旅日記 タイ パーイ バックパッカーの旅先あれこれ

君に出会うために旅に出た

投稿日:2014-07-09 更新日:

こんな山道でヤンキー犬に襲われたら。。。

びびっている私のもとに何者かが飛び出してきたのです。

 

目の前に現れたのは。。。。でした。

こ、、、これはぁー( ̄ー ̄;

ピンチなのか?なんなんだ??

 

一瞬考え込む私を、するりと抜かすと、犬君は歩きだしました。

ほっ。(・_・;)

ヤンキー犬じゃなくて良かった。

 

だけど、犬くんの様子がなんだか、ただの通りすがりの子とは違う様子です。

 

あっ。

気付けばだいぶ太陽が昇っているじゃないか!

写真を撮ろう!

って感じで、私が足をとめ写真を撮っていると、

前を歩いている犬くんも足をとめ見守っているのです。

 

そして、再び私が歩きだすと、犬くんも歩きだします。

 

(・Θ・;)

 

「もしかして、君案内してくれるの?」

 

まるで、そうだよ。と言うみたいに、犬くんはちょっと振り返ると歩き続けました。

 

そして、

なんだか、犬くんは停まると、足元にある何かに鼻を近づけてこっちを振り返りました。

なにか、あるのかな???

 

犬くんが教えてくれたのは、こんな可愛い朝顔みたいな花。

 

そして、私が写真を撮っている間、また待っていてくれます。

そして、おんなじように犬くんは歩きだすと、ところどころで止まって、

おもしろいものを教えてくれるのです!

 

牛達とか。

 

太陽が映っている水面とか。

ぜーんぶ止まって教えてくれて、私が写真を撮り終えるのを待っていてくれる。

 

こんな山の中で、思いも寄らず一緒に歩いてくれる子ができました!

ちっとも寂しくありません。

 

振り返ると、すっかり山の中。

途中にあった小屋の中からおじさんが出てきて「サワディカー」と挨拶してくれました。

 

さあ、まだまだ進みましょうか!犬くん!!

途中、どこかの子がまた加わって、みんなで歩いたり、犬くんの彼女かな?

こんな山奥のレストランを教えてくれたり。

こんな、二人旅ならいいもんだよねぇ。(´∀`)

 

そして、

急に犬くんが、がさごそと茂みの中に入っていったのです。

ちょっと躊躇しましたが、旅は道づれと思って、思い切ってついて行ってみました。

 

そしたら、水の音が聴こえて。。。

こんな川がありました!

 

そして、駆けだした彼を追うと。。。

今は、雨季じゃないから、全然水量が足りないけど、

これ雨季真っ最中は滝のようになるんじゃないかなー。

 

ああ。それでも望み叶ったよ。

山の中で滝を見たいっていう願い。

「ここに連れてきてくれたの?」

話しかけると、犬くんは、クーンクーンと鳴き出しました。

 

「ありがとうね。」

この時の犬くんの鳴き声は、今でも聴こえてきます。

 

こんな田舎までやってきて、見ず知らずの犬に親切にしてもらうなんて。。。

そして、再び道へと戻り、犬くんを先頭に歩き出します。

どこまでも一緒に歩ける気がする。

なんだか、ほんとうに夢の中を歩いてるみたいだから。

 

なのに。。。

行き止まりです。

さすがに川の中を裸足になって歩いてみる気にはなれず。。。

犬くんも私の横で、川に入ろうか迷っていました。

「行けないね。もどろっか。」

犬くんは、来た道をまた、先頭を切って歩き出しました。再び私を気にかけてくれながら。

 

太陽はすっかり、のぼりきっていました。

 

こんな山の中で、なんだか寓話みたいな体験だな。。。

そして犬くんは、ずっとずーっと来た道を案内してくれて、

パーイの中心地が見える場所まで来ると、引き返して行きました。

「ありがとねー。」

叫ばずにはいられませんでした。

 

気付けば、涙がだばだば流れていました。

はるこを失って、私は旅に出た。今も、ペットロスの旅人。

 

