旅日記 インド デリー

人生初のインドの列車

投稿日:2018-09-05 更新日:

メトロに乗って、おススメされた駅に来てみたものの、

結局おすすめのお店が良く分からず、さっさと次の観光場所に移動することに。

 

しかし、時間がないのですよ。

もうちょい、デリーでゆっくりするスケジュールなら観光できるものの、

先を急ぐもので。

でも、またインド来るだろうし、

その時どうせまたデリー来るだろうしな。すでに次の旅の空想。旅バカ。

 

 

ひとまず、ニューデリーのへそと呼ばれているらしい、

コンノート・プレイスに来ました。

ここは、ぐるっと円を描いた形になっているんだけど、

それでも都会なんで道が広い!

 

ひとまずモスクに行ってみようとしたけど、

ここでも何の用なのかインド人が話しかけてきました。

「僕は、長澤まさみのガンジス河でバタフライに出たんだよ。」

おい!本当か!?しかも、結構古いぞ。

 

結局、この人を相手にしているうちに、時間がなくなり、

デリーを出る時間も迫っているので、荷物をとりに宿に戻ることに。

 

なんだか、まだ被害はなくとも、早速インド人の手口にはまっている気がする。

”気付いたら騙されてた”っていう意味がわかる気がする。

インド人は、話をしてもインド人。

他の国とはやっぱりちがうー。話しながらも隙は見せないようにしないと。

 

宿に戻り、お礼を言ってあっという間にデリーを出発です。

サンタナは、本当に親切な宿でした。

最後も水を買って行こうとして、細かいお金がなかったから、

おつりがないからと負けてくれました。

本当に感謝。

またいつか来るだろうな。

朝ごはん泥棒 には参ったけど。

 

さて。

サンタナからニューデリー駅までは結構近いので、歩いてすぐ到着しました。

大きな看板も目印だし、

 

入り口も大きくてわかりやすいです。

駅自体も立派な建物ですね。

インド、都会なんだなぁーって思っちゃいますよね。

 

しかし、

こんなところに思いっきり、ザ・インドが!

チケットを求める人の列。

こんな行列に並んでいたら、一体いつ乗れるんだろうと気が遠くなりそう。。。

これは、ハードル高いなぁ。

 

でも、外国人には外国人枠があって専用のチケット売り場があります。(2階)

そこでは休みなしで24時間チケットが買えるそうなんで、大丈夫です。

閉まっているとか嘘ついて高額チケット売りつけてくるインド人が、

この辺では多いそうなんで要注意

時間がない旅では、日本人宿でチケットとってもらえるとすっごく楽ですね。

 

では、駅の中へ進もうー!

地べたに座り込んでるのは、なかなか他の国では見ない光景だけれども。

電光掲示板がちゃんとあります。

 

掲示板で乗る電車を確認したら、さっさとホームへ。

しかし、歩いているだけで、勝手にその辺のインド人が、

「入口あっち」とか教えてくるけど、

これは善意なんだよね?そうだよね?疑心暗鬼

 

やたらと声をかけてくる国と言えば、ベトナムで乗り物系ドライバー複数人から、

「俺は○ドン」「こっちは○ドン」「どこ行くんだ」

「ホテルどこだ」「アーダコンダ」「アーダコンダ」と、一斉に囲まれ、

うるさーーーーい!

って、キーッてなって、一緒に居た男の子達から笑われたことを思い出します。

 

しかし、インドは、目的不明。

いや、言って去って行くんだから、善意だと思おう。

たとえ、それが全く間違っていた情報だとしても。

 

あ、ついつい親切とは何かって考え込んじゃいますね。

もとい、

入口はここ。

乗り物などに乗る時にちゃんと荷物検査があるのは、返って安心なんだけど、

どうもこうもインドだと、安心度がそんなに上がらないのはなんでだろう。

なんでだろうとか、今さら愚問。

 

ホームに入ると、いくつか売店などがあって、

食事するとこや軽食を買えるとこもあります。

とにかくインドが暑過ぎて、食欲ないけど、

マフィンを1つ買いました。

10ルピー=17円くらい

ほんと、安いって嬉しい。

それと、


オレンジジュースだと完全に思いこんで買った飲み物は、

マンゴージュースでした。

激甘!!

ちょっとー。こんなとこでも勝手に思い込んでいる常識が、

いとも簡単にひっくり返されて笑う。

やっぱりインド、面白過ぎる!

