旅日記 ドイツ ベルリン 負の世界遺産など

ここにも戦争があったことを伝えるカイザー・ヴィルヘルム記念教会

投稿日:2016-08-25 更新日:

再び電車に乗って、次はZoologischer Garten(動物園)駅に来ました。

この駅では、見どころはたくさんあると思うんだけど、

まず向かったのは、ベルリンの負の遺産を見るための場所。

 

 

あっち方面だな、と向かった先に飛び込んできたのは、

あれは何だろう?と思うような八角形の建物。

この形だけでも、この建物は何だろうって思うけど、

近づいてみると、この壁一面にのぞく模様がとっても不思議。

こりゃ、なんだ?と思うんだけど、

これは、内部に行けば納得。

 

中は、青いステンドグラスになっていて、それはそれは美しいそうです。

 

しかし、この日は、中に入れず!!

 

くぅーーーー!!

これほんと、見たかったよ!!!!

 

これは、ドイツ、また絶対来いよという私への可愛い意地悪だな。

そういうことなら、喜んでまた来るよ。 めでたい前向き脳

 

とりあえず参考画像です。 Photo by wikipedia

こんな感じの、青の世界をみなさんにお届けしたかったのに。。。

でも、この場所の主役は、決してこの新教会ではないのです。

 

それは、この隣にある旧教会の姿です。

 

カイザーヴィルヘルム教会

ルター派、プロテスタントの教会です。

 

ここは、かつて第二次世界大戦中、大空襲によって破壊されたままの当時の姿を残している教会なのです。

戦争の悲惨さを伝えるため、あえてこの姿で残されています。

裏側から見ると、それは顕著に現れます。


砕かれた壁はもちろん、銃弾のあとなんかも残されています。

 

今回のヨーロッパ旅でも、そんな場所をいくつか見たけれど、

ベルリンは特に都会過ぎて、今となってはこの教会の姿は、まるで置いて行かれているようです。

 

ここは、特に広島の原爆ドームとよく一緒にされるようですが、

確かに、初めて原爆ドームを見た時に感じた、広島の街並みとのギャップが、凄くかぶりました。

 

でも、忘れない為に残されていること。

周りの景色は、戦地とは真逆へと変わっていくこと。

どちらも、大切なことなんだよね。

 

そして、この教会は、内部にも入れるようになっています。

 

でも、中の絵もひび割れています。

 

本来の姿の模型も飾られています。

 

これは、当時の聖書でしょうか。

そして、そんな大きな意味を残す教会をちょっと離れただけで、 

街は、ベルリンの大都会の景色が溢れるのです。

これは、”キッコーマン醤油”が気になって、思わず撮りました。

 

ユニクロ

 

すっかりおなじみ、バディーベアさん。

 

これ、かわいー!!

黄色いカエルがあったら、かさばろうが買ってたんだけどなー。

 

そして、ドイツなんてオシャレ大都会においても、

変な日本語発見!!

極度乾燥もおかしいけど、なんで”しなさい”にカッコをつけてるのか、

なんで命令文なのか、なんで校正通さないのか、なんで。。。。疑問はつづく。

 

 

※当ブログは、純粋に旅を楽しんで、その時感じたことを素直に書いているだけなので、上記の商品の品質についての批判文を長文でしつこく送られても困ります。興味ありません。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

0

<sponsored link>







-旅日記, ドイツ ベルリン, 負の世界遺産など

執筆者:


  1. ニコぬし より:

    初めまして!

    ステキな写真、面白い文章、
    自分が旅をしている気分で楽しく読ませてもらいました(°∀°)b

    SuperDryはカリフォルニアでも近年見かけます。
    洋服のブランドですよね、本当、不思議ですよねー( ´艸`)

    私もいつかドイツ行ってみたいです!
    サヨさんの情報とても参考になります♪

  2. m-fleck より:

    青いステンドグラスの教会、めちゃめちゃ奇麗ですね!
    外からでは全く想像つかない(≧▽≦)
    実際に入ってみたかったですね。。。残念。。。

    極度乾燥(しなさい)・・・( ´艸`)ジワるw
    むしろ日本語訳は必要なのか?
    しかも何故に日本語だけ?

    そんなに日本人て英語できないと思われているのか!?(´Д`;)

comment

PREV
マスター、足早にベルリンを回るよ!
NEXT
ホロコースト記念碑がベルリンにもあるのです。

関連記事

士林夜市で小さな再会

さて。九份を去ります。 オカリナ店のおじちゃんに台北までの帰り方を教えてもらったので、(←調べて来いって) あと1つ、今日は行きたい場所があるので台北へと戻りましょう! ながーい階段を再び下って、 台…

続きを読む

もう許すまい!と思った日

島散策を終え、再び船に乗り込んで、   メコン川を走っていきます。 2年前に来た時は、このメコン川に感動してたなー。 ガーガー あひる達も泳いでいます。 可愛い!! メコン川の風は気持ちがい…

続きを読む

ネパール陸路入国でインドの呪い

バラナシを出発した夜行バスは、ガタンゴトン道を走り続けました。 乗って来たバス。 そして、国境についたと起こされました。   眠い。 でも、空はすっかり明るくなっていました。   …

続きを読む

ヨーロッパ旅のはじまり。さあ、ここからが長いんだ

いよいよヨーロッパへと出発。 今日のポーランド行のフライトは、7万で買ったチケット。 しかし、アブダビ、ベルリンと2回乗り継いで行きます。   しかもクラクフの上を通り過ぎてベルリンなので、…

続きを読む

旅の音に出会う

宿に帰り、朝4時起きってのもあって、眠りこけていました。 そして、夜出かけることにしました。     鏡を見てびっくり!! 目が真っ赤になってました。   寝る前にコンタ…

続きを読む

ガンジス川の日常とネパールへのバスチケット探し

嘘つきインド人に振り回されながらも到着した宿、 ババゲストハウスからは、窓の向こう側にガンジス川が見え、 窓越しに眺めているだけでも、早く近づいて見てみたい!と掻き立てられるのです。   途…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link