旅日記 アルゼンチン サルタ

この辺で、今のアルゼンチン事情に気付くべきだったのかも

投稿日:2017-06-23 更新日:

素敵すぎるアルゼンチンの彼女に助けてもらい、

無事、次の目的地までの片道切符も手に入れたので、

次にすることと言えば、

思いも寄らず、滞在しなければいけなくなってしまった

サルタでの宿探し。


ゴ「まさか、途中の町で足止めくらうと思わなかったからどうしよう。」

 

まかしとけ!ゴロー丸!!

宿探しには、もう慣れたもんだ。






それに、こんなこともあろうかと、

到着時間も乗り継ぎ経路もわからないような長距離バスの旅路では、

経由しそうな町に、2、3件程度、安宿はピックアップしてあるのですよ!

 

 一応、それくらいはバックパッカーとして慣れたもんですから。ふふん。

 

それから、バスターミナルでの一件で、

サルタの町はなんだか優しそうな人が多そうってのがわかったんで、

むしろ根拠のない安心感さえ生まれて、

早く、サルタの町をうろちょろしてみたい!!


ってことで、バスターミナルから、徒歩10分程度の宿を目指します。

ここは、地球の歩き方にも載ってるし、何よりバスターミナルから近いってのは魅力なんで!

 

サルタは、ど田舎って感じではなく、程よく発展していて、

緑も多くて、ほのぼのした町です。

この、ロープウェイが魅力的!!

ラパスで乗り損ねたから、ぜひとも乗れる機会があるといいな。

しかし、

 

ボリビアから大して離れていないけど、

隣の国に来ただけで、ガラッと空気が変わる。

テラスカフェも多くて、おしゃれな感じもあり、清々しい雰囲気の町なんですね。

 

到着した宿は、ホステル・ポルタル・デ・ラ・リンダ

 

「すいませーん。予約してないけど、2名泊まらせてもらえますか?」

「OK。こっち側だと、800ペソ(5500円くらい)あっち側だと、400(2700円くらい)ペソね。どっちにする?」

 

あ。そうなんですね。ちゃんとレセプションを通る部屋は、倍するんですね。

で、道路を渡って、向こう側の建物は、すべて鍵は自分で管理して、半額になっていると。

 

「安い方で!!」

 

とりあえず、1件目で無事泊まれることとなったので、安心しました。

 

あ、支払いなんですが、カード使えますよね?

「ごめんなさい。現金のみなの。」

 

え?!

地球の歩き方にも、カードOKって書いてあるけど。。

 

まぁ、歩き方の情報は、かなり信用できないにせよ、

入り口にも思いっきり、マスターカードのシール貼ってあるんですけど。


なぜ?

 

シール貼ってあるよと主張しても、申し訳ない顔で使えないのよと言うお姉さん。

理由を突き詰めても仕方ないので、今現金がないから、両替をしたい旨を伝えると、

両替できるらしい場所をいくつか印をつけてくれました。

 

「支払いは、いつでもかまわないから、とりあえず、部屋に案内するわね。

両替は、荷物を置いてから行くといいわ。」

 

とりあえず、重い荷物をおろせるし、宿探しに何件も行かずに済んだし、

何より支払い、後でいいって言ってくれてるし、助かりました。

 

吹き抜けの中庭があって、綺麗な宿です。

 

静かだし、シャワールーム、トイレは、OUTSIDEだけど、いくつもあるし、

 

部屋も広い!!

 

そもそもは、ドミトリー部屋なのかな?

ベッドもたくさんあって、コンセントもそれなりにある。

ここでなら、サルタでの足止めも、快適に過ごせそうだよ!!

 

じゃあ、両替も兼ねて、ゴロー丸よ、街散策へ行こうではないか!!

 

しかし、あんなシールまで貼ってあって、カード使えないってちょっと意味がわからないね。

なんでだろうね?

 

と、疑問に思う私たちは、まだアルゼンチンの抱える現在の事情に気が付いていなかったのです。

そして、この後、その事情によって、アルゼンチンを抜けるまで、

結構な苦労とハプニングに遭遇する羽目となったのです。

 

それと、同じ数だけ、アルゼンチン人の優しさで奇跡も起こったんですけど。

  

英語なんてねー、しょせんリンガフランカじゃないし、

ドルもねー、最強通貨なんかじゃないよ。全然。

と、ちょっとだけ愚痴ってみる。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

0

<sponsored link>







-旅日記, アルゼンチン, サルタ

執筆者:


  1. かみぞー より:

    ☆ いやぁ~ ☆

    本来カードが使える所でも、
    カードが使えない事って日本でもありますよねぇ。
    旅館やビジネスホテルで割安プランになりますと、
    「このプランでは現金のみでのお支払いとなります」とか。
    あと、おJAL丸のマイルが貯まらなかったり…
    そんな感じだったのでしょうかねぇ?
    はたまた他の理由があったのかも…

comment

PREV
次々と奇跡が起きるアルゼンチン旅が始まった。
NEXT
ここまで清く正しい旅をしてきたけど・・・

関連記事

チェンマイ大学に忍び込んでみよう

ここまで来たらせっかくなので、もっと進みますよ! 次に向かったのは、チェンマイ大学です。   しかし、ここ来るのちょっと苦労した。。。 ベトナムもそうだったけど、タイの大きな道路渡るのも一苦…

続きを読む

忠烈祠の武烈