香港 国内の変わった場所・おすすめ場所

川崎に九龍寨城があった!

投稿日:2018-05-25 更新日:

香港旅を終えて、余韻があるようなないような、早々と日常に戻っている今日この頃ですけれども。

香港で幻影を求めて、九龍城跡に行きましたが、なにやら日本にもあるそうなんです。そう。九龍寨城があるそうなんです!

しかも、現在も現役の九龍寨城とのことで。これはもう行ってみるっきゃない!!





ってことで、到着したのは神奈川県、川崎。

駅から少し歩いた所にありました。

なるほどー。外観からして立派な錆び具合。これは、本物は見られなかったけど、日本版ならではの何かが見られる気がする。

 

と言うことで、思い切って内部へと進んでみました。

薄暗い!!

 

そして、いまどき、ビルの中にこんな場所があったんだと思うくらいのなんていうか、スラムっぽさ。

 

あっちを見ても、こっちを見ても。

とりあえず、お店なんかもあるんだけど、果たして休業日なだけなのか、営業しているのか、よくわからないさびれっぷり。

そして、中国語ですね。やっぱり、九龍寨城にいた人々がたくさん移動して来たんですかね。

いちいち、どこかに出るらしき通路もちょっと進むのを躊躇するような雰囲気です。

手擦りはひっどいけど、水はちゃんと綺麗。

そしてやっぱり日本の噴水なんかでは見かけないデザイン。

龍が崇められています。

並んでいる建物の窓から、部屋の中が見えたのですが、下着が飾られていて、明らかに誘ってるとしか思えないんですけど。

でも、部屋の中も荒れていますね。

カーテンもかかってないから丸見え状態。そっと隠し撮りしてみた。

そして、

ここの部屋は、住人の何の趣味なのかよくわかんないけど、マネキンがベッドに寝ていました。

柱に貼られたたくさんの中国語。

うーん。

ここは、日本なんだよね。と、わからなくなってしまうくらい中国。

こんなとこ、探検するなんてやっぱり悪趣味だったかな・・・

 

で、でも!!

進入禁止の場所ではないし、たまーに人ともすれ違うし、その人達もいたって普通の人達ばっかりだし。

もうちょっと内部が見てみたいのです。

 

ってことで、進んで行くと、ちょっとだけ賑やかな場所に出ました。

さっきより明るくて、ちょっと安心するかも。

生活感も更に出てきた気がするし。

と、とりあえず。

お腹も空いたことだし、せっかくなんで、この中にある食堂でごはんでも食べようか。

 

ちょっと汚れ過ぎだけど、あんな感じの光景、よくアジアでは見かけるねー。

やっぱりここは、中国系だから、ダックがおすすめなのかな。

このお店入ってみるー?

って、入ろうとしたら・・・

 

ひいいいいーーーーーーー!!!!!

な、なんなんですか!?

ここは、お化け屋敷ですか!?

それとも、やっぱり九龍寨城がそのまんまこの場所に越してきていたのですか!!?

 

 

って。

 

もう、知っている人も多いとは思いますが、

ここは、なんとゲームセンターなのです。

九龍寨城を再現したゲーセンなのです。

中は結構広くて、フロアもUFOキャッチャーのエリアや、メダルゲームエリア。

卓球にビリヤードにダーツエリアまであるゲームセンターなのです。

ちっとも怪しい場所でもスラム街でもありません。

ちょっと面白いですよね。近くにあったら時々行きたいかも。

 

ちなみにトイレの内装も結構凝っていて、

女子トイレの中は、メルヘンチックだったり、可愛らしい内装なのですが、

男子トイレはやばいらしくて、

九龍寨城再びの、ちょっと長く入るのには、ビビりまくりの内装になっているのです。※ゴロー丸撮影

九龍城の面影を日本でも感じられる場所、

あなたのウェアハウス川崎。

川崎方面で、時間があまったら、ちょっと変わったこんなゲーセンを探検するのも楽しいかも。

ネットカフェもあって、ネットカフェは24時間営業のようです。

 

ちなみに、本物の九龍寨城跡に行った記事はこちら。

九龍城砦の亡霊に

 

 

あなたのウェアハウス川崎

HP:https://secure01.blue.shared-server.net/www.warehousenet.jp/store/storeinfo.php?id=210

※2020年現在、残念ながら川崎店は閉館してしまったそうです。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

 

+5

<sponsored link>







-香港, 国内の変わった場所・おすすめ場所

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
食べまくりで香港旅終了。フライトに間に合うのか!?
NEXT
初夏の東京ドイツ村

関連記事

生きたまま仏になるってどういうこと?

即身仏って知ってますか? 僧侶の修行の中でも、もっとも過酷で崇高な修行なんだそうです。 生きたまま自分が仏となった僧侶をそう呼ぶそうです。 生きたまま仏なんてどういうこと? それは、この後書きましょう…

続きを読む

微笑むたくさんの石像に会える愛宕念仏寺

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)は、世界で一番優しい気持ちになれるお寺かも。 三連休のど真ん中の日、嵐山は大混雑で竹下通りみたいになっていたのですが、 このお寺に向かうべくバスに乗り込むと、人はとっても…

続きを読む

海老ワンタン麺に一目惚れ

初の香港グルメにすっかり心奪われてしまいました。
香港の食べ物って、味はもちろん、どれも食感が日本で食べた事のない食感で美味しいんです。とにかく、ワンタン麺は絶対に食べなくては。

夜の重慶大厦を紹介

夜の尖沙咀でまた美味しいお店を発見。もはや、食べ過ぎです。言語とコミュニケーションについて考える会話もあり。そして、夜の重慶大厦の雰囲気を紹介します。

マカオを出国!そして尖沙咀に安心・・・しない

マカオを出国しました。そして香港に帰って来ました。ゴロー丸がターミナルであほなことをしでかしました。私はフェリーーターミナルで疲れ果てて幻を見ました。束の間ではあったけれど、再び帰って来た尖沙咀と重慶大厦の景色には、なぜかほっとしない。

嗇色園黃大仙廟でお参りをしてみよう

3大宗教が1つに集まり、すべての人の願いを聴き入れるという大らかな寺院がありました。
嗇色園黄大仙廟は、本殿以外にもあらゆるところに見所があり、見ごたえ充分。晴れた空が良く似合うお寺です。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link