旅日記 ベトナム 長距離バス

完全アウェー

投稿日:2014-05-07 更新日:

ホイアンを出発したバスは、朝7時、起こされました。

ホーチミンまで直通ではないので、バスはニャチャンへ到着したらしい。

全員、降りるように催促されました。

 

で、降りたところで「サイゴン、サイゴン~」と連発している人がいたので、

私、サイゴンに行くんだけど、と言うと、君の荷物はどれ?と、

再び荷物を積んで、バスに戻るように言われました。

 

乗客はほとんどニャチャンで降りて行ったので、再びバスに乗ったのは、

私とヨーロッパ系の父母娘の組み合わせの家族の4人のみ。

 

なーんだ。乗ってていいんだ~。

 

って思っていたら、5分も経たないうちにバスがたくさん停まっている停留所に着き、まんまと乗り換えることに。

もう、このシステム面倒なんですけど。。。( ̄ー ̄;)





しかし、向こうのバスを見るとすでに満員。

 

はっ。

これは、うわさに聞く、

座席がなくて何時間も通路に座らされるってやつじゃ。。。( ̄□ ̄;)!!

 

こ、これはぁー。やばいぞ!!

もたもたしてらんないぞ!早く座席確保しなきゃ!!

 

なのにね。。。

例のヨーロッパ系の家族が通路をふさいで、荷物をかたしてモタモタ。

しかもそのオヤジが私がいるのチラッと見たくせに、通してもくれない。

 

しかし、あなた達にかまっていい人ぶってゆっくりしてたら、

今日一日、まだまだ長いバス時間、私が地獄を見るんですよ!!!

 

もう、構わずソーリー(`・ω・´)って、無理やり押しのけて外へ。

そして、ダッシュ!!

 

バスに乗り込むと、案の定もう満員状態。

ここに座れと下段のど真ん中の席を案内されました。

 

げー、こんな暗い席、やだよー。絶対酔うよー。。。。(iДi)

って思ってたら、女の子が、「ここ、私の席。」と来たので、

瞬時に目に入った上段の席が空いていたので、そこへ移動。

 

もしかしたら、誰か確保していたのかもしれないけど、もう何も言われないしいいや。


とりあえず、無事安全そうな席で地獄を見ずに済むので一安心です。

 

案の定、その後は次から次へと人が乗り込んできて、通路にもぎっしり。

例の親子はもちろん、座席にありつけていませんでした。

危ない危ない。私もああなるところだった。

まだまだホーチミンまでは、10時間以上もかかるのです。

 

しかし。

乗り換えたバスは、私とその親子以外は全員ベトナム人。

完全アウェー状態ですね。

 

どれくらいアウェーかというと、

そのむかし、プロ野球が好きだった頃、阪神ファンの友達に連れられて、

阪神の外野でスワローズを応援しちゃったってくらい、アウェーでした。

べ、べつに背中にびしばし刺さってくる視線なんて、気にしないんだからっ。

 

今日も、車内のテレビの音量は、絶好調。

うるさーい。。。

 

24時間バスってのは、ほんとに長いです。疲れます。。。

でも、窓の外の景色は、今までにないくらい雄大です。

 

あー。時間があったら、こういうとこに寄りたかったよ。

 

ニュージーには負けるけど、あの景色を思い出すような雄大さです。

ベトナム横断をしてきたけど、場所によって顔をだいぶ変えるベトナムの景色。

 

今回は、乗る機会がなかったけど、ベトナムにも電車は走っていて、線路。

昼ごろ、休憩で小さな食堂にバスは停まりました。

トイレ休憩兼ランチ休憩です。

 

ヨーロッパ系家族の娘が私の前に並んでいたのですが、

順番が来て、娘は個室をのぞくと、目をまん丸にして私を振り返りました。

 

???どうしたの???

