旅日記 チェコ プラハ

おとぎ話のような街プラハの早朝を歩く

投稿日:2016-06-13 更新日:

バスは、道端で降ろされることもありってガイドブックには書いてあったので、

東南アジアの”ここどこ?”再びかと思って心配してたけど、

ちゃんとしたプラハのフローレンツバスターミナルで停まってくれました。





 

すでに、バスの中から見えた街の様子が、今までとは全く違って、

これがおとぎ話の世界って言われるチェコかぁ!と、秘かにどきどきしていました。

 

まだまだ朝5時半前です。

宿は、バスターミナル徒歩圏内にとってあったけど、さすがにチェックインはできないので、

一足先に、街をふらふらしましょう!

 

と、、、とりあえず、

 

バスターミナルが大きすぎて、出口がどこなのかもわからないのであります!(`・ω・´;)ゞ

 

若干うろちょろしてたら、アジア系の現地人っぽいお兄さんが、何か困ってる?と

話しかけてくれたので、ついでに宿までの近道を教えてもらって歩き出しました。

やっぱり、アジア人見るとほっとしますね。縁がなさすぎて。

すれ違ったチャイナの夫婦ともにこやかに挨拶。 チャイナのいいとこ見つけに、リベンジしに行くからな~。

ポーランドと違って、チェコにはアジア人がちらほら居て心なしか安心します。

 

しかし、早朝の裏道、ほんと人がいませんね。観光地とは思えないくらい。

それでも、時々同じ日本人と思われる、SONYのカメラのリードを首から下げたおじちゃんと、すれ違いましたが、話す機会も挨拶する機会も、目もあわなくて。

前の旅の時も感じた、すれ違う人と、一瞬でも通じ合える人とがいて、

旅先では、その差はとても大きいと思う。

日本にいると感じることもないけど。

 

今回の旅でもすでに出会った色んな国の、

挨拶を交わしたり、目が合って笑い合っただけの人でさえも、

一瞬を、お互いの存在を確認したのとしていないのでは、それは全然違う。

それが、目に見えない糸ってやつなのかもななんて。

 

それでも、その場所に居なければ出会えなかった幾つもの出会いが嬉しくて、

やっぱり旅は素晴らしいと思う。

 

あ、そんな事考えてる間に信号変わりましたね。

チェコの信号は、押しボタン式です。

歩行者の時間、かなり一瞬過ぎて、もうちょっと、足の長さを考えてくれよっていう青信号の時間だったりするんですが、

ポーランドもそうだったけど、チェコも車が突っ込んでくることとかなくて、

信号以外のところでは、渡ろうとしてると停まってくれる車が多いんです。その辺、余裕があって大らかですよね。

 

ヨーロッパ人って、歩行者もかなりちゃんと信号守ってるんです。

それが、意外でした。

 

これは、旧市街の中でも結構目立つ火薬塔です。となりは、市民会館

クラクフから来たからってのもありますが、プラハの中心地、結構入り組んでいて、

道がわかりにくい感じでした。

 

でも、この火薬塔、高くて目立つので、これを目印にすると行きたい場所に行きやすいです。

 

見た通り、とても古そうなこの火薬塔の建物は、かつては街を取り囲む城壁の一部で

旧市街への入り口だったそうです。

 

でも、戦争でやっぱり被害を受けたため、今は修復後の姿です。

それでもなんか、今までになかったゴシック建築にテンション高まります!!

 

しかもこの火薬塔を抜けると。。。。

 

可愛い雑貨で有名なプラハの、たくさんのお店なんかが並び出すんですよ。

もちろん、まだまだ閉まってますが、これは後で来るのが楽しみだぁ!!


そして、可愛いお店なんかを眺めながら歩くとすぐに、旧市街広場に到着です。

 

 

この広場を象徴する大きなヤン・フスさんの像

 

しかし。。。

 

クラクフもなかなかだと思っていたけど、ヨーロッパの石畳、

こうやって、スーツケースをひいて歩いていると、なかなか手ごわいです。。。

 

特にプラハの石畳はほんとに細かくでこぼこしていて、かなり道との戦いです。


まぁ、バックパックの重さをとるか、スーツケースの転がしの不便さをとるか問題ではあるが。。。

 

しかし!

