旅日記 タイ バンコク 負の世界遺産など

シリラートの死体博物館に行く

投稿日:2014-01-25 更新日:

で、向かうはシリラート法医学博物館と解剖博物館です。

スイマセン、悪趣味ですね。

 

ここは、本物の人間の体がホルマリン漬けにして、標本として並んでいるのです。

まだ、そんなに海外に興味がなく、若気の至りで

バンドなんてやっちゃってた頃、PCも持っていなくて、

友達の家で見せてもらったPCの友達おススメサイトでこの博物館の存在を知りました。

(奴がなぜ、そんなサイトを見ていたかは、謎)

 

日本でも、人体の不思議展とかやってた時に、ちらっと目にしたことはあるにせよ、

当時の私は凄くショックを受けたのでした。

いつか、タイに行く機会でもあったら、い、、、いってみようかな。

と、当時、純粋な?私は、そう思ったのでした。

 

それから数年後、

私、来たよー!!

君があの頃ぼんやり思ってた場所に。

 

なんか、これは個人的に凄いなと思うのです。

何かの力の導きというか。

まぁ、死体博物館ってのは、あれだけど。

 

昔、自分が偶然何かで見た、しかも海外の場所に来たっていうのは、

きっと凄いプレゼントだと思うんですよね。

 

でもって、解剖博物館の方から。

 

ここは、無料なのですが、受付で記帳をします。

簡単に名前、国、などでした。

で、階段をあがって、

3階へ来ると、いよいよです。

 

あ、苦手な方は、写真注意してくださいね!!!

まずは、軽いジャブとでも言いますか、骨などの展示室から。とは言え、充分、凄いものも写ってますが。。

 

この時、客はあまりいなくて、私と欧米系のお兄さんの二人きりでした。

悪趣味だからかな??

 

そこから奥の部屋へ行くともう、輪切り状になってる腹部の標本とか、それ以外とか、

ホルマリン漬けの臓器とか、切断面とかが並び、

まるまる人間の体もあります。

 

おびただしい数の赤ちゃんの標本も並んでいました。

 

全部、本物です。

 

 

でも、なんかこれ、本物なんだなぁという感じで、そんなに恐怖みたいなのはありませんでした。

ただ、双子や幼児の標本を見るのは、ちょっときつかったです。

 

こんな量の人体を、どうやって集めたのか。何の人達なのか、

たぶんどころか、かなり私は無知な人間なのだと思います。確実に。

こういうのの怪しい話も都市伝説程度には聞いたことあるし。

 

あとは、動物や魚の標本。

 

でも、ネットで見てた感じの暗ーい怖い雰囲気は全然なくて、

むしろ無数の窓から光が差し込んで明るい。

まぁ、ネットはそういう不気味感作っていますが。

 

でもでも、もう一人の彼が先に出てしまったら、私ここに一人!

それだけはちょっと避けたい。

お兄さん、お願い私を一人にしないで!!

心の中で叫びながら、さっさと出ました。

 

なのに、懲りずに次なる、法医学博物館の方へ向かいました。

こっちはちょっとわかりずらくて、何人かに聞きました。

 

で、まずは1階の受付でまた記帳。

2階へあがると、カウンターがあり、お姉さんがいます。

こっちは、入場料20バーツ。

 

無料の方に比べると、今度は細かい説明なども載っています。

で、こっちの方が、事故や事件などの犠牲者の写真もあって、

写真を見るのがちょっと気持ち的に大変でした。

 

一体まるごとの人体もいます。

それらの人体は、極悪犯罪を犯した人達なんだそうです。

さすがに写真撮るのは、躊躇してしまいました。

なので、こちらの館内の写真は一枚もありません。

 

あとは、2004年の津波の写真やその時の模型の写真もありました。

なんか、グロさを押し出している感じではなくて、

偶然の人間の日常に遭ったことを、淡々と紹介している感じなのです。

だから、この病院の敷地内にあるんだろうけど。

この、不思議である意味、理にかなっている感じがタイなんだなぁと、

そんな事を思っていました。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

+1

<sponsored link>







-旅日記, タイ, バンコク, 負の世界遺産など

執筆者:


  1. エルキャット より:

    こんな場所があったんですね・・・

    こんにちは。勤務中にこっそり見ていたら更新がされていましたね。

    タイにこんな場所があるなんて知りませんでした。
    サヨさんが記事にしていなかったらこれからも知らなかったことだったと思います。ありがとうございます。

    でもでも、サヨさんがバンドやっていたんですねw何を担当していたのかもチョット気になりますw

    「本当はタイよりも私に興味があるんじゃないの?」なんて意地悪な事言わないでくださいね(笑)

  2. HIDE THAI KhonKaen より:

    ちなみにタイは遺体が安いので、コンケン大学には日本人医学生が勉強しに来ます。

  3. acorn☆ より:

    たくさんの更新~嬉しいです♪

    本当に、わくわくどきどき…しながら読ませていただいています^^

    人体の不思議展15年以上前に行きました^^;その時も思いましたね。この方たちはどこから?って。後にその出所含めていろいろと週刊誌に載ったような?でも、あれも、十分死体博物館だったと思います。しっかり、まじまじ見ましたよ、私(>_<)こちらも、興味深いですね。

    更新楽しみにしています。お気をつけて、楽しんでくださいね(^^)/

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
初めての水上船移動とシリラート病院での体験
NEXT
ワットポーの寝仏さん

関連記事

アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港での過ごし方

ブエノスアイレスを出て、2時間、 チリのサンティアゴ、アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港に到着しました。 いやほんと、長距離バスばっか使ってると、飛行機ってはっやいなぁーと感動レベル。 時間さえあ…

続きを読む

タイ国境の町、チェンコーン

夕方4時ごろ、バンはタイ国境の町、チェンコーンに到着しました。   今日は、ここの宿で一泊します。 すでに、スローボードの日程に組まれているので、 ここはツアー会社が手配した宿。   今まで…

続きを読む

サイドカーにワンさんな生活

のんびり起床です。 この部屋にはありがたいことに蚊帳がついているので、 蚊知らずでゆったり寝られます。 あの上のレースをほどくと、蚊帳が降りてきます。 快適!!     今日も暑く…

続きを読む

なんとしてでも行くのだ!でもチェコの鉄道は大苦労。。。

移動続きの上、昨日スーツケースを引いて街を歩き回り、お釣りを騙され、 夜景を観に行ったら、周りは恋人ばっかりで心から誰かと見たくなって、ヤケ一人旅を楽しむっていう、 ひたすら観光スケジュールをしていた…

続きを読む

なにはともあれ、またね!ホイアン

とりあえず、いったん落ち着いて。(笑)   なにはともあれ、ホイアン最終日なわけです。 夜には、バスに乗って次の町。   ハマりまくった、バナナケーキやパンを売る屋台にもお別れです…

続きを読む

ヴィクトリア・パークと渣甸坊を歩く

香港最大の広さと言われているヴィクトリアパークで出会った以外な異国文化。香港に来て、これに出会っちゃうとは。
また、香港島の女人街と呼ばれている渣甸坊も歩いて、やっと買いたい物に遭遇。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link