旅日記 香港

旺角の金魚街とおすすめ食堂

投稿日:

まだまだ探索できそうな旺角をさまよってみます!

花墟道を離れるとこんな感じ。香港のダウンタウンが姿を現します。

この突き出た看板の風景もすっかり馴染んだなぁ。





続いて登場したのは金魚街。

その名の通り、金魚を売っているお店が並んでいます。

 

こんな感じに、薄暗くて水族館みたいな金魚屋さんはもちろん。。。

 

店先にビニール袋に入れられて売られている金魚もたくさん。

なんだか、こうやってビニールに入っていると、お祭りの屋台みたい。

綺麗だなぁー。

そして良く見ると、金魚じゃない魚もいます。

バードガーデンに引き続き、魚好きな人にもたまらないエリアですね。旺角は。

 

そして、私とゴロー丸はというと、かなりお腹がすきまくって、

ちょうどこのエリアには、美味しそうなお店も並んでいるので、遅めのランチをとることにしました。

たまたま入ったお店の名前は、権記粉麺茶餐廳。

ここも結構ローカルっぽいお店で、お客さんもそれなりにいて、メニューもたくさん。

何より、お店の雰囲気が入りやすかったのです。

お店の中はこんな雰囲気。

で、店員さんの感じが凄く良かったです。

ひとまず、何を食べようかとゴロー丸と悩んでいました。

写真付きのメニュー表ではないので、選ぶのに一苦労なんですよね。

 

すっかり主食になったワンタン麺は頼むとして、たまには普通のワンタン麺じゃないものが食べたい。

ってことで、紫菜魚四寶麺というものを10分くらい悩んで頼んでみました。

香港に来てからずっと、漢字から予測しようと思っているけど、結局わかりきれないままですね。。。

 

そして運ばれてきたのは、これ!

ワンタンが海老とお肉の2種類と、はんぺんの食感が異なるもの2種類、あとは海苔がたっぷり乗っています。

あとは、シンプルなはんぺんだけの麺。

麺は米粉にしてみました。

見た目通り、もちろんおいしくて、文句のないのはもちろんではありますが、

個人的には、香港では米粉麺よりもいつものサンミンが好きだなと。

 

そして、食べていると店員の女の子がおもむろにやってきて、机の上に置いていたガイドブックを見てもいい?と言いました。

もちろん!日本のだよ。

「おー、ナイス。写真がたくさん載ってるね。」

「ところで、ここも載っているの?」

 

あー、なるほど。

ガイドブックに載ってるかもと思ったんだね。

 

「ううん。私達、ただ歩いていて見つけたの。」

「そうなんだ?来てくれてありがとう。日本人はこのお店珍しいから。楽しんでね。」

 

がっかりさせちゃってごめんね。。。

 

このお店の先に日本語も書いてあるお店があって、そこは載っているんだけど、このお店は特に載っていなかったので、完全通りすがりですが、

でも、香港のお店の料理は、今のところどこのお店に入っても美味しくて、特にワンタン麺ばっかり食べている私にとっては、正直行ったお店全部おススメなくらい。

味は美味しいとは思うけど、入りやすいお店が特におすすめかな。

ここは、店員の感じが気さくで、ゴロー丸にも美味しい?って聞いてくれた子がいたりと、かなり雰囲気いいです。

 

気がつけば、香港旅ももう終わりが見えてきているので、あとどれくらいワンタン麺を食べられるかわかんないけど、最後まで食べまくりたいと思います!!

 

 

さて。この後に向かうのは、初日のリベンジです!!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, 香港

執筆者:


comment

関連記事

ラオスですっかり旅の中だるみ

アメブロでは書いていない、ビエンチャンの追加記事です。 完全に日記状態だったんでわざわざ書いていませんでしたが、せっかくなのでここで。   ・・・・・・・・・   朝、目が覚めるけ…

続きを読む

ルアンパバーンからのプレゼント

さて!次の町への移動日です!! 二日間、たっぷり休養したので、だいぶ体も回復しました。 なんとか、次の町へ行けそうです。   ここ、Chittana Guest Houseにも、本当にお世話…

続きを読む

旅の運命はどこまでも続いていくと感じたウィーンの朝

目が覚めると、ポーランド以来の結構な雨でした。 まじかー。ウィーン滞在短いのに。。。 とりあえず、シャワーを浴びに降ります。     シャワーは違うフロアにあるのが面倒なうえ、男女…

続きを読む

パクセーの村は懐かしい明りの色

スローボードは、パクセンの村に到着しました。 今日は、ここで一泊です。 この片道ツアー、意味わかんないのは、ラオスに入ったら放置気味というか、 しかも、2日目は自分で宿を探さなくてはなりません。 &n…

続きを読む

これがブダペストの日常。

恐怖の館を出ると、すっかり青空が広がっていました。 市内の大きな道路、アンドラーシ通りを歩いて、市民公園へ向かうことにしました。   やっぱりここもヨーロッパなんだなと思う、綺麗な風景がたく…

続きを読む

世界で一番居心地のいい教会シュテファン大聖堂

さあ、ルームキーを受付に預けたら、街へ出かけよう!!   やっぱりウィーンの街は、なんだか違う。 旅のウキウキ感を取り戻したよ。   特別、素敵な街って思うわけでも、大好きな田舎町…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link