旅日記 ペルー リマ

リマの高級住宅地サン・イシドロ区

投稿日:2017-10-11 更新日:

いつも旅の最後は、ちょっと豪華な宿に。。。

 

ってことで、ゴロー丸にまかせたら、私の選択範囲を遥かに超えて、

バックパッカーには不釣り合い過ぎるホテルになりました。

 

私の一人旅のラストとは、桁違いだよっっ。。。( ̄□ ̄;)

いや、これが普通の人の感覚か。

 

 

FORESTA HOTEL LIMA

そう言えば、忘れてたけど、これってハネムーンだったな。

 

部屋も凄く綺麗で広い。

バスルームも広い!お湯溜められる!!

 

 

しかもしかも!!

ウエルカムスイーツ、届けてくれた!!

嬉しいなー!!

日本に帰ったらまた、お菓子は封印!の日々だから、食べておこう。

 

と言っても、日本にいる時つまみ食いはしないようにしてるのに、

南米旅では、ちょいちょいお菓子食べてばっかで、

シュガーハイにすらならない日々だったけど。。。

 

ともかく、日本の国内でもいいから、

こういう静かで綺麗なホテルに泊まって、どこへも出かけずに、

一日のんびりするっていうセレブな贅沢をしてみたいものです。

 

さて。

セレブでもないパッカーは、時間も惜しんで観光に出かけるか!

 

ちなみにリマでも行きたい場所はちゃんとあるけど、

ペルーでは、月曜休みが多いのです。

なので、その目的地がやっているのか、レセプションで聞いてみました。

  

受付のお姉さんは、もちろん英語も通じますが、

どうも訛りが強くて、返事が一度で全部聞きとれず、

 

いや、ほんと聞きとれなかった自分がダメダメなんだけど。

ゴロー丸が。。。

 

「Can you speak English?」(`Δ´)

 

お姉さんに向かって、またもや言い放ちやがったー!!!


(°Д°;≡°Д°;)ちょちょちょちょ!!!!!

思わずゴロー丸を全力で壁ドンし、叱りつける。

それ、向こうが言うべき言葉だから!! 

しかも、それ言っていいの、英語ネイティブな人だけだから!!!

 

お姉さん、凄いいい人で、ごめんなさいねって、

私達のやりとり見ながら笑ってくれてたけど、

この旅で、何度こやつにびくびくさせられただろう。

 

この人、基本、ぽけーっとしてるくせに、

時々びっくりするくらいキツイ言葉を平気で言う。

いや、いくらなんでもチョイスってのがあるでしょう。

 

日本語でも。聞き方ってのがあるのに、

偉そうに、あんた英語喋れる?なんて、よくぞ言えたもんだ。

 

そのうちもう一人、レセプションに人がやってきて、

お姉さんから事情を聞くと、電話をして確認してくれました。

やっぱり今日は、お休みとのことでした。

まあ、帰国までに行ければいいんで。

 

お姉さん達にお礼を言い、

近くのスーパーでお惣菜を買ってきて食べたら、再び出かけます!

クスコに行く前に寄った時もそうだったけど、

リマは、スーパーのお惣菜が充実していると思う。

そして、どれもおいしい!!

オリーブの塩漬けはやっぱり安くて買わなくては!です。


ホテルは、サン・イシドロ地区と言う、

リマの中でもセレブ街のエリアにあり、

派手な観光場所はないけど、静かで綺麗な場所で、青山っぽいかも。

治安については。

 

ペルーに来たばかりの頃、

カップルが夜中のタクシー強盗に遭ったっていう注意勧告が、

外務省の旅レジから届いたんだけど、 

つい昨日も、新しい事件が届きました。

 

またしてもタクシー強盗。

リマは、本当に治安が悪いんだなと、気を引き締めなおしました。

 

だけど、一応ちゃんとツーリストを守るための手段は取り組まれていて、

 200mごとにポリスが立っていて、

しっかりと安全を確認しています。

 

彼らもまたフレンドリーで、目が合えばニコニコしてくれたり、

手を振ってくれたりもします。

それらは、凄く安心するけど、

結局は、自分で気をつけないとですからね。

 

