旅日記 香港

尖沙咀 ガーデン・オブ・スターズ

投稿日:

香港・マカオ旅もいよいよ最終日となりました。

やり残したことや心残りは?って聞かれたら、全くないと答えられるんだけど、ある意味不完全燃焼のまま終わったような気もする。

食だけは、燃焼しまくった!そして、飛行機に乗るまで攻めまくりたいと思います!!




 

尖沙咀、最後の観光は香港のスターを始め、ハリウッドスターの銅像や手形などが飾られている公園、

星光花園:ガーデン・オブ・スターズです。

こんな風に、香港スターの似顔絵が壁に並んでいて、スターの説明書きもあります。

なんか、絵のタッチが統一されていないのが気になるけれども、

マイケル・ジャクソンやクリント・イースト・ウッド、デミ・ムーアなどなどのハリウッドスターの絵もあります。

香港は、自らをアジアのハリウッドと名付けているくらいだし、

現にハッキ・チェンやブルース・リーなども凄い人達だし、

こういう公園があるのは、なるほどー。

そして、銅像なんかもあります。

やっぱり、ブルース・リーは大人気のようで、絶え間なく観光客が一緒に写真を撮ってました。

 

映画撮影の風景なんかも銅像にされています。

ここにあるのは、そもそもはアベニュー・オブ・スターズというヴィクトリア・ハーバー沿いにある道に設置されていたのですが、現在そこが工事中のため、この公園に移動されているそうです。

 

このブタちゃんは、香港で人気のアニメのキャラクター、マクダル。

横から失礼します。

 

奥の方には、スターの手形なんかもたくさんあります。

日本人が一人もいないのは、残念だけど。

あ、マクダルがいるなら、全世界で大人気のドラえもんがいてもいいのになー。

 

よし!

これにて、尖沙咀、香港の観光は完了!!

馴染めなかった大都会、香港だけど、それでもこの短い期間で道は覚えたし、景色も覚えた。

なんだかんだでずっと天気が良かったのも、ありがたかったです。

いつかまた来る時があったら、もちろん懐かしく感じるだろうし、だいぶ道も覚えたから、長い旅の最後に寄ったりして、そんな時はきっと安心感を覚えるかもしれない。

世界を旅してみるって知っている景色が増えるってことでもあるし。

尖沙咀のプラネタリウム。

入る時間はなかったけれども、見慣れた景色!

 

では、最後にまた、ワンタン麺と香港グルメを食べまくって空港へ向かいたいと思います。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, 香港

執筆者:


comment

関連記事

カオ・ラウとヤリー・ファッションタウン

ホイアンに来てから、イライラもなくて、嫌なこともなくて、 ずっとスメアゴル状態が続いています!(゚∀゚*)   さあ、マスター!今日もホイアンの町を案内するよっ!!   マニアック…

続きを読む

ベトナム ココナッツキャンディー工場

ベトナム名物のココナッツキャンディー工場見学へ来ました。 2年前に来たツアーでは、ドライバー&ガイドの大遅刻のせいで、 とっくに作業は終了し、キャンディーを買わされただけでした。 思い返せば、高いツア…

続きを読む

シリラートの死体博物館に行く

で、向かうはシリラート法医学博物館と解剖博物館です。 スイマセン、悪趣味ですね。   ここは、本物の人間の体がホルマリン漬けにして、標本として並んでいるのです。 まだ、そんなに海外に興味がな…

続きを読む

人生初のタイの夜行列車は、こんな感じ

夜行列車は、なんと30分遅れで到着しました。 ”安全に近づいているので、安心を” っていう放送が何回も流れるんですが、 だんだん周りにいる外国人達が、ヤキモキし出します。   「いったい、い…

続きを読む

パクセーの村は懐かしい明りの色

スローボードは、パクセンの村に到着しました。 今日は、ここで一泊です。 この片道ツアー、意味わかんないのは、ラオスに入ったら放置気味というか、 しかも、2日目は自分で宿を探さなくてはなりません。 &n…

続きを読む

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所 1

アウシュビッツ唯一の日本語ガイドの中谷さんとは、 9:15に、この入場棟の前で待ち合わせ。 前回も書きましたが、4月~10月は、早朝、夕方の数時間以外は、 ガイドなしでは入れません。 入場料は無料です…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link