旅日記 タイ チェンマイ

ただいま。おかえり。

投稿日:2014-03-07 更新日:

私がチェンマイで過ごす最後の夜なので、今日もみんなでごはんに行こうということになり、しゅうさんを筆頭に、何度もお世話になった、宿のそばの屋台料理店へ行きます。





今日のごはんはこれ。

いつもおいしいごはんを、大盛り食べさせてくれた。

そして、一人旅でいつもごはんも一人で食べてきたけど、チェンマイに来てから毎日ディナーが一人じゃなかったこと。

東京にいたって、毎晩こんなに大人数で夕食を食べることなんてなかったから、本当に本当に楽しかった。

 

Slowhouseは、本当にお家でした。

出かける時、いってきまーす!って言って、

誰かが、いってらっしゃーい!って言ってくれる。

 

帰ってきたら、ただいまー!って言うと、

誰かが、おかえりー!って言ってくれて。

その、どちらにも自分もいて。

 

それが、どれだけ温かかったか。

その言葉が、どれだけ素晴らしい挨拶なのかを、ここに来て実感していました。

 

チェンマイ最後の夜。

ここは、チェンマイの片隅の屋台だけど、

どこにも負けずにあったかい。

そう、思えました。

 

あっという間だったなーってつぶやくと、

さびしいーって、ゆみさんが言ってくれました。

束の間だったけど、Slowhouseで家族になれたこと、感謝です。

そして、しゅうさん絶賛の、店の向かいにいつもいるフルーツ売りの屋台で、各自好きなフルーツを購入しました。


ここ、大体が、これなんだろうってものばっかりで、

お店のおばちゃんが説明してくれるんだけど、食べてみないことにはどうにもわかりません。

なので、冒険者としては、攻めないと!

 

で、私が買ったのはこれ!

名前聞いたけど、忘れちゃった。てへ。

味は、ものすごく甘い林檎みたいでした。食感も。

もし、タイで見かけたら買ってみてください。おススメします。

 

そして宿へ帰り、いつものようにみんなでしゅうさんの面白話を聞いていると、今日もタイ人の男の子が来ました。

最後に会えて良かった!!

 

今まで、たくさんの外国人日本語習得者に出会いましたが、

その中でも彼はTopでした。

熟語もなんでも知っているし、冗談も日本語で言いますから!

もう完璧です。

 

そして、必ず出てくるのがこれ。

タイで一番ポピュラーなビール。

まぁ、私は飲めないんですけどね。

 

そして、そこからトランプの大富豪が始まるっていうのがお決まりパターンです。

 

実は私、大富豪のルール知りませんでした!(^▽^;)

ひとりっこなもんで。。。

 

でも、毎晩やって、ようやくルールを覚えてきたところでした。

 

チェンマイ、最初は悪徳ソンテオに酷い目に遭わされて、

何度も愚痴ってますが、せっかくのチェンマイが嫌な第一印象でした。

 

でも、ここに来て、クルクやアートというタイ人が仲良くしてくれて、楽しい思い出の方がたくさんできた。

 

終わりよければすべてよし。

旅にマイナスなんてない。Byかつさん

ですね!

明日は、いよいよ次の国、ラオスへ向けて出発。

タイ国境の町、チェンコーンで一泊です。

 

また一人に戻るのかぁ。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

0

<sponsored link>







-旅日記, タイ, チェンマイ

執筆者:


  1. まーぼー より:

    つらい思い出も辛いだけにとどめず、
    これからの糧にしていってほしいと思います。

    『今回のは、あの時ほどじゃないな・・・』とか、
    『あの時だって辛かったけど、最後には楽しい思い出がたくさん出来た!』
    とか・・・

    いろんな人と出会っていろんな事を教えてもらいました。

    『“辛い”という字は、一を足すと“幸せ”という字になる』
    『より高くジャンプするには今までよりも姿勢を低くしなければならない』
    『“大変”って大きく変わるって書く。大変だと思う時は自分自身が大きく変わろうとしている時』
    などなど・・・
    これからの楽しい思い出を期待しています。

comment

PREV
ワローロット市場を歩こう!
NEXT
また新しい旅へ出る!

関連記事

ビルケナウ強制収容所1 死へと向かう列車

まだ、強制収容所に関する話が続きますが、 あとちょっとお付き合いください。     続いてブジェジュンカ村に造られていた、 ビルケナウ強制収容所に到着しました。   ユダ…

続きを読む

ホイアンでの宿探し

フエを出発したバスは再度、トイレ休憩を兼ねて土産物屋に到着。 ここで40分も休憩するといいます。 観光バスでもないのに、土産物屋かぁ。   すると、乗客のヨーロッパ系の女性が、 「誰かここで…

続きを読む

ウィーンの焼きそばとザッハトルテを食べに行く

ウィーンのマリアヒルファー通りは、青山チックな感じで、お洒落なお店も多くて、 しかも服屋もいっぱいあって、しばし買い物に耽りました。   長旅では、買い込まないようにしてるけど、ついつい買い…

続きを読む

トゥールスレン虐殺博物館

私がいつか、この目で見ると決めている場所。 勝手に使命みたいに行くんだと感じている場所が、世界に3つあります。   ひとつは、ずっと言っているポーランド。 オシフィンチムのアウシュヴィッツ収…

続きを読む

自分の国と違う国を旅するということ

嗇色園黃大仙廟という九龍のパワースポットのお寺にやってきました。お寺はもちろん華やかで立派だけど、ちょっとした考えの違いでどんより心に雲がかかる出来事が。。。

ヴィクトリア・パークと渣甸坊を歩く

香港最大の広さと言われているヴィクトリアパークで出会った以外な異国文化。香港に来て、これに出会っちゃうとは。
また、香港島の女人街と呼ばれている渣甸坊も歩いて、やっと買いたい物に遭遇。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link