しかし、都会ですなー。

つい昨日までクスコに居て、

クスコとリマが同じ国だなんて思えないくらい、

リマが都会過ぎて、改めて不思議に思います。 

 

教会も都会の中の教会って感じです。

 

そして、あれは、たぶんパチャクテク像だと思うんだけど、

こうして、都会の中にあるとなんだか、これじゃない感。

あまり、尊厳のある感じもしないし、むしろオブジェ的な雰囲気。

 

高校生も、都会的だし。

 

SUSHI屋さんまであるし、

 

マックなんかもあるんですねー。 

海外のマック、興味ないけど、ゴロー丸は、すぐ入りたがるタイプ。

クスコが居心地良すぎて、大都会にとまどうっていう。

ちょっと寂しいです。


  

でも、それでも残るは、このリマのみ。

 

ゴ「楽しんだかー?もう日本に帰ってもいいなって思えたか?」

さ「いやいや。日本に帰りたくないー!!南米居心地良すぎたし、私に合いすぎた。」

さ「でも、この銀ピカの馬に乗って王子様が迎えに来てくれたら、素直に帰ってもいいんだけどな。」

 

ゴ「来るかいっっ!!」


そんな名残惜しい会話をしながら、向かっているのは、

サン・イシドロ地区と並んで今、

リマッ子の若い子達に人気のエリアというミラフローレス地区です。

 

そこでは、恋人達の場所なんだそうですよ!ムフフ。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, ペルー, リマ

執筆者:


  1. ジョークおじさんタケシ(団塊世代) より:

    すっかり都会になっちゃいましたね、急に。
    エスニックな風景が懐かしいです。
    でもまあ、帰国すれば次の準備が始まるんで
    しょうからね(笑)
    地図でしか見たことがない、それも見た記憶
    すら覚えてない場所を案内していただきました。
    少し早いけど感謝です。

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
この旅最後のバス移動クスコからリマ
NEXT
恋人たちの公園、ミラフローレスの岬

関連記事

フェリーに乗って香港島へ

香港特別行政区は、いわばいくつかの島によって出てきている国です。
まずは、到着した香港国際空港があるのは、ランタオ島という香港の西部にある大きめの島の北にある小さな小島、赤鱲角島(チェクラプコク島)という場所です。
そこからバスに乗って宿の重慶大厦のある九龍(カウロン)と言う、中国と陸路で繋がっている半島エリアに到着しました。
で、私達が今いるのは、九龍の尖沙咀(チムサーチョイ)と言う地区。
そこから、フェリーに乗って海を渡り、対岸の香港島へ渡ります。

空砲の轟音をどうしても聞きたい銅鑼湾の正午

銅鑼湾というおしゃれな街には、かなり古くからずっと続いている歴史的な儀式が行われているのです。しかし、この儀式を見る野は一苦労でした。またしても、下調べ不足と余裕のなさがいけない。いつになったら、上級バックパッカーになれるんだろ。

タルチョたなびくスワヤンブナートが素敵

続いてやってきたのは、 カトマンズ観光では欠かせないスワヤンブナートというお寺です。 ちなみに、パシュパティナートからスワヤンブナートまでは、それなりに距離があるのですが、 一台目に聞いてみたタクシー…

続きを読む

ユダヤのエリア、カジミエシュ地区へ

ランチに、クラクフ名物のObwarzanek(オブヴァジャーネック)という、 街のいたるところで、屋台で売られているパンを買いました。 1.60ズオティー(44円くらい) とっても大きくて、製法はベー…

続きを読む

インドに到着!疑心暗鬼とわくわく感が止まらない

トランジットのマレーシアであっという間に荷物検査、 そして搭乗開始となりました。 やっぱり二人旅だとこういう待ち時間ってあっという間ですね。   インド人がかなり増えてきました。 色とりどり…

続きを読む

平渓線始発の駅、瑞芳駅を散策しよう!

さて、ここからがいよいよローカル線、平渓線の旅のスタートです。 平渓線は台北の東を走る、ローカルな電車です。 なんてったって、1時間に1本しかないというローカルさ。 なので、計算して進まないと時間がな…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link