旅日記 ハンガリー ブダぺスト

ペスト側からは美しく、青くはないんだけどドナウ川!

投稿日:2016-08-02 更新日:

ブダペストと言えばここ!!

 

ドナウ川と、ドナウ川に架かるくさり橋・セーチェーニラーンツヒード

 

ブダペストは、ここドナウ川を挟んで、向こう岸”ブダ”とこちらの岸”ペスト”の地区に分かれているのですが、

その両岸を繋いでいるのが、この大きな橋です。





この橋によって、”ブダペスト”となるわけなんですね。

 

橋の名前にもついているセーニーチェは、19世紀の伯爵です。

彼によってこの立派な橋を架けられる歴史が始まりました。

 

途中、幾つもの歴史に飲み込まれ、橋の建設屋ゲレーなど、

色んな人と歴史に翻弄されて、建てられそしてまた破壊され、修復され、

現在に残されています。

 

どの国に行っても橋って、たかが橋だけどされど橋で、実は人間にとって凄く重要なもので、

すっごい歴史が詰まっていて面白いですね。

 

向こう側に見えるのは、王宮です。

美しく青きドナウをバックミュージックにお楽しみください。

今迄の橋と違うのは、このライオンの立派な像。

これ、凄い迫力です。

 

あえて、橋の端から端までをきちんと飾り付けてあるこの素晴らしさ。

橋の中心あたりもまた違う顔を見せます。


 

おおぅ!!( ̄□ ̄;)

この、2人と相棒くんの3人で橋を渡る姿が様になりすぎていて、

思わず写真を撮りました。

いっいなぁ~!!

 

誰かと渡ったら、この素晴らしさも2倍だろうなぁ。

さぁ、誰と渡ろうかな。私の黄色い王子様~。あ、心の声漏れました。

 

さて。

くさり橋から見える景色は、まだまだ美しい場所がたくさんあるのですが、

とりあえず後で堪能することにして、

ここからまた少し歩くところにある、とある場所へと行きたいのです。

 

ドナウ川沿いを走る、黄色いトラムがまた絵になるなー。

 

向こう岸の奥に見える、棕櫚の葉を空へと掲げる少女の像。

かなり目立つし、印象も強いこの像は、決して素敵な像なんかではなくて、

これは、第二次世界大戦の後に、ソ連兵の慰霊碑として建てられた像なのです。

 

つまりはハンガリーの人々をそれこそ翻弄し、苦しめもした諸悪の象徴みたいなものなので、

時代が終わった後、撤去をめぐり話し合われたそうですが、

もとはドイツの占領から解き放ち、自由を訴えるという意味も込められた像でもあることから、

今も残される結論となったそうです。

なので、宝物的意味合いのあるものではなく、ただ残されたものという意味合いの方が強いそうです。

 

個人的には、時折街を歩いていると現れる等身大の像が好き。

ハンガリー、ブダペストがこんなにも風雅な街なんて、

来るまで何にも知らなかったよ。

 

旅に出て、ハンガリーに来てよかったー!!

 

叫びたい!!

 

で、目的地に到着しました。

このメルヘンチックな建物は、なんと市場なのです。

中央市場


この市場も、すっごい見どころがあって、楽しいんです。

次回は、そんな中央市場の中をふんだんに紹介しますね!!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ハンガリー, ブダぺスト

執筆者:


  1. 自然派 より:

    素敵!

    素敵な町ですね!

    私はヨーロッパに行ったことが無いので、こんな素敵な街が有れば嬉しいですね。
    テレビではこの画面よく見るんですけど。
    楽しませてもらってます。
    ありがとうございます。
    続きも楽しみです(≡^∇^≡)

  2. ナオ より:

    初めまして(^ ^)
    30年ほど前に、宮本輝さんの『ドナウの旅人』を読んでからずっと、ドナウ川と聞けばこの小説を思い出します。いつか私も行って追体験をしてみたい、とずっと思っていますが、なかなか実現できません^_^;
    だから、このようなお話を聞かせてもらえて、嬉しいです☆

  3. かみぞー より:

    ☆ まぁ~ ☆

    僕タンが8月中旬に行った時は35℃くらいになる
    暖かさでしたが、ほら、中欧って冷房設備の無い
    美術館やレストランがあるではないですか!?
    まぁ、そんな感じでしたねぇ。(どんな感じ?)
    でも、欧州でまたどこに行きたい?
    と聞かれたら、中欧3ヶ国って言うでしょうねぇ、うんうん。お花も綺麗なんですよねぇ。
    明日になれば、『やっぱり、イタリアかな』とか
    言ってそうですけど。
    ケーブルカーで王宮に行きましたよぉ。
    国会議事堂などの外観も綺麗だったでしょ!?

comment

PREV
ハンガリーが大好きだと思えた日
NEXT
ブダペスト中央市場、見どころたくさん。

関連記事

シェムリアップのキリングフィールド

途中、コンビニに立ち寄って、 すっかり長旅でボロボロになってしまった私の服を、つるさんにつっこまれつつ、 おかさんの人生楽しみ過ぎている話を聞きつつ、 青春してるっぽい感じで、自転車二人乗りで向かいま…

続きを読む

ごめんね。もう一緒に歩けない。

久しぶりに爆睡しました。 すっかり疲れ切っていたので、 夜中一度も目が覚めないってのはほんとに久々でした。   今日は、次の地バンコクへの足確保の日。 で、朝支度をしようとしたら、が~ん。。…

続きを読む

ヴロツワフの街で気分が沈んでまた上がって。

バスは3時間ちょっと走り、クラクフから次の街へ到着しました。 ヴロツワフという、ポーランドの中でもまた大きな街です。 そしてこの街は、ポーランドの中で一番古い街なんだって。 ヴロツワフのバスターミナル…

続きを読む

短期沈没けってーい!!

引き続き、可愛いパーイの町をふらふらしましょう。 パーイは、チェンマイと、首長族の村で有名なメーホンソーンの間にある町の為、 メーホンソーンに行きがてら、ここに寄る人も多いそうです。 ここからメーホン…

続きを読む

留学 語学学校初日、いきなり挫折

ニュージーランド留学の頃の記事を古いブログから移行します。 *日付は留学時のものではありません* ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   昨日の夜から降り出…

続きを読む

嗇色園黃大仙廟でお参りをしてみよう

3大宗教が1つに集まり、すべての人の願いを聴き入れるという大らかな寺院がありました。
嗇色園黄大仙廟は、本殿以外にもあらゆるところに見所があり、見ごたえ充分。晴れた空が良く似合うお寺です。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link