“白い犬とワルツを”っていう本が、私はとっても好きで何度も読みましたが、

主人公のおじいさんが、「そうか!お前だったのか!」って気付くシーン、何回読んでも泣けます。

今日、まさに似た体験をしたんじゃないかなって思うんです。

 

あの子は、はるこじゃないのかもしれない。

でも、あの子はいつか絶対私と一緒にいたんだ。小さい頃なのかもしれない。

そう思わずにはいられませんでした。

 

もともとは、名前すら知らなかった小さな町。

なんでなのか、凄く凄く来たかった。

でも、一度は諦めて、それでも結局来ることができた、そんな町。

私のこと、呼んでいてくれていたのは、君だったんだね。

私は、君に辿り着くために旅に出たんだね。きっと。

 

この、友達とかに話すと、若干ドン引きされているような気がする不思議体験は、

ほんっとうにあった事です。まぁ、リアクションに困っちゃうよね。。。(;´▽`A“

 

思い出しても、写真ですら、なんだか朝靄がかかっていて夢の中みたいな感じすらするけれど、

確かに犬くんと出会って、一緒に歩いたんです。

私はこの日の出来事を、一生忘れたくないし、忘れまいと思っています。

旅の終盤に、こんな奇跡と出会いが待っていました。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, タイ, パーイ, バックパッカーの旅先あれこれ

執筆者:


  1. shadow)^o^( より:

    (お久しぶりです) 何だろぅ…この感じは…。ブログを読みながら、口でも文にも表せない感じが溢れてきました。やっぱりあるんですね、こんな不思議な事が……(^_^) 美しい朝日に感動したうえに、素敵な出来事に共有させてもらえてありがとうございます☆ (本当に…)

  2. まーぼー より:

    この犬は姿を変えたはるこなのかも知れない・・・
    と思ってしまいました。
    神様が、
    『もう一度会っておいで!』
    と、この犬の姿でサキさんの前に
    ポンッと放り出したのかも知れません。

    チョット古い映画になりますが『奇蹟の輝き』という映画がありました。
    ロビン・ウィリアムズ主演という事だけで
    DVDを購入し、観ました(笑)
    内容はあまり明るい映画ではありませんでしたが、
    亡くなった主人公のロビン・ウィリアムズが
    天国で姿を変えた家族と巡り合ったりして、
    この犬の姿とはるこが重なって見えました。

  3. poko より:

    サヨちゃんへ

    うん・うん・・そのワンちゃんは・・サヨちゃんが犬を好きだと感じたのかな・・(・∀・)

    それとも・・バックの中の・・はるこを・・嗅覚で気づいたのか・・:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

    どちらにしても・・良かったねヽ(゜▽、゜)ノ

    また・・つづく。。。じゃないかと思い・・ひやひやしながら・・読んでいました(^~^)

  4. くまさんのともだち より:

    サヨさん!すてきな景色です!

    こんばんはヽ(*´▽)ノ♪

    ワンちゃんが導いてくれた、ここ、サヨさんの魂の思い出の場所なんでしょうけど、なぜかわたしもジ~ンと来ました(*^^*)。もしかしたら、こうしてブログを通してサヨさんと知り合えたのは、ここではないどこかで、わたしたちも出会っているかもしれませんね(*´∀`)。

    白い犬とワルツを…さらにジ~ン…( ;∀;)。

  5. YUI より:

    こんばんは

    サヨさん

    こんばんは✩
    いいお話で和みました。
    我が家にもワンコがいますが
    こんな素敵なエスコートはまだないです。
    羨ましいなー♬

    かわいい♡コーディネーターとの旅
    良かったですね(*^▽^*)

    また朝顔の色の感じや
    朝日の感じや町並みが
    ほっこりさせてもらいました。
    ありがとう♬
    でゎこれからも良い旅を♬

  6. あーちゃん より:

    すべては、そこに…

    すべては、そこに繋がっていた……

    素敵な体験をシェアしてくれて、ありがとう……

    パーイ!!(/TДT)/

    って、またコメントしますね(笑)

  7. m-fleck より:

    すごい!!
    これはすごい( *;∀;)

    なんとも心温まる体験ですね。
    ジブリの世界みたいな・・・子供の頃から憧れていた感じ・・・(σ*´∀`)

