旅日記 カンボジア シェムリアップ

また会おうね!!カンボジアの大好きなトモダチ

投稿日:2014-06-25 更新日:

来た時は、あんなに先が長く感じたカンボジアも、ついに今日発ちます。

ただ、このサウナ状態の女子ドミトリーに、7日間もいたことは、

物凄い修行になりました。(笑)

毎年、東京の夏に負けそうになっていましたが、

もうこれからは大したことない気がする!

こうして旅に強くしてもらってもいます。

 

 

まだ、バスのピックアップには時間があるので、

残ったカンボジアリエルを使いにゆきさんとコンビニへ行く事に。

 

下へ降りるとアリーがもうすでに居ました。

さ「おはよう!早起きだねー。」

ア「おはよう。君のためだよ。」

さ「ありがとう !!」

 

アリーが両手を広げ、いつものようにハグをします。

なんか今日、雰囲気違うね。アリー。髪切ったからかな?

あ、そうだ。

いつものなつっこい「マイシスター!」がないんだ。もうお別れだからかな。。。

 

コンビニから戻り、荷物をまとめて下へ降ります。

岡村さんは、売れっ子だから、今日もアンコールワットだろうな。

最後に会いたかったけど。

 

ちょっと寂しい気持ちでゆきさんとピックアップを待っていると、なんと岡村さん登場!!

さ「おかむらさーん!!!」

お「間に合った~!」

 

でもって、、、

 

ア「マイシスター!!!!」(*゜▽゜ノノ゛☆

 

あれ??アリーも一緒???

あれれ???さっきハグして朝のあいさつしたよね???(・・;)

横を見ると、さっきハグをしたアリーが!!!

 

えええー?アリーが二人!?どゆこと!!!Σ(・ω・ノ)ノ!

 

思わずゆきさんと二人で、顔を見合わせて混乱していました。(笑)

本物は、今岡村さんと来た方なんですよ。

で、偽アリーとハグしたのか?(笑)まあいいけど。ひょっとして、今までも???

 

そうしてる間にも、次々と他のトゥクトゥクドライバー達も到着して、

いつも通りの笑い溢れる朝になりました。

でも、いつも通りじゃないのは、私達は今日ここから去って、

明日の朝は違う町で目覚めるってことです。

私の心にはもう、寂しいって風がびゅんびゅん吹き荒れていました。

 

時間はほんとに容赦なくて、ピックアップもほとんど時間通りに到着しました。

本当にお別れです。

ひとりひとり、ドライバー達と握手をしてお別れをします。

 

そして。

 

お「絶対、また来てね。」

さ「絶対来るよ!!」

お「次は一緒に、ごはんを食べに行きたいな。」

さ「うん!行こうね。約束。」

 

この時の、岡村さんの寂しそうな顔は忘れられません。

そして、私もおんなじ顔をしていたことでしょう。

 

岡村さんとハグをしてお別れ。いつもはこういう時、必ず引き裂くというコントをするアリーも、今日は微笑ましく見守っています。

でも、私はアリーともさよならするの辛いよ。

 

ア「マイシスター。。ミスユー!」

さ「私も寂しいよ。。。忘れないでね。」

 

アリーとも、本当に最後のハグです。

 

そして、アリーは私の重いバックパックを持って、

ピックアップの車へ乗せてくれました。

 

岡村さん、アリー、そして他のドライバー達。

いつもこうやって私が出かける時、

いってらっしゃい。また後でねって言ってくれた。

私はあまり、トゥクトゥクを使わなかったのに、

「乗るかー?」「ううん。歩くー」ばっかりだったのに、

いつも笑顔で迎えてくれた。

本当にここのトゥクトゥクドライバー達はみんな温かかった。

 

岡村さん、アリー、

本当にこの先ずっと、

シェムリアップを思い出す時は、

アンコールワットではなく、あなた達を思い出すことでしょう。

 

「みんな、体、大事にしてね!元気でね!!」

 

本当に後ろ髪を引かれる思いで車に乗り込みました。

 

う。。。。うわーん。。。私、なんで日本に帰んなきゃいけないんだっけ?。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

涙のお別れです。

旅に出て、まさか自分がここまで感情溢れるお別れを、

カンボジアですることになるなんて、全然予想していなかった。

 

ピックアップの車は、通り慣れた道を走りだします。

岡村さんとアリーは、道まで走り出てくれて、

いつまでもいつまでも見えなくなるまで手を振ってくれていました。

そのふたり並んだ身長差は、本物のナイナイのようでした。(笑)

 

でも、本当に嬉しかった。

こんな素敵な出会いがあったなんて、本当に来て良かった。

旅に出て良かった。

 

ありがとう。

こんな楽しい一週間を。

私はずっと忘れません。

 

岡村さんのピュアな恋心を受け止め続けた一週間。(笑)

とっても優しくて楽しい岡村さん。

どうかこれからも元気で、日本人の女性にいっぱい恋をして、

そしていつか、本当に大切な奥さんを見つけて幸せになってね。

心から祈っています。

いっぱい笑わせてくれてありがとう。

アンコールワット連れて行ってくれてありがとう。

いつも投げキッスをありがとう。

毎朝、名前を呼んでくれてありがとう。

シェムリアップに来た朝、岡村さんが私を見つけてくれて、

声をかけてくれて本当に良かった。

友達になれて嬉しかったです。

 

