旅日記 ドイツ ベルリン

マリエン教会で人形達に出迎えられる

投稿日:2016-08-23 更新日:

ネプチューン噴水広場のすぐそばには教会があります。

マリエン教会

そんなに目立つわけでもない、大きくもない教会なんだけど、

今も礼拝が行われている教会としては、ベルリンでは最も古いゴシック様式の教会なんだそうです。

 

行ってみましょうー!!

入っていきなり驚きました。

複数の人形に出迎えられたからです。

やっぱり、ガイドブックないと、こういう謎が生まれるな。。。

この洋風っぽくない人形の感じ然り、

巻きつけてある布然り、

みんなで一斉に同じ方向を向いている意味然り。。。

 

この、なんとも意味深な人形の数々は、どんな意味が込められているのでしょうか。

 

特に説明書きも見当たらないし、後からネットで調べても情報が見つからなかったので、本当に謎です。

 

なんだか、恐山の小屋の中を思い出してしまいました。

まさか、ドイツでこんな感じの景色に出会うとは。。。

これまた、一斉に棚の中の像へと向いているんだぁ...

すっごい気になるんですけど。

ネットで調べても見つからない。いつかドイツ人に聞いてみたい。

奥へと入って行くと、やっぱり普通の教会。

だいぶ、色んな豪華な教会を回ってきたけど、

それでもやっぱり、教会は個性があって面白いですね。

ここは、入り口でインパクトがあったからか、 

中もなんだか、不思議な内装に感じる。

なんだろう。

神聖とか、穏やかとはちょっと違う雰囲気。

 

勝手に私が感じたことだけど。

ここにお祈りに来ている人達もちょっと不思議なんだろうかと、しばし椅子に座って、観察してしまったりしていたけど、

訪れる人は、普通の人でした。

まぁ、勝手に私が、そわそわどきどきしてただけです。

でもやっぱり不思議。

キリスト画はわかるんだけど、その横のタイル画はなんだろう。

もっと、世界の色んな教会のこと、勉強したいなって思いました。

おまけ

 

近場の東ドイツ生まれのアンペルマンさんがいっぱい居る

アンペルマンショップ。

お土産に買いまくりたいけど、

ドイツ、やっぱり物価がなぁ~。 

一介の旅人、心の愚痴。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-旅日記, ドイツ ベルリン

執筆者:


  1. ぐるくんのからあげ より:

    不思議ですね。

    世界の中にはいろいろなものがありますね。

    教会の入り口の人形はなんでしょうね。

    日本だとキリスト教徒が、迫害されたモニュメントかなと思いますが、ドイツなので、何でしょうか。

    私は、ドイツのベルリンなので、ヒトラーに関係が、あるのかなと、思いますが、どうでしょう。

    ユダヤ人を慰霊するモニュメントかな。

  2. ぐるくんのからあげ より:

    追加です

    私もこの教会の人形にはなにか理由かいわれがあるのか、ネットで調べましたが、出てきませんでした。

    「ドイツ 教会 人形」「ベルリン マリエン教会 人形 いわれ」「旧東ドイツ 教会 人形 入り口」などワードを入れたのですが、ヒットしませんでした。残念です。

    これは、地元の人に聞くしかないですね。

    分かればまたブログで紹介してください。

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
ベルリンの都会の日常ってこんな感じ
NEXT
マスター、足早にベルリンを回るよ!

関連記事

ニュージーランドのパパの傘

ニュージーランドの深まった秋は、雨が凄く多いのです。今朝も、家を出ようとしたら、ちょうど雨が降ってきました。でも、いつも降ってもすぐに止んで、日差しが顔を出すのです。そして、また降りだしたりもするんだけど。まる一日、降り続いている事はあまりなくて(少なくとも私がニュージーに来てからは)、傘をさしている人も、ほとんど見かけません。ちょっと雨宿りすればいいからです。

ついにカンボジア入国

何やら、カンボジア行きのバスと何かあって、ひと悶着あったみたいだけど、12:15頃、バスはやっと到着しました。 さて、ホーチミン→プノンペンのバスはどんな感じ?   いつものようにバスの荷物…

続きを読む

Aライン作戦でラパス市内を歩く

新しい町で宿にチェックインしたらまず、やっておかないといけないことがあります。 次の町への足の確保です。 次、どこの町へ行くのか決まっていない時以外は、なるべく早めに確保するようにしています。 特に、…

続きを読む

そして、NZ到着

ニュージーランド留学の頃の記事を古いブログから移行します。 *日付は留学時のものではありません* ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   再び関空を飛び立ち…

続きを読む

カントークショー後編

カントークショー後編は、色んな民族が集結してショーの始まり。小さな子供からおばあちゃんまで。タイの家族を表しているようです。ショーは、実は結構ゆるゆるな雰囲気なものの、なんかゆるいタイにはちょうどいい気もして。。。

最後までビエンチャン。。。

やーーーっと、ビエンチャンを旅立ちます。 つまり、ラオスを出ます。   ビザなしで居られる無料滞在期間ギリギリの15日間いたので、長かったー。 連日、書いていた通り、ビエンチャンは本当に何も…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link