カツさんとも別れ、なんだこの寂しさはっていう、旅の別れの寂しさを経験し、私は一人、駅の待合所の椅子に座りました。 しばし、自分の感情を整理したい。 大丈夫。また一人旅に戻っただけだ。またきっとこんな出…

続きを読む

忘れられないChittana Guest Houseのお兄さんとワンちゃんとの出会い

昨日の夜は、恐怖でした。。。(´□`。) 安さにつられ、とんでもないドミトリーの宿泊を選んでしまった昨日でしたが、 宿の廊下でパソコンをカタカタやっていると、 なぜか隣に座ってきた白人の男性が、なにや…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link