自分の狭い日本での常識は、世界の非常識ですな。

 

いよいよ、乗る列車が到着しました。

インドの列車も車両がたくさんで、とっても長いです。

座席はスリーパークラス。

本当は、快適にエアコン車が良かったけど、

なんせ昨日の今日じゃとてもとれないらしく、

それでも移動はしたいので。

 

でも、これでインドの普通の人達の経験が味わえるし、

垣間見られると前向きに考えます。

ってか、私のレベルにはこれがぴったりだよね。友人にとっては、いい迷惑だよ。(^▽^;)

 

エアコンないけど、座席は指定席。

しかし、上段下段とある席だけど、私達の席はなんと上段の方。

これ、バックパックを担いで登るなんて、なんの修行ってくらいに大変。

登るためのはしごなんかもないし、よじ登り状態で、かなりきつかったです。

 

でも、近くにいたインド人が心配してくれたり、

はっ!( ̄□ ̄;)

これ、本当に心配してくれてるんだよね?いい加減、自分でもしつこい疑心暗鬼

 

やっぱりインド人、悪くないです。結局落ち着くのはここ。

 

電車の感想としては、かなり座席は低くて、まず立てません。 

背も高くて座高もある欧米人だったら、かなり座るのも無理だろうなと思う。

ファンが真横についているのはまあいいですが、そんなの気休め程度で暑い!!

下段にある窓は全開ですが、音がうるさい。

すっごい揺れます。

でも。。。

楽しい。

やっぱり旅感がたまらない。

 

実は、初めてタイで夜行列車に乗った時、かなり酔いまくってしまったので、

列車の旅は心配だったんだけど、

インドの列車は他の過酷さの方が勝っているからか、大丈夫でした。

 

次の目的地までの間、とにかく色んな人が色んなものを売りに来ます。

お菓子やらチャイやら、なんだろう?ってものやら。

 

ひとまず、次の目的地までは3時間程度なので、あっという間です。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, インド, デリー

執筆者:


  1. スティーヴ より:

    お早うございます♪

    サヨさんの写真は可愛いですね!
    インドには、B型がかなり多いそうですが、サヨさんもそうでしょうか?

  2. ぐるくんのからあげ より:

    寝台列車

    この寝台列車は昔ソ連(ロシアではありません)にいったときの乗ったシベリア鉄道の支線、ナホトカ、ハバロフスク間に乗ったことを思い出します。

    あの列車もすごかった。いつ発車するかわからないし、到着駅もアナウンスしないんですよ。

    インドはそれ以上な感じですね。

    楽しく読んでいます。

  3. でみこ より:

    初めまして

    以前からブログ村ランキングの方からブログ読ませていただいてます!

    とうとうインド旅始まったんですね☆

    私はインドを愛する旅人です。

    初めてインドの鉄道に乗ったときの事、すごく思い出して・・・ワクワクしてしまいました(笑)でコメントに至りました。
    絶対さよさんが乗った鉄道の等級間違いないです!!
    物売り、物乞い、素敵なインド人ete。
    飽きないですよね?暑さと臭さと汚さ何て忘れるぐらい(笑)

    さよさんのインド記事読みましたが共感することたくさんありました( ´艸`)

    私。インド好きなくせにバラナシ行ったことがありません。更新楽しみにしてます。

comment

関連記事

恋人たちの公園、ミラフローレスの岬

サン・イシドロ区から、40分くらい歩いて到着したのは、 ミラフローレス地区の海岸です。 リマの中でも、おしゃれだと言われているこの辺りは、 恋人達にとっても絶好のデートスポットのようです。   なんて…

続きを読む

アンコールワットの朝日

4時起床。 眠いけど気合で起きます!   カンボジアは暑過ぎなので、水シャワーもちっとも苦じゃありません。 ヤマトのドミのサウナ状態も手伝って、 シャワー浴びて、扇風機に当たりながら支度をし…

続きを読む

カオ・プーン洞穴へ、ひたすら自転車をこいで

さぁ、どんどん今日は観光しますよ! 次なる目的地は、カオ・プーン洞穴です。   洞穴とか洞窟とか風穴とか、大好き! ちょっと遠いみたいだけど、これは行くっきゃないでしょう。   っ…

続きを読む

ヴァヴェル城の見えるヴィスワ川で鳥あつめ

雨の中央広場はやっぱり静か。。。 そもそも、昨日空港で観光客ほぼいなかったけど、 この街に観光客というのは足を踏み入れてもいいのでしょうか、と心配になるレベルです。   建物は、きれいなんだ…

続きを読む

嗇色園黃大仙廟でお参りをしてみよう

3大宗教が1つに集まり、すべての人の願いを聴き入れるという大らかな寺院がありました。
嗇色園黄大仙廟は、本殿以外にもあらゆるところに見所があり、見ごたえ充分。晴れた空が良く似合うお寺です。

ビジャソンでのルカとの出会い

PM8:00、ウユニを出発したバスは、夜道をずっと南下していきます。 オンボロバスにも、長距離バスにも慣れてるし、しっかり準備もしていったけど、 それでもこのバス、本気ですきま風がびゅうびゅう吹いて、…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link