旅日記 ハンガリー ブダぺスト

ペスト側からは美しく、青くはないんだけどドナウ川!

投稿日:2016-08-02 更新日:

ブダペストと言えばここ!!

 

ドナウ川と、ドナウ川に架かるくさり橋・セーチェーニラーンツヒード

 

ブダペストは、ここドナウ川を挟んで、向こう岸”ブダ”とこちらの岸”ペスト”の地区に分かれているのですが、

その両岸を繋いでいるのが、この大きな橋です。





この橋によって、”ブダペスト”となるわけなんですね。

 

橋の名前にもついているセーニーチェは、19世紀の伯爵です。

彼によってこの立派な橋を架けられる歴史が始まりました。

 

途中、幾つもの歴史に飲み込まれ、橋の建設屋ゲレーなど、

色んな人と歴史に翻弄されて、建てられそしてまた破壊され、修復され、

現在に残されています。

 

どの国に行っても橋って、たかが橋だけどされど橋で、実は人間にとって凄く重要なもので、

すっごい歴史が詰まっていて面白いですね。

 

向こう側に見えるのは、王宮です。

美しく青きドナウをバックミュージックにお楽しみください。

今迄の橋と違うのは、このライオンの立派な像。

これ、凄い迫力です。

 

あえて、橋の端から端までをきちんと飾り付けてあるこの素晴らしさ。

橋の中心あたりもまた違う顔を見せます。


 

おおぅ!!( ̄□ ̄;)

この、2人と相棒くんの3人で橋を渡る姿が様になりすぎていて、

思わず写真を撮りました。

いっいなぁ~!!

 

誰かと渡ったら、この素晴らしさも2倍だろうなぁ。

さぁ、誰と渡ろうかな。私の黄色い王子様~。あ、心の声漏れました。

 

さて。

くさり橋から見える景色は、まだまだ美しい場所がたくさんあるのですが、

とりあえず後で堪能することにして、

ここからまた少し歩くところにある、とある場所へと行きたいのです。

 

ドナウ川沿いを走る、黄色いトラムがまた絵になるなー。

 

向こう岸の奥に見える、棕櫚の葉を空へと掲げる少女の像。

かなり目立つし、印象も強いこの像は、決して素敵な像なんかではなくて、

これは、第二次世界大戦の後に、ソ連兵の慰霊碑として建てられた像なのです。

 

つまりはハンガリーの人々をそれこそ翻弄し、苦しめもした諸悪の象徴みたいなものなので、

時代が終わった後、撤去をめぐり話し合われたそうですが、

もとはドイツの占領から解き放ち、自由を訴えるという意味も込められた像でもあることから、

今も残される結論となったそうです。

なので、宝物的意味合いのあるものではなく、ただ残されたものという意味合いの方が強いそうです。

 

個人的には、時折街を歩いていると現れる等身大の像が好き。

ハンガリー、ブダペストがこんなにも風雅な街なんて、

来るまで何にも知らなかったよ。

 

旅に出て、ハンガリーに来てよかったー!!

 

叫びたい!!

 

で、目的地に到着しました。

このメルヘンチックな建物は、なんと市場なのです。

中央市場


この市場も、すっごい見どころがあって、楽しいんです。

次回は、そんな中央市場の中をふんだんに紹介しますね!!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

0

<sponsored link>







-旅日記, ハンガリー, ブダぺスト

執筆者:


  1. 自然派 より:

    素敵!

    素敵な町ですね!

    私はヨーロッパに行ったことが無いので、こんな素敵な街が有れば嬉しいですね。
    テレビではこの画面よく見るんですけど。
    楽しませてもらってます。
    ありがとうございます。
    続きも楽しみです(≡^∇^≡)

  2. ナオ より:

    初めまして(^ ^)
    30年ほど前に、宮本輝さんの『ドナウの旅人』を読んでからずっと、ドナウ川と聞けばこの小説を思い出します。いつか私も行って追体験をしてみたい、とずっと思っていますが、なかなか実現できません^_^;
    だから、このようなお話を聞かせてもらえて、嬉しいです☆

  3. かみぞー より:

    ☆ まぁ~ ☆

    僕タンが8月中旬に行った時は35℃くらいになる
    暖かさでしたが、ほら、中欧って冷房設備の無い
    美術館やレストランがあるではないですか!?
    まぁ、そんな感じでしたねぇ。(どんな感じ?)
    でも、欧州でまたどこに行きたい?
    と聞かれたら、中欧3ヶ国って言うでしょうねぇ、うんうん。お花も綺麗なんですよねぇ。
    明日になれば、『やっぱり、イタリアかな』とか
    言ってそうですけど。
    ケーブルカーで王宮に行きましたよぉ。
    国会議事堂などの外観も綺麗だったでしょ!?

comment

PREV
ハンガリーが大好きだと思えた日
NEXT
ブダペスト中央市場、見どころたくさん。

関連記事

なにはともあれ、またね!ホイアン

とりあえず、いったん落ち着いて。(笑)   なにはともあれ、ホイアン最終日なわけです。 夜には、バスに乗って次の町。   ハマりまくった、バナナケーキやパンを売る屋台にもお別れです…

続きを読む

ルアンパバーンのお寺と町散策

さて。今夜、安心して眠れる宿も確保できたので、 次にやらなくてはいけないのは、次の町への足確保です。   次に行く予定なのは、ビエンチャン。 本当は、バンビエンに行こうかと思っていたけど、こ…

続きを読む

再び女一人旅へ

今日はまた夜行バス移動なので、 12:00のチェックアウトまでだらだらしようと思ってたら、 11:30頃、部屋の内線電話が鳴り、チェックアウトを急かされました。 まだ時間じゃないと言ったら、 「あ&#…

続きを読む

四万人の遺骨で出来た教会

聖マリア大聖堂を後にすると、ここから徒歩5分くらいのところにある、 セドリツのもうひとつの名所、墓地教会を目指します。 もちろん、ここもずっと行きたかった場所。 でも、今日は本当に人骨だらけの写真にな…

続きを読む

こうして思い出の町に変わるのです。

パーイでマル一日過ごす、最後の一日です。   パーイはほんとに時間が止まっているかのようにゆったりのんびり。 本当に癒されました。 東京で、「時間がない」がくちぐせになった毎日で、何かを失く…

続きを読む

恋人たちの公園、ミラフローレスの岬

サン・イシドロ区から、40分くらい歩いて到着したのは、 ミラフローレス地区の海岸です。 リマの中でも、おしゃれだと言われているこの辺りは、 恋人達にとっても絶好のデートスポットのようです。   なんて…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link