そして、アリー。

まだまだ日本語もままならないのに、色んなこと、

一生懸命教えてくれてありがとう。

岡村さんの求愛攻撃からいつも守ってくれてありがとう。(笑)

私を見つけると、街中でも他の客を乗せていても、

「マイシスター!!」って手を振ってくれたね。

毎日、ハグをありがとね。

でも、これ以上、アリーに「マイシスター」ができたら、私は妬いちゃうかも(笑)

お兄ちゃんを独占してみたかったひとりっこより。

 

ああ。本当は、もっともっといたかったけど、私はやっぱり先へ行きます。

いつか絶対、また戻ってくるから、

私の事、片隅にでいいから置いといてね。忘れないでね。

ペットロスの私をたくさん笑わせてくれてありがとう。

 

バンコクへ戻るバスに乗ってからも、このお別れはちょっと、

本当に本当に寂しかったです。

窓の外のカンボジアがだんだん遠くなりながら、

シェムリアップも遠ざかるのを感じていました。

 

ほんっとうに久しぶりに聴いたウォークマンからは、

Demi Lovart の Believe in me が流れてきました。

こういう時に聴くと、ほんっとうに切ない。

でもまた、もういっちょ新しい旅の始まりだ。

もうひとふんばり。

きっと、また素敵なことに出会えることでしょう。

 

そしてすぐに、タイとの国境に到着しました。

 

ここを越えたら。。。本当にカンボジア、遠くなっちゃうんだね。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, カンボジア, シェムリアップ

執筆者:


  1. うえまこ より:

    いつも、ブログ拝読させてもらって、

    カンボジアの旅、

    心配もありましたが、

    すごく良かったです。

    有難うございます。

    ポロポロ~・・・

  2. おっさんバッグパッカー より:

    目線

    私達は仕事でアジアをまわっていますがサヨさんのような目線でその国をみたことがありません。勉強になりますね。

  3. Sangria より:

    旅の別れって本当に切ないし辛いですね。
    この先にまた沢山の素敵な出会いがサヨさんに訪れることを祈っています(‘-^*)/

  4. m-fleck より:

    岡村さんやアリさんたちとの絡みが明日からないなんて
    読んでる私も寂しいです(´・ω・`)

    また近々逢いに行って下さいね(笑)

    私はカンボジアは100%どっぷりとツアーでの観光だったので
    ガイドさん以外の現地の方との触れ合いが全く無くて、、、残念。
    こんな素朴で純粋な人たちだったなんて!!

    でも
    今いるカンボジア人は みんな あの恐ろしい時代に生き残った
    奇跡の人たちの子孫ですもんねo(^▽^)o
    優しい国民のいる穏やかで豊かな国に発展していくと思います★

  5. シズねーさん より:

    旅の終わりは

    別れもつきものなんですね。
    旅行と旅の違い
    をはっきり見たようです。

    なんだか、サヨさん数年後
    どこかの国で宿屋(あえてね)してそう

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
せつない
NEXT
この旅史上最悪の国境越え カンボジアからタイ

関連記事

うそつきの旅人になった日

タージマハルを出ると、入る前に「お土産買って行って」と凄い勢いでついてきた少年が、 まっしぐらに私達を見つけてきました。 「僕、待ってたよ!」   さっき、軽い気持ちで、日本語はわからないだ…

続きを読む

タイ国境の町、チェンコーン

夕方4時ごろ、バンはタイ国境の町、チェンコーンに到着しました。   今日は、ここの宿で一泊します。 すでに、スローボードの日程に組まれているので、 ここはツアー会社が手配した宿。   今まで…

続きを読む

世界一標高の高い都市の洗礼 ラパス空港から市内へ

空港からは、乗り合いバスで市内まで移動します。 空港を1歩出ると、タクシーのおっちゃんが次から次へと声をかけてくるけれど、 乗り合いバスで行くって言ったら、「乗り場はあっちだよ。」と教えてくれました。…

続きを読む

トゥールスレン虐殺博物館 2

カンボジア プノンペン トゥールスレン虐殺博物館 前回の記事からの続きです。 そして、ここの棟は独房として使われていました。   有刺鉄線で覆われた入口。 収容者が逃げられないように張り巡ら…

続きを読む

ボリビアを去る日 旅でのお別れの空気を思い出したよ

サンライズの時に、写真の為に、何度も何度もジャンプさせられ、 鏡張りの水が乾くと、すっかり塩まみれになってしまったゴロー丸のズボン。 さすがにこりゃちょっと、白カビみたいで汚いので、民族っぽいズボンを…

続きを読む

クウェー川鉄橋で出会った”今”

かなり大きなにわとりの声で目を覚ましました。 うーん。健康的! 今日は、めいっぱい観光をします。   宿を出てすぐ目の前にあるレンタルサイクリングで自転車を借ります。 ちなみに自転車を借りる…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link