旅日記 アルゼンチン プエルトイグアス

アルゼンチンと言えば、お肉!!

投稿日:2017-07-12 更新日:

PCの調子が悪くて、書いている途中で、4回もフリーズしました。

もう、きいいーーーーってなって、PC殴りたくなりましたよ。。。

で、もう書くのやーめたって放置してたら、今日は調子戻りました。

調子にならないように気をつけます。。。マメに下書き保存ですね。





今夜は、宿なしかって思われた危機を乗り越え、なんとか行きつくことが出来た宿。

洗濯をしたら、早速出かけます。

 

宿のマスターいい人。 

この町の紹介と、一番近いスーパー教えてくれた。 

 

長距離バス移動が続くと、ごはんはバスで配られる、中身がハムチーズのサンドイッチと、

チョコレート菓子がメインになります。

 

とりあえず、まともな夜ごはんを食べよう!!

 

肉大好きゴロー丸は、絶対、肉食べる!!と張り切っていたので、お店を探します。

 

このプエルト・イグアスの町は、田舎町でリゾート地。

 

サルタとはまた違った雰囲気だけど、

ボリビアとは違った、夜特有の注意しなきゃってのが、そんなに気になりません。

 

アルゼンチン北部は、割と雰囲気良さ気です。

観光客も多めじゃないけど、町は静かな明るさがあります。

 

で、特に、一目見て気に入った、

雰囲気のいいオープンテラスのあるお店に決めました。

 

レストラン a Piacere

音楽をやっている方なら、ご存知だと思いますが、音楽用語ですね。

 

自由に行ってみよ~!!

 

オープンテラスは2階建てになっていて、ちゃんと屋内のテーブルもあり、

好きな席を選べます。

  

これは、屋内のテーブル席。

でも、せっかくなので、オープンテラスの2階へ。

  

店では、ギター弾き語りもしています。

手を振ったら、お兄さん、カメラ目線くれたよ!!

ポリスのEvery Breath You Takeや、おなじみBen Earl KingのStand by meなどなど。 

んー。旅に懐メロは、つきものですね!!

  

なんていうか、おしゃれディナーです。笑  

やっと、ハネムーンっぽいですね。

 

これは、トロピカルサラダ。

この真ん中のディップクリームが、レーズンバター味でおいしいです。

 

ニョッキ。の、向こうに大きな肉!!

でもでも、超個人的話なんですけど、 

私、生肉、生魚、アレルギーで食べられないんです!! 

で、ちょっとそんなアレルギー女の一意見を叫ばせてください!

 

普段は、家では、できるだけ肉は摂らずに生きていたいと思うので、別にいいんですけど、

以前、連れられて蒲田のイタリアン焼肉とか言うお店に行ったんですけど、

そこでもう、レア肉食べられない人間にとどめを打たれる出来事があって、

すっごい悲しい気分で帰って来たエピソードがあったんです。

 

店で、こう、よく焼いてくださいって言っても、世の中レア肉ブームじゃないですか。 

結局、中身赤いままで来るんですよ。

 

アレルギーですって説明しても、 

硬くなっちゃいますよとか、そんなの百も承知ですよ的なことを言われる。   

 

挙句、自分で焼いてもいい店とかだと、かなり焼いてると、店員から、あーあって目を注がれたり。

肉が硬いことよりも、蕁麻疹で苦しむことの方が、死活問題なんですけど!!

  

世の中、全ての人が、レアな肉を欲してると思わないでください!! 

あ・れ・る・ぎ・ーって言うものがあるんですよ!!ってのをお店に言いたい。

  

そういう事情の人にもおいしい料理提供してくださいよ!!って言いたい。。。 

店からしたら、じゃあ来んなよって話ですね。ハイ。

 

 

っていう愚痴は、日本の一部分の店に対してで、 

海外だと意外に、ステーキ店とか付き合いで行って、事情を告げると、

遠慮なく、良く焦げ出したお肉が届くので、あんまり怒りを感じたことないです。  

 

ってことで、ちょうどよく焼いてもらったお肉!!