 

そんなことで、めげてはいられません。

まだまだヨーロッパ旅も序盤。

 

とばしていくぞー!! おー!!

 

 

って、旅の気合を再確認したところで、

プラハの美しさを見るならココ!!のヴルタヴァ川を見に来ました。

さぁ、みなさんモルダウをBGMにお楽しみください。

 

Manesuv橋

遠くに見えるのは、プラハ城です。

 

有名なのは、カレル橋の方なんだけど、私はこのマーネスーフ橋の方が混雑していなくて好き。

これぞ、ヨーロッパの美しさって感じですね。

 

自然の美しさそのままと、それをうまく生かした、景色を邪魔せず溶け込む橋も。

ほんとに素敵です。

 

寝不足ピース!!

 

ヴァヴェル城も綺麗だったけど、

このヴルタヴァ川と白鳥って組み合わせがすっごい似合ってます。

ここに住んでいる人たちは、この景色が日常なんだから、なんだか凄いですね。

色んな問題もこの景色とともにあるなら、意味すら変わってきそうだよ。

ヨーロッパってひとくくりにして呼んでも、こんな穏やかな場所もあるなんて、

深く感じることもなかったなぁ。

 

この景色も、歴史的建造物も、楽しく暮らす白鳥達も、

もう二度と時代の渦に巻き込まれませんように。

 

これは、ルドルフィヌムという芸術家の家。

中は、コンサートホールやギャラリーだそうですが、建築に10年かけて造られたそうです。

プラハ、行った人達が言っている通り、やっぱり素敵な町ですね。

素敵な時間を送れそうです。

 

 

さてと、チェックインチェックイン。

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, チェコ, プラハ

執筆者:


  1. うしおクローバー* より:

    Pravda vítězí.
    出会いと縁って、分からないものですよね。今回の旅先で偶然出会った人と、お付き合いすることになるかもしれませんね。あ、そういうのが「縁」なのかも?

    ☆☆☆

    ところで、ヤン・フスの最後の言葉は「真実は勝つ(Pravda vítězí)」であったと言われています。これは今でもチェコの国の標語として知られているそうです。

    旧市街広場のヤン・フス像にも、Milujte se, pravdy každému přejte, (愛し合いなさい、誰もが真実を望みなさい。)と書かれているそうです。

    チェコの人々の「真実」とは…?

    いずれにしても、チェコの未来も、そしてサヨさんの将来も、平和でありますように。。。

comment

関連記事

かつてない旅先での大波乱

いよいよ今日は、この旅2番目の大イベントとも言える、イグアスの滝へ行く日です。 6:00起床。 さすがにこの宿はちょっと高いので、今日は宿を移動するのです。 なので、パッキングもしなければなりません。…

続きを読む

一カ国目、上海に到着

関空を飛び立ち、なんだかんだウォークマンを聴きながらウトウトしていると、 あっという間に中国が見えてきた。 なにはともあれ、記念すべき一カ国目、中国に到着!   飛行機をずらしてもらってもな…

続きを読む

もう許すまい!と思った日

島散策を終え、再び船に乗り込んで、   メコン川を走っていきます。 2年前に来た時は、このメコン川に感動してたなー。 ガーガー あひる達も泳いでいます。 可愛い!! メコン川の風は気持ちがい…

続きを読む

空砲の轟音をどうしても聞きたい銅鑼湾の正午

銅鑼湾というおしゃれな街には、かなり古くからずっと続いている歴史的な儀式が行われているのです。しかし、この儀式を見る野は一苦労でした。またしても、下調べ不足と余裕のなさがいけない。いつになったら、上級バックパッカーになれるんだろ。

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所3 死の壁

また、別のバロックでは、別の展示がされていました。   収容所であるからには、役割などもありました。 まずは、この建物自体、収容者が造ったものです。 ここは、この収容所の中でもまた有名な”死…

続きを読む

ラパスの人間くさい日常が溢れる市場を歩く

天まで続いてるんじゃないかと滅入るくらいの階段を登って、 息を切らしながら、辿り着いたサンデーマーケット、地元民のロドリゲス市場の景色は、 思わず、立ち止まってしまうくらいの地元の風景すぎて素敵でした…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link