旅日記 アルゼンチン プエルトイグアス バックパッカーの旅先あれこれ

宿の予約がされてないのは事件です。

投稿日:2017-07-08 更新日:

想像していたよりも、だいぶ田舎だったプエルト・イグアスの町。

やっぱりブラジル側のフォス・ド・イグアスの方が人気なのだろうか。

でも私はこの町、静かで雰囲気も悪くないと思う。

 





 

ただ、今までも野良犬は多かったけど、

けどその子達は、決して吠えてきたり、怖がらせて来たりなんてしなかったけど、

この町の犬事情はちょっと怖い。

 

で、どっちかっていうと、野良よりも飼い犬が怖い。

 

って言うのも、この町って、静かな田舎町ではあるけど、住宅街はたぶんセレブが多いんですよ。

庭付き、プール付きの立派な家が並んでいるんですよね。

 

で、そんな家の番犬も凄くでかくて、そりゃもう声はドスが効いてて低くて、

金網一枚隔てた向こうで、勢いよく吠えまくってくるもんだから、

犬好きでもさすがに恐怖でしかないのです。

野良犬よりも飼い犬が怖い町、ビエンチャンに似てるかも!笑

 

とりあえず、気温も上がって、一気に南国に来た感じですよ。

 

バナナ泥棒がいるよ~

なんて、ふざけてた時は、まだ知る由もなかったのです。

まさか、この後から、ことごとく、アンラッキーな出来事続きとなるなんてことは。。。

 

予約した宿へと向かいました。

久々に、agodaのサイトから宿を予約して来たのです。

予約はバッチリ!

完了メールに予約IDまでついているのをちゃんと、スクリーンショットしておきました。

 

受付に到着して、お兄さんにそれを見せて伝えると、

何やらお兄さんは、「え?」って顔。

 

「もう今日の予約の客は、全員チェックインしているんだ。」

 

そんなことを、言われても。( ̄□ ̄;)

 

「ちゃんと、agodaで予約してきたんです。完了メールも持っていて、ほら。宿の名前も住所も日付も間違ってませんよね?」

 

お兄さんと一緒にメールの項目を一つずつ確認する。

 

「ちょっと待って。おかしいな。なんでこっちには、予約が来ていないんだ?」

お兄さんも必死に、予約帳やら、なんかの画面やらを確認しています。

 

「こっち来て。」

 

私もお兄さんと一緒に、それらを見て、自分の名前を探します。

ところが、名前はおろか、ジャパンっていう国名すらいっさい見当たらず。

お兄さんがWifiナンバーを教えてくれて、自分のPCまで起動してみたけど、

こっちには、キャンセルされましたっていう連絡も何も届いていないどころか、

マイページなんて予約完了のまま。

お兄さんが、電話をしてみるも、通じず。

 

どうなってるんだ!!アゴダ!!怒

 

初旅の頃から、時々使ってきて、一応知り合いも働いているし、

こんなことも一度もなかったから信頼していたけれど、

ここで、こんなことになるなんて。

もう、アゴダなんて二度と使うもんか!!怒怒怒

 

「気の毒だけど、もう今日は空き部屋もないんだ。」

 

そうこうしているうちに、すっかり日は落ちて暗くなり始め、

こんな暗いところから宿探しかよ。。。しかも、宿がたくさん集中してるエリアでもないのに、マジで、ありえないんだけど。。。

 

途方に暮れていたら、お兄さんが、

「うちよりはだいぶ高めになってしまうけど、君達が良かったら近くの知り合いの宿紹介するよ。」

と言ってくれました。

 

こんな田舎町で、重い荷物を持って、暗い道を宿探しをして歩くよりは、断然マシだったので、

お願いしました。

そして、無事泊まれることに。

やっぱりアルゼンチン人は、いい人多いなー。

 

怒りは治まんないけど気を取り直して、急遽泊まることになったプエルト・イグアスの宿、

HOSTEL PARK

コテージっぽい作りの宿で、トイレ、シャワーはインサイド。

ちょっと古さはあるけど、プール付き。

リゾート地の宿って感じです。

ハンモックもあった。

ゴロー丸、五郎丸選手を真似るの巻。

ちょっと久しぶりに宿事情で焦ったし。

ネット予約だからって、安心できないですね。

 

こんなんなら、通常スタイルで、予約せずに最初から宿探しした方がマシです。

今回は、無事救われたから良かったものの、旅人の宿事情を、何だと思ってるんだろう。

アゴダにはしっかりしてほしいです。二度と使わないけど。

 

っていう、ハプニングから始まり、この町で、まだまだこの旅最大のハプニングかも?ってことに

遭遇するのです。

 

これは、おまえら、まだまだ安心すんなよっていう虫の知らせだったのか。。。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

0

<sponsored link>







-旅日記, アルゼンチン, プエルトイグアス, バックパッカーの旅先あれこれ

執筆者:


  1. ✩音オトツムギ紡✩ より:

    えーっΣ(゚д゚;)

    アゴダってわからないケド、もし予約金を入れてて
    そーなっちゃってたのなら、それは絶対ゆるせんね・・
    一先ずお宿がみつかって良かったよ。

    それにしてもココからまた何かが始まるって..
    新婚旅行なのに((>д<))きょわいお・・。

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
パラグアイ名物パンと新しい町に着いた!
NEXT
アルゼンチンと言えば、お肉!!

関連記事

この旅最後のバス移動クスコからリマ

今回も使うバスは、Cruz del Sur社です。   ひとまず、バスステーションで待っている間にお腹が空いたので、 売店で軽食を食べました。   エンパナーダ プリングルスのPo…

続きを読む

ブダペスト中央市場、見どころたくさん。

ブダペスト中央市場に到着しました。   外観、市場だなんて思えないくらいメルヘンチックですよね。 中は、どうなっているんでしょう。行ってみましょうー!! ハンガリーのお土産って、滞在してる近…

続きを読む

トゥールスレン虐殺博物館 2

カンボジア プノンペン トゥールスレン虐殺博物館 前回の記事からの続きです。 そして、ここの棟は独房として使われていました。   有刺鉄線で覆われた入口。 収容者が逃げられないように張り巡ら…

続きを読む

ニュージーランドのパパの傘

ニュージーランドの深まった秋は、雨が凄く多いのです。今朝も、家を出ようとしたら、ちょうど雨が降ってきました。でも、いつも降ってもすぐに止んで、日差しが顔を出すのです。そして、また降りだしたりもするんだけど。まる一日、降り続いている事はあまりなくて(少なくとも私がニュージーに来てからは)、傘をさしている人も、ほとんど見かけません。ちょっと雨宿りすればいいからです。

ヴィクトリア・パークと渣甸坊を歩く

香港最大の広さと言われているヴィクトリアパークで出会った以外な異国文化。香港に来て、これに出会っちゃうとは。
また、香港島の女人街と呼ばれている渣甸坊も歩いて、やっと買いたい物に遭遇。

めげずにレストラン・ポラコウスキに再トライ!

帰国まであと少し!となったところで、 気が抜けたのか見つからないものが出てきた。 ついさっきまで使っていたボールペン、靴下1足!   あまり、物は失くさない方なのに。 どこからか見つかること…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link