まぁ、ほぼ言いだしっぺゴロー丸が食べたんですけどね。

 

料理もおいしいし、アコギの音は素敵だし、いい夜だなー。 

そろそろ、と言っても、まだまだ帰国は先なのに、

私は恒例の旅先感情が湧き出てくるのを感じていました。

   

アルゼンチンいいとこだなー。 

日本帰らずに、しばらく南米で暮らすのもありだなー。

  

と、そんなこと私が考えてるなんて露知らず、 

この素敵な夜と念願のステーキに感激するゴロー丸さん。

素敵なディナーを終え、町をふらふらすることにしたけど、

このセントロ付近以外は、あまりなにもありません。と言うか、ほぼ真っ暗です。

   

宿のお兄さんにおしえてもらったスーパーへ行ってみました。

現地のスーパーって楽しいです。

 

牛乳は、パックじゃなくて、袋に入って売っています。 

これ、それなりに丈夫には作ってあるだろうけど、 

穴でも開いたら、おおごとになるだろうな。。

 

プエルト・イグアスは、ホワイトアスパラがとてもおいしい。 

で、缶詰のホワイト・アスパラ、小さいのからかなり大きいのまで、 

結構揃えてあるようです。

 

オリーブのピクルスは、南米にいるうちにたくさん食べておかなくちゃね!!

 

 

さて。 

また、暗い道を、犬に吠えられながら宿へ帰ります。 

せっかく治安いいのに、犬が怖い町!

   

この宿、さりげなく可愛い。入口の案内が手作り感溢れてる。

他にも客は、何人か泊まっていて、挨拶をすると笑顔で返してくれました。

 

明日は、ゴロー丸お待ちかねの大イベントが控えているので、

明日に備えて、寝ますか。。。と言うのは、バックパッカーには許されず、 

早くもプエルト・イグアス後のルートに関して、相当悩みに悩んでやっと決定打を下し、

眠りにつきました。 

    

そして、長い、、、長すぎる一日が始まるのです。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

0

<sponsored link>







-旅日記, アルゼンチン, プエルトイグアス

執筆者:


comment

PREV
宿の予約がされてないのは事件です。
NEXT
かつてない旅先での大波乱

関連記事

やっぱり来てしまった!中正記念堂

実は、今日の予定は、ぼんやりとしか決めてなかったんですよね。 ってことで、地図を開くと、なんと ななな、なんと。 あの場所が歩いて行けそうだったので、行くことに。     4年前に…

続きを読む

24時間炎の消えないバラナシの火葬場で

バラナシで見た火葬のお話です。 写真は、火葬に使われる牧がたくさん置かれている場所です。 たくさん薪が置かれている場所に到着し、 ここがバラナシの小さいほうの火葬場と呼ばれる、ハリスチャンドラ・ガート…

続きを読む

いきなり大変なベルリンの歓迎

ZOBバスターミナル、ここからメトロに乗ってドミトリーのある駅まで行かなくてはなりません。 しかも最寄りの駅、Kaiserdamm駅がわかりにくい!! なんてったって地図もなければ、スマホも充電が虫の…

続きを読む

プラハの夜景は、おもちゃ箱

さて、宿でのんびりしながら、この後白紙だったルートの予定を練っていました。 ヨーロッパ旅のいいところは、陸路移動をネットで予約しながら進めることですね。 東南アジアの旅では、安いバスを探して何件もツア…

続きを読む

留学は スタンプカード

今日から、サウトと一本バスをずらす事にしました。一人で起きられない彼は、もちろん私より後のバス。さすがに、昨日の一件で、寝る時まで考えちゃうくらいかなりムカついたので。今の私には、誰かに対する嫌悪感を抱える余裕もないのです。そんなろくでもないもの抱えるくらいなら、その場所に少しでも海外での生活と、英語を詰め込みたいと思う。

ニュージーランドで出会った”ラッキーな戦闘機”

オークランドミュージアム、続きです。3階には戦時の展示物。なんと、日本の物にもたくさん出会えたのです。その中でも”ラッキーな戦闘機”は、凄く感動する話でした。そして、マウントイーデンでサウトにイライラ。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link