旅日記 ドイツ ベルリン

マリエン教会で人形達に出迎えられる

投稿日:2016-08-23 更新日:

ネプチューン噴水広場のすぐそばには教会があります。

マリエン教会

そんなに目立つわけでもない、大きくもない教会なんだけど、

今も礼拝が行われている教会としては、ベルリンでは最も古いゴシック様式の教会なんだそうです。

 

行ってみましょうー!!

入っていきなり驚きました。

複数の人形に出迎えられたからです。

やっぱり、ガイドブックないと、こういう謎が生まれるな。。。

この洋風っぽくない人形の感じ然り、

巻きつけてある布然り、

みんなで一斉に同じ方向を向いている意味然り。。。

 

この、なんとも意味深な人形の数々は、どんな意味が込められているのでしょうか。

 

特に説明書きも見当たらないし、後からネットで調べても情報が見つからなかったので、本当に謎です。

 

なんだか、恐山の小屋の中を思い出してしまいました。

まさか、ドイツでこんな感じの景色に出会うとは。。。

これまた、一斉に棚の中の像へと向いているんだぁ...

すっごい気になるんですけど。

ネットで調べても見つからない。いつかドイツ人に聞いてみたい。

奥へと入って行くと、やっぱり普通の教会。

だいぶ、色んな豪華な教会を回ってきたけど、

それでもやっぱり、教会は個性があって面白いですね。

ここは、入り口でインパクトがあったからか、 

中もなんだか、不思議な内装に感じる。

なんだろう。

神聖とか、穏やかとはちょっと違う雰囲気。

 

勝手に私が感じたことだけど。

ここにお祈りに来ている人達もちょっと不思議なんだろうかと、しばし椅子に座って、観察してしまったりしていたけど、

訪れる人は、普通の人でした。

まぁ、勝手に私が、そわそわどきどきしてただけです。

でもやっぱり不思議。

キリスト画はわかるんだけど、その横のタイル画はなんだろう。

もっと、世界の色んな教会のこと、勉強したいなって思いました。

おまけ

 

近場の東ドイツ生まれのアンペルマンさんがいっぱい居る

アンペルマンショップ。

お土産に買いまくりたいけど、

ドイツ、やっぱり物価がなぁ~。 

一介の旅人、心の愚痴。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-旅日記, ドイツ ベルリン

執筆者:


  1. ぐるくんのからあげ より:

    不思議ですね。

    世界の中にはいろいろなものがありますね。

    教会の入り口の人形はなんでしょうね。

    日本だとキリスト教徒が、迫害されたモニュメントかなと思いますが、ドイツなので、何でしょうか。

    私は、ドイツのベルリンなので、ヒトラーに関係が、あるのかなと、思いますが、どうでしょう。

    ユダヤ人を慰霊するモニュメントかな。

  2. ぐるくんのからあげ より:

    追加です

    私もこの教会の人形にはなにか理由かいわれがあるのか、ネットで調べましたが、出てきませんでした。

    「ドイツ 教会 人形」「ベルリン マリエン教会 人形 いわれ」「旧東ドイツ 教会 人形 入り口」などワードを入れたのですが、ヒットしませんでした。残念です。

    これは、地元の人に聞くしかないですね。

    分かればまたブログで紹介してください。

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
ベルリンの都会の日常ってこんな感じ
NEXT
マスター、足早にベルリンを回るよ!

関連記事

めげずにレストラン・ポラコウスキに再トライ!

帰国まであと少し!となったところで、 気が抜けたのか見つからないものが出てきた。 ついさっきまで使っていたボールペン、靴下1足!   あまり、物は失くさない方なのに。 どこからか見つかること…

続きを読む

世界一標高の高い都市の洗礼 ラパス空港から市内へ

空港からは、乗り合いバスで市内まで移動します。 空港を1歩出ると、タクシーのおっちゃんが次から次へと声をかけてくるけれど、 乗り合いバスで行くって言ったら、「乗り場はあっちだよ。」と教えてくれました。…

続きを読む

ホームスティ先のパパとママとの出会い

色々と予期せぬハプニングにつまづいて、すっかりテンションは下がってしまったものの、ようやく無事到着ゲートを出ることができました。そこで目にしたのは、名前入りの画用紙などを持った、たくさんの人の姿です。たくさんプラカードを持った人達が、出口で出迎えているけど、私の名前は見つかりません。

旅慣れはうっかりのもと

シェムリアップで出会い、 バンコクへの過酷な陸路国境越えを共にし、そしてここチェンマイで再会。 私の旅の中でも、結構長い時間を一緒に過ごしたゆきさんとも、 本当にここでお別れです。   最後…

続きを読む

東門市場と龍山寺で台湾の日常を感じる

ルンルン気分で、中正記念堂を後にしました。 もう、ここまで来たら、東門市場も歩いてすぐなので、行ってみましょうかねぇ。 沖縄饅頭だって~。へぇ~。 もはや、4年前の足跡を辿ってみる旅になっておりますが…

続きを読む

夢の世界へ行く準備は出来ていますか?

ふらふらしながら、暗くなるのを待ちました。   だんだんと、とばりが降りてくると。。。 夜が綺麗な町、ホイアンはそれはそれはまばゆくて、まるで夢の中を歩いているようでした。 ランタン、好きな…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link