国内の変わった場所・おすすめ場所

世界三大奇勝 鬼押出し園

投稿日:2019-12-10 更新日:

雨や風など自然の力によって作られた景色という意味でもある”奇勝”。

日本にも、そんな奇勝が観られる場所はあり、しかも世界三大奇勝でもあるそうなんです。

群馬県の妻恋村にある鬼押出し園は、

自然の力が作りだした、まさにワイルドな景色が拡がっていました。

 

園内へ入るとすぐに見えてきたのは、たくさんのごつごつした岩が転がっている景色です。

岩の形はどれも鋭く、かなり特徴的なものばかりです。

これらは、1783年に浅間山が噴火し、その際に流れ出た溶岩なのだそうです。

 

名前にも付けられている”鬼”というイメージから、

地獄をイメージして付けられたのかなと思ったのですが、

名前の由来は、ここを初めて見た人々が、鬼が火山で暴れて岩を押し出したと言い伝えたことから、付けられた名前なんだそうです。

 

そんなここの鬼のキャラクターは、とっても可愛い。

ちなみに世界三大奇勝って言うけど、他の2つはどこだろうって思って調べると、

アメリカのロッキー山脈、イタリアとオーストリアのアルプス山脈にある土柱、

そしてここなんだそうですけど、

実は、日本国内では、東尋坊や阿波の土柱なども、三大奇勝って言われているそうで、

なんだ、じゃあ三大じゃないじゃんって、ちょっと思う。。。

ちなみに、ここが三大に入るなら、ボリビアの月の谷も入っていいんじゃ。。。

とりあえず、言ったもん勝ちってことですかね。

 

とは言え、もちろんここもちゃんと見応えがあり、長さは12キロあって、

どこまで歩くかは、自分の体力次第。

でも、ちょっとした散歩をするには、凄く気持ちがいいです。

紅葉が深まる季節も綺麗だし、冬には雪景色も見られるそうです。

晴れていれば、浅間山やこの辺り一帯の景色を一望できると思うのですが、

この日は、ちょっと残念。

でも、岩の間に顔を出す、高山植物や花などを楽しむのもいいですね。

天然のヒカリゴケも見られますよ!

そして、歩いて行くと見えてくるのは、浅間山観音堂。

浅間山噴火当時、犠牲になった人々を供養する目的でここに建てられたそうです。

現在は、厄除けのお堂としてもお参りされているようです。

これは、園内で売られている厄除けだんご。

それから、園内は犬もOKのようで、

愛犬家には嬉しい、ワンちゃん用の給水所も!

ここを訪れた時は、初秋だったんですけど、

連休中でも、まだ観光客もまばらで、穴場スポットって感じで清々しかったです。

 

行く前は、恐山なんかをイメージして、ちょっと寂しい感じの所かなぁなんて想像してたんですけど、

そんな事もなく、時々現れる朗らかな鬼のキャラクターのおかげか、

明るい雰囲気を感じられました。

鬼押し出し園

営業時間:AM8:00~PM5:00

料金:大人650円

レストランあり。

HP:https://www.princehotels.co.jp/amuse/onioshidashi/

 

******

鬼押し出し園に行ったついでに、こんな場所もおすすめ!(軽井沢)

白糸の滝 *住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉 

 

軽井沢アウトレット

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

その他の記事

<sponsored link>







-国内の変わった場所・おすすめ場所

執筆者:


comment

PREV
【南米旅】ボリビア ラパスの街まとめ
NEXT
ミャンマー、タイで出会ったお土産

関連記事

国立民族学博物館 楽器とアジア圏

ちょっと不気味だなーと思った、呪術多めのアフリカ、イスラム圏を抜けて、今度はアジアエリアに来ました。
あーこれ、わかる!って物が多くなってきて、またそれも楽しいです。しかし、民族博物館は世界一周分、ほんっとーにすっごい広いです。今日は東南アジア圏や世界の楽器コーナー。

国立民族学博物館 アフリカ、イスラムコーナーは不気味

楽しかった大阪のみんぱくの続きです。 民族博物館その1の記事 → こちらから まずは、インスタントラーメンから。これは、ヨーロッパへの移民が営業しているお店のインスタントラーメンらしい。こういうのも、…

続きを読む

次の旅に持っていきたいセキュリポをつけてみんぱくへGO

次の海外旅のことを考えると、国選びからもうわくわくドキドキだけど、すでにずーっと呼ばれている(気がする)国があるのです。 それはさておき、今回ご縁があり、そんな私の次の旅わくわく心にプラスエネルギーを…

続きを読む

愛宕念仏寺の可愛い千二百羅漢

色即是空の言葉を選んだのは何でなんだろう。   前記事(微笑むたくさんの石像に会える愛宕念仏寺)で、京都の愛宕念仏寺について書きましたが、今回はそんな愛宕念仏寺で出会った、可愛らしい羅漢像の…

続きを読む

殺生石と千体地蔵のいる景色

栃木県那須町に、殺生石(せっしょうせき)という、ちょっと怖い名前のついた石の置かれている場所があります。この場所に残る伝説も、ちょっと怖いお話だったりするのです。とは言え、現在はどんな場所なんでしょう?

東京の昭和な街、青梅

都心に住んでいると、あんまり東京の西方面へ行く機会ってなかなかないけど、たまたま通りかかった青梅のシネマチックロードが、とっても見た目が楽しくて、ちゃんと街を歩いてみたくなって、もう一度調べ直して、電…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link