旅日記 タイ アユタヤ

ワット・プラ・マハータートとタイの蘭を売る花屋通り

投稿日:2014-02-09 更新日:

続いて、世界遺産を見に行きましょう!

なんか、大魔道士みたいな名前の遺跡です。




 

ワット・プラ・マハータート

ここも、もちろんビルマ軍に破壊された遺跡が連なっていますが、

とても見応えのある場所で、人気の観光地です。

ワット・ラーチャブーラナはすぐ隣なのに、そんなに観光客がいなかったけど、

こちらは集団をはじめ、かなり賑わっています。

 

首のない仏像が並びます。

首のない仏像と遺跡と言う意味では、ワット・ラーチャブーラナと同じですが、

マハータートの方では、ここを有名にしたとある物が観られるのです。

 

見えました。

そう、それは、

 

がじゅまるの樹に飲み込まれていく仏像です。

決して造られた物ではなく、自然にこういう姿になったということで、世界的に有名になったのです。

 

これ、友達に写真を送ったら、凄く不気味だって声が多かったんですが、

実際は、不気味というより穏やかでした。

時の流れに逆らわず、ただただ静かに飲み込まれていっているように感じました。

何度も、ここが破壊されていくのを見てきたんだろうけど、今はここには争いはなくなり、やっと安心できたのでしょう。

 

殺められているのではなく、包み込まれているのです。

まるで、幸せに眠っているようです。

 

 

凄いなぁ。

ここは、昔のままだなんて。

 

ここに佇む遺跡も、樹も、風も、

みーんな、時代を超えて存在し続けているんだね。

何を見てきたんだろう。

そして、今はどんな時代ですか?と、長生きすぎるこの場所に聞いてみたいです。 

 

 

さぁ、やっと見ることができました。

すぐ近くにあったのに、遠かったなぁ。。。

でも、その分、感慨深い。。。。かも。

 

そして、その後は、近くにある花屋さんが並んでいる通りへ、

蘭が大好きな母に写真を撮って見せてあげたいので、来ました。

毎年、東京ドームでやっている世界らん展に行っているんですよ。

母に連れられて。

今年は、一緒にいってあげられないけど。

 

で、色んな国から花を売りに来ていますが、高いんですよね。

でも、ここで見るとやっぱり安い!

だって、日本円にして数百円ですよ!

 

あーあ。

叶うなら、お母さんに買って帰ってあげたいくらい。

 

そして、目的全部終わっちゃった。

 

 

かと言っても、まだ宿には帰れないし。

さあ、どこへ行こうかな。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

0

<sponsored link>







-旅日記, タイ, アユタヤ

執筆者:


  1. ちゃりこ父 より:

    こんにちは。

    ガジュマルの仏像、怖すぎっ!

  2. ちゃりこ父 より:

    >サヨ@女一人旅さん

    恐れる対象、って、例のアイツか。

    でも、ブログ上では私もつきまとっているように思われちゃうから気をつけます(笑)

  3. poko より:

    サヨちゃんへ

    私も旅行で・・わ~凄いと思って撮った写真を

    日本で現像して写真で見ると・・実際に見たイメ

    ージ違いますので・・

    サヨちゃんが、写して、私達が見ているのですが

    もっと感動的な建物や遺跡だと思います。

    勿論、植物や風景・・果物・食べ物なども・・

    とにかく・・羨ましいです。

comment

PREV
ワット・ラーチャブーラナ
NEXT
動物は人間の友達ですね

関連記事

台湾のローカルなローカルな何もない駅”八堵”

はい。 四苦八苦しながら、なんとか平渓線の旅へ向けての電車にやっと乗れました。 車窓の景色は、段々と都会を離れていき。。。   やがて、山ばっかり見え始めました。   平日の午前中…

続きを読む

ペスト側からは美しく、青くはないんだけどドナウ川!

ブダペストと言えばここ!!   ドナウ川と、ドナウ川に架かるくさり橋・セーチェーニラーンツヒード   ブダペストは、ここドナウ川を挟んで、向こう岸”ブダ”とこちらの岸”ペスト”の地…

続きを読む

この旅で一番衝撃だった事故

私はどうも、時々交通事故を目撃することがあって、 それまた海外でもしかりで、 その後は、寝込んでしまうのです。。。   ひとまず、元気にプエルトイグアスを去り、ブエノスアイレスまで24時間オ…

続きを読む

私のイングリッシュネームをつけてくれたのはバラナシのインド人でした。

今日もバラナシは、思いっきりバラナシです。 まずは、昨日予約したネパール行きのチケットを受け取りに、 あの路面店みたいな小さなお店へと向かいます。 (詳細はコチラ→ ガンジス河の日常とネパールへのバス…

続きを読む

パナン・チューン寺 そしてもう一人のサムライとの出会い

せっかく、こっちの岸に来たので、行ってみたい気になるところは。。。 日本人跡! 名前の通り、日本人がかつて住んでいた跡地。 歩いて行けるかなぁ。。。うん。行ってみましょう! 乗り物系のおっちゃん達をか…

続きを読む

ワローロット市場を歩こう!

かよさんに、はるこの話をしました。 今は、はるこの話はたくさんしたいけど、誰彼かまわず話しているわけでもなくて、 ましてやペットロスなんて、みんながわかってくれるわけでもなく。 でも、なんとなく話す人…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link