    本当に来るべき場所だったんですね。
    本当に犬くんが呼んでくれていたんですね。
    うまく言葉に出来ないけれど 素敵な体験をしましたね。

    私、きっとパーイに移住しちゃうなーww

  8. looseleaf-tarao より:

    いいはなし・・

    ありがとう・・・

  9. シズねーさん より:

    御縁を感じるって

    ありますよね。
    その不思議さは本人にしかわかりません。
    ほんとにこのワンちゃんは犬?
    神様がワンちゃんに姿を変えてと
    あなたが思わても不思議じゃなく
    案外正解かもですよ。
    世の中には解明なんぞしないほうが
    いいこともありそうです。

  10. haruka より:

    こんにちは

    良い話を聞かせて貰いました

    嘘みたいな話ですけど私は信じますよ

    何となく空がスモークかかってる様なのは
    どうしてでしょう
    空気は良い様な気がしますが・・・

  11. こ-たろ- より:

    初めまして

    いいお話を見させて頂きました♪

    彼との素敵な出会いに乾杯です!!

  12. kazu より:

    はじめました

    この犬君は。。

    はるこちゃんと

    魂の故郷が同じなんだと

    俺は思いましたよ・・・。

  13. きらりん☆ より:

    もー、なんてなんて
    いいお話。

    涙がだばだば流れました。

    愛おしいですね。

  14. コイズミ より:

    とても不思議でほっこりする体験談で2~3回繰り返して読んでしまいました。犬くん優しい子ですね。とても素晴らしい体験されましたね!

  15. テツ より:

    しばらくアメブロも見る余裕もなかったのに今日見させてもらったことに感謝です。

    一昨年夏にうちの柴犬が亡くなったこと思い出させてくれてありがとうございます。

    これからも異国の旅見させてください。

  16. はつママ より:

    こんにちは!初めてコメントさせていただきます。
    はつママと申します。

    不思議な体験をされたんですね。(*^^*)でも、必然というか、あのわんちゃんにであうために、今回の旅にでたんですねー。
    すごいな♪

    次の旅を楽しみにしています。
    読者登録させていただきますね!
    宜しくお願いします(*^^*)

  17. かつ より:

    人柄と、犬柄だね

comment

PREV
奇跡の朝の始まり
NEXT
タイの山の草花

関連記事

嗇色園黃大仙廟でお参りをしてみよう

3大宗教が1つに集まり、すべての人の願いを聴き入れるという大らかな寺院がありました。
嗇色園黄大仙廟は、本殿以外にもあらゆるところに見所があり、見ごたえ充分。晴れた空が良く似合うお寺です。

リマのアルマス広場、旧市街に立って

ガラッと雰囲気の変わる旧市街に到着しました。   急に歴史的な建物の並ぶエリアが現れて、 再び違う国にでもやってきたかのような、変わりっぷりです。   アルマス広場、リマ版 観光客、現地人、…

続きを読む

サワディカー!パーイ

さてさて。 パーイでお世話になる宿を探しに行きますか!   だいたい目星はつけてきました。 まずは、旅友から薦めてもらったAgodaでも最安値がついていた宿を目指します。 なんだかんだで、ま…

続きを読む

あの日もこんな日だった

なんとか熱はさがったものの、いつも体調が悪い時に出る胃腸炎の痛みがうっすら。。。 どうか、このまま回復しますように。 一日ぶりに鏡を見ると、、、 な、なんか私、頬こけてる感じがする。。。( ̄Д ̄; &…

続きを読む

ポーランドからの贈り物

爆発音の正体がわからないまま、ちょっと迷いましたが、 周りの人達も騒いだり、逃げたりする様子もなく、 颯爽と歩いていくので、爆発音のした方へ、 予定通りヴァヴェル城の方へと歩いていきました。 &nbs…

続きを読む

第二外国語で頑張れって言われること

思いもがけず見つけた、居心地のいいレストランを後にして、 再び宿へと帰ります。 同じく再び、この鬼のような石の階段を上って。 クスコは、ラパスみたいに、町の形態は、すり鉢状ではないから、 同じくらいの…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link