 

のぞいてみると、便器も何もないのです。ただのコンクリート。

 

「これ、なんだろうね?ここはトイレじゃないよね?」

娘「わからないわ。。。」

 

でも、普通にベトナム人はこの個室にも入って行っていたので、たぶんトイレなんでしょう。

外国人には、使い方わかりませんが。。。

とりあえず違う個室に入りましょ。

 

みんなは食堂でごはんを食べていますが、やっぱり私は食べませんでした。

 

で、ぼけーっと椅子に座っていたら、隣に座ってきたベトナム人の男の子が

「これ、食べていいよ。」

って、買ってきたとうもろこしを指していいました。

 

おっ。

優しいな~。(´∀`)

 

「ありがとう、でも君のだから君が食べなよ。」

ベトナム人の若い子に、この旅初めて優しくされた気がする。(笑)

もう、原付でつっこんでくるイメージしかなかったよ。

 

再びバスに乗り込み、ひたすら走ります。

 

しかし、退屈だなー。

日本人が他にいないのはかまわないけど、せめて同じ外国人でもいたら、

お話とかできたのに。。。

 

途中、ウォークマンで大好きな関ジャニメドレーを聴いて、ひとりノリノリになってみたら、ちょっと元気になりました。

 

でも、すぐに飽きます。

この24時間バスは、残り4分の1くらいの時間帯がキツイです。

 

再び、バスの車窓から

 

途中、小さな町で果物売りのおばちゃんを乗せたり、で、車内販売が終わるとまた降ろしたり。

 

トイレに行きたくなったらしき、おばちゃんを降ろしてあげたら、

誰もが見える場所で、いきなりおばちゃんがおしりを露出し始めて、目をそらして苦笑いをしたり。。。

ワイルドすぎるよ、ベトナム。


 

で、またのどかな景色。


そうしている間にも、バスは次から次へと人を乗せまくって、もはや通路もぎゅうぎゅうで、

座席のない人達は体育座りのまんま身動きできない状態。(((゜д゜;)))

 

見てください。これ。通路に体育座りさせられている人々。

過ぎるでしょ。。。

これを恐れて、何が何でも座席を確保したかったわけです。

 

ちなみに、旅中で知りあった子は、この通路に座らされたそうですよ。

おんなじ料金払ってるのにですよ!辛くて死ぬかと思ったって。

道もガタガタだし、こんな通路に座ったらお尻も痛すぎるでしょー。寝れもしないよ。

ってか、そんな座れないなら乗せるなよって話だけど、そんなの日本の常識でベトナムの常識は、乗せられるなら乗せられるだけって感じなんでしょうね。

 

そして、再び景色は都会の大きな建物が多くなり、人もちょっとずつ降りて行って、

夕方6:00頃、サイゴンことホーチミンに到着したのでした。

 

ふぅ~。さすがに久々の長距離は疲れたよ~。

ホイアンからホーチミンへのバスは、乗り換え多数なのでめんどくさすぎでした。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ベトナム, 長距離バス

執筆者:


  1. singersongwriter☆汐 里 より:

    景色きれーーーーーo(^▽^)o

    それにしても、バスwww寝台バス(  ゚ ▽ ゚ ;)マジ

comment

PREV
なにはともあれ、またね!ホイアン
NEXT
iPhone泥棒

関連記事

チェンマイおさらいの気持ち

さあ!チェンマイ旧市街へ行きますよ!!   私にとってはまるでおさらいのような気分でしたが、 やっぱり気心知れた、友達と歩くのって楽しい。 友人がいることで、なんだかいつもみたいに東京のどこ…

続きを読む

インドに到着!疑心暗鬼とわくわく感が止まらない

トランジットのマレーシアであっという間に荷物検査、 そして搭乗開始となりました。 やっぱり二人旅だとこういう待ち時間ってあっという間ですね。   インド人がかなり増えてきました。 色とりどり…

続きを読む

夜の重慶大厦を紹介

夜の尖沙咀でまた美味しいお店を発見。もはや、食べ過ぎです。言語とコミュニケーションについて考える会話もあり。そして、夜の重慶大厦の雰囲気を紹介します。

南米旅一か国目 憧れのアメリカ

日本を出発して、11時間。 AM8:00頃、飛行機の窓を開けると。。。 ぼんやりと大陸が見えてきました!! この飛行機から見える第一印象って、ワクワクするんだよ~。 国によって、全然違いますからね。 …

続きを読む

寓話の世界のようなお寺 ワット・ロンクン

ラオスへ向けた2泊3日の片道旅、まだまだ出発したばかりです。 チェンマイを後にして少し走ると、 バンは、まるで寓話の世界のような場所に到着しました。   ななな、、、なんですかー! この雪景…

続きを読む

ビルケナウ強制収容所ラスト そして生まれた感情

中谷さんのガイドは、ラスト、 このユダヤ人達が生活をさせられていたバラックの中へと、 続きました。 ここも少し前まで、もっとたくさん入れるようなバラックがあったそうです。   でも今現在、立ち入りが認…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link