旅日記 香港

尖沙咀 ガーデン・オブ・スターズ

投稿日:

香港・マカオ旅もいよいよ最終日となりました。

やり残したことや心残りは?って聞かれたら、全くないと答えられるんだけど、ある意味不完全燃焼のまま終わったような気もする。

食だけは、燃焼しまくった!そして、飛行機に乗るまで攻めまくりたいと思います!!




 

尖沙咀、最後の観光は香港のスターを始め、ハリウッドスターの銅像や手形などが飾られている公園、

星光花園:ガーデン・オブ・スターズです。

こんな風に、香港スターの似顔絵が壁に並んでいて、スターの説明書きもあります。

なんか、絵のタッチが統一されていないのが気になるけれども、

マイケル・ジャクソンやクリント・イースト・ウッド、デミ・ムーアなどなどのハリウッドスターの絵もあります。

香港は、自らをアジアのハリウッドと名付けているくらいだし、

現にハッキ・チェンやブルース・リーなども凄い人達だし、

こういう公園があるのは、なるほどー。

そして、銅像なんかもあります。

やっぱり、ブルース・リーは大人気のようで、絶え間なく観光客が一緒に写真を撮ってました。

 

映画撮影の風景なんかも銅像にされています。

ここにあるのは、そもそもはアベニュー・オブ・スターズというヴィクトリア・ハーバー沿いにある道に設置されていたのですが、現在そこが工事中のため、この公園に移動されているそうです。

 

このブタちゃんは、香港で人気のアニメのキャラクター、マクダル。

横から失礼します。

 

奥の方には、スターの手形なんかもたくさんあります。

日本人が一人もいないのは、残念だけど。

あ、マクダルがいるなら、全世界で大人気のドラえもんがいてもいいのになー。

 

よし!

これにて、尖沙咀、香港の観光は完了!!

馴染めなかった大都会、香港だけど、それでもこの短い期間で道は覚えたし、景色も覚えた。

なんだかんだでずっと天気が良かったのも、ありがたかったです。

いつかまた来る時があったら、もちろん懐かしく感じるだろうし、だいぶ道も覚えたから、長い旅の最後に寄ったりして、そんな時はきっと安心感を覚えるかもしれない。

世界を旅してみるって知っている景色が増えるってことでもあるし。

尖沙咀のプラネタリウム。

入る時間はなかったけれども、見慣れた景色!

 

では、最後にまた、ワンタン麺と香港グルメを食べまくって空港へ向かいたいと思います。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, 香港

執筆者:


comment

関連記事

香港の街へと向かうのだ!

香港国際空港に到着!

予想はしてたけど、すでに日本語がかなりあって、香港の空気も、なんだか私のテンションが上がるように助けてくれません。

ちっとも、遠くに来た感を感じられない。。。

ラパスの朝は。。。色々あります!

朝、頭の痛さで目が覚めました。 ぐっすり寝て調子よくても、やっぱり高山病にはかかる。 ちなみにゴロー丸も、全く同じ症状です。   よし、高山病の薬、買いに行くか。 とりあえず、手持ちのイブを…

続きを読む

ウユニ塩湖のトレイン・セメタリー~列車の墓場

AM10:30 いよいよ、ウユニ塩湖のツアーが始まりました。 車は、真っ白の大地へ!と思いきや、まずは、小さな小屋みたいな場所へ寄って、長靴を借りに行きます。 一応、申し込みの時に、足のサイズは記入し…

続きを読む

フェリーに乗って香港島へ

香港特別行政区は、いわばいくつかの島によって出てきている国です。
まずは、到着した香港国際空港があるのは、ランタオ島という香港の西部にある大きめの島の北にある小さな小島、赤鱲角島(チェクラプコク島)という場所です。
そこからバスに乗って宿の重慶大厦のある九龍(カウロン)と言う、中国と陸路で繋がっている半島エリアに到着しました。
で、私達が今いるのは、九龍の尖沙咀(チムサーチョイ)と言う地区。
そこから、フェリーに乗って海を渡り、対岸の香港島へ渡ります。

出発前夜の大ゲンカ・後編

まるでハリケーンボンビーのように、家の中を荒らしまくりながら準備をするゴロー丸の被害にブチ切れながらも、 しばらく留守にするには、やることもまだあり、 イラッとした時は、いったん落ち着けと、昔知り合っ…

続きを読む

夜の重慶大厦を紹介

夜の尖沙咀でまた美味しいお店を発見。もはや、食べ過ぎです。言語とコミュニケーションについて考える会話もあり。そして、夜の重慶大厦の雰囲気を紹介します。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link