旅日記 アルゼンチン プエルトイグアス バックパッカーの旅先あれこれ

Exchangeにそんな裏技があったとは!

投稿日:2017-07-19 更新日:

地球の歩き方に載っていた入場料をすっかり信じて来てみたら、  

実は、とんでもなく掲載より高額料金で、  

その上、入場料は、アルゼンチンペソでしか払えないと言われ、 

かと言って、ここにも近くにも、両替所があるわけでもなく、  

最後の頼みの綱であったATMも、機械がおかしくて使えず、  

おばちゃんが教えてくれた、中にあるATMも使えず、  

もはや、残りのアルゼンチンペソも少なく、セントロへも戻るわけにもいかず、  

まさに背水の陣、いや八方塞がり状態となった私とゴロー丸。





 

入り口でうなだれていました。

 

もはや、諦めるしかないのかね。

 

そんなことも、いい思い出になるのかね。

 

いや、なるわけないだろう!!

 

こんな辺鄙な場所まで頑張って来て、世界三大瀑布を見られないなんて、

 

私達ってうっかりさん、

 

なんて済ませらんない!!どんな大馬鹿者だよ。


しかも、こんなところ、「また来ようね!」なんて、

はっきり言って、ウユニ塩湖にまた来ようねって言うより、何倍も難しい気がするよ。

 

そんな私達の一連の動きを見ていたらしい、入場ゲートにいたお兄さんが、

近づいてきて、ひとつ、アイデアをくれました。

 

「君達、あっちにある売店で、水でもお菓子でも何でもいいから一番小さい買い物をして来いよ。

で、ドルで払って、お釣りをペソでもらって来いよ。

 

 

( ̄□ ̄)!

 

 

なるほどー!!!

 

確かに、それは裏技だー!!

しかし、入場料もドルじゃダメってあんなに言い張られたのに、

売店でお釣りだけをペソでもらうなんて、 

そんなこと、できるのかな。。。

 

これでダメだったら、もう完全に終わったでしょ。。。

 

って、心配をよそに、できました―!!

 

これで、行ける!!

これで、入れる!!

 

もう、こんなに現地のお金で苦労したこと、ほんっとうになかったよ。

普通ならもう、今頃滝に到着して、感動してた頃だよね。

この、アルゼンチンペソに両替する為に東奔西走すること、1時間30分!!

 

やっと、入場口を入れます!!

入場口に戻り、お兄さんにチケットを見せると、

 

お兄さん「やったな!!良かったな!!」

 

近くにいた、係員のおじさんも、謎に、

 

「君達、ジャパンか!TOKYO、OSAKA、NAGOYA。。。」

 

と、シティの名前を並べて歓迎してくれました。

 

もう。。人との別れ以外で、旅先でこんなに泣きそうになったことない。

 

アルゼンチン、本当にいい国だと思うんですよ。

人もフレンドリーで優しくて、いい人ばっかり。

でも、北部から入ってしまったのが仇となったのか、

とにかく両替にだけは、苦労した。

 

こんなに現地通貨を手に入れるのに苦労した国は、今までなかった。

通常ルートで、ブエノスアイレスから来ていたら、もっと移動も含め楽だったんだろうけど。

 

とにかく、イグアスの滝の入場料は注意です。

これ、たぶん、この国のインフレが続く限り、もっと上がっていくのかも。

3ヵ月前は、もっと安かったらしいですから。

 

アルゼンチン版の地球の歩き方に掲載されている入場料は、全くあてになりません。

 

でもって、チケットカウンターの人はちっとも解決策を教えてもくれないです。

本当に、ある意味、要注意観光場所だと思いました。

 

ってことで、私達みたいな浅はかな旅人はなかなかいないと思うけど、

もしどこかの国で、エクスチェンジに困ったら、こんな裏技もありますよーってことを、記しておきます。

 

気を取り直して、やっと中へ入れますね。

やっと次からは、イグアスの滝の凄い迫力をたくさんお伝えできたらと思います。

 

まずは、無料のトロッコ列車に乗って、滝のある場所まで行くのです。

 何せ、大きすぎる滝なので、見どころもたくさんあるので、

 トロッコ列車に乗らないと、かなり歩くのも大変なのです。

 

そして、観光客も凄い人です。

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, アルゼンチン, プエルトイグアス, バックパッカーの旅先あれこれ

執筆者:


comment

関連記事

九龍城砦の亡霊に

かつて巨大スラムと言われた九龍寨城の跡地、九龍寨城公園に来ました。今はなき九龍寨城の面影はあるのでしょうか。
広い公園内を、かつての姿を探して歩き回りました。

旅先ではいつも自分の生き方を肯定したい

いつしか再びウトウトして、再び目を覚ますと、  バスは、ウマワカ渓谷の辺りを走っていました。  ウマワカ渓谷は、アルゼンチンのフフイと言うところにある渓谷です。 この辺りもまだ、標高2000メートル。…

続きを読む

ハノイの街並みとドンスアン市場

今日は、次の移動の足と、念願のハロン湾ツアーを探したいのです!! 特に、わざわざもう一回ベトナムへ来たのは、ハロン湾に行きたいっていうのがとても大きく、 これだけは逃せません!   さあ、再…

続きを読む

上海の街をかるーく散策しよう

女一人旅、一カ国目の上海中国。 いきなり色々と難問だらけで、心がいきなり折れそうにもなったけど、 でも、やっぱり街に降り立つと、初めて見る上海の景色のビル群に明るい気持ちになりました。   &nbsp…

続きを読む

アメリカンエアラインに乗っていこう

AM4:00起床。 眠すぎるけど起き上がります。   と同時に、部屋の電気が付き、テンション高いゴロー丸が、 「昨日はごめんね。楽しんでいこう!!」(゚∀゚*) 結局こうなります。 &nbs…

続きを読む

ひとつだけハノイでやり残したことがあった

今日は再び、新しい街へ移動の日です。 次の街、フエへと夜行バスを待ちます。   ハノイ、満喫したなー。 Hanoi Hostelのドミトリーも、使えるシャワーとトイレが各1しかないってことを…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link