旅日記 ラオス スローボード ルアンパバーン

メコン川から見たラオスの景色 Part2

投稿日:2014-03-18 更新日:

やがて、今日ものんびりとラオスの空は晴れ渡り始めました。

今日も、ボードの中は、相変わらずの欧米人のうるささなので、ウォークマンで騒音シャットアウト。





 

この旅にあと少しで手が届くって言う去年、すごく精神的に滅入ってた時期がありました。

旅に出るために頑張るんだって気持ちと、こんな想いしてまで旅に出るの?って気持ち。

それでもゆるぎなく、旅を選ぶ自分がいたけれども。

そんな頃、深夜テレビでABC-Zのオーストラリア縦断の旅がやってたんですよ!

もう、あれ見るの楽しみで。

オーストラリアにはまだ行ったことがないけれど、

やっぱお隣だけあって、空の色がニュージーと似てたんですよね。

それと、本気で旅しているあの明るさに、私も絶対旅に出るんだって励まされていました。

本気で、よく耐えた自分。

聞こえてる?あなたが前を向き続けた旅にちゃんと来てるよ!!

 

やっぱりスローボードはのんびりです。

今日も、ラオスの雄大でどこか懐かしい景色を、メコン川よりお送りします。

 

ボードは、いくつもの岸に停まって、村人を降ろしていきます。

 

誰かの帰りを待っているのかな?

こんな風にただ佇んでいる子供達の姿でさえも、懐かしくさえ感じる。

日本ではもう見られない光景ですね。

 

この岩の上に立つ階段みたいなの、なんなんでしょうか?

頻繁にあったんですが。。

 

漁をする男性。なんだか凄く絵になってます。

 

ハロン湾も行くけど、一足先にハロン湾っぽい岩が。


 

洞穴の中に建てられているお寺。


きっとここも、もう少ししたらラオスが有名観光スポットになって、観光客が溢れたりするのかな。

そんなラオスは、寂しい気がする。

 

メコン川へと根をのばす木々。本当に木が生きているって感じがしました。


ちなみにスローボードですが、後ろの席の方が風の抵抗が弱いからか、

あまり寒くないように感じました。

そして、左側は直射日光が当たるので、日中はちょっと暑いくらいでした。

 

ラフィーナは、ずっと日記を書いていて、ふと見るとノート一面に細かくて可愛い絵が!

メコン川とスローボードのイラストでした。

「すごーい!絵、上手だね!」

「ありがとう。ただの趣味なんだけどね。」

 

いやいや。もはやただの趣味なんかじゃないくらい、凄いよ!

「私は旅をして、見た景色を頭の中で変えて絵にしているの。」

なんだか、凄いよ。芸術家だよ。

自分の趣味も、旅に混ぜていけたら楽しそうだな。

絵と一緒に旅するのが、あなたの旅なんだね。素敵!!

 

 

そして16:00過ぎ、ようやくルアンパバーンに到着しました。

ただ、乗ってただけだったけど、疲れたー!!

 

しかし、ここからまた移動なんだな。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ラオス, スローボード, ルアンパバーン

執筆者:


  1. まーくん より:

    私も3月にスローボートに乗りましたので、懐かしくて拝見しました。私はルアンパバーンから乗ったので、逆方向でしたが、船内はガラガラで中々よかったです。お客さんは白人と地元民だけでした。
    岩場の上にある階段状のコンクリートは浅瀬を示す航路標識かなと思いました。雨期になると、岩場が水面下に隠れてしますので、完全に隠れないように高くしているのではと。。。

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
スローボード2泊3日の旅 最終日スタート
NEXT
ついにルアンパバーン到着!

関連記事

マカオの大砲台が並ぶモンテの砦

マカオの戦跡はモンテの砦です。今は見晴らしのいい絶景が見られる場所でも、ぐちゃぐちゃな人間の戦争に対する感情があらわになっている場所なのです。

初めてのカンボジアごはん

ついに女子二人旅と言うことで、なかなかの喧嘩を繰り広げながらも、 なんとか宿に到着しました。     3泊、お世話になるプノンペンでのホテルはこちら。 Pra-Tna Guest …

続きを読む

国を越えるって事は、晴れたり曇ったり

さあ、ポーランドへ戻ります!!! クラクフへと戻ってしまえば、あとはもうゆっくり。 一安心。   でも、最後まで、日本に着くまで、いやむしろ、家に着くまで、 気を抜いちゃいけないけど。 &n…

続きを読む

そして旅の仲間は解散した

朝、8:30起床。   いよいよ、今日はチェンマイへ出発する日です。   支度を済ませて、下へ降りて行くと、既にもうカツさんもヒロシさんも 起きてのんびりしていました。 &nbsp…

続きを読む

ここまで清く正しい旅をしてきたけど・・・

サルタの町って、爽やかだけど、なんだか住んでる人たちが明るくて、 ラテンって感じで楽しんでいるけど、落ち着いてもいる雰囲気のいい所。   町の中心でもある7月9日広場には、人が集まっていて、…

続きを読む

ユダヤのエリア、カジミエシュ地区へ

ランチに、クラクフ名物のObwarzanek(オブヴァジャーネック)という、 街のいたるところで、屋台で売られているパンを買いました。 1.60ズオティー(44円くらい) とっても大きくて、製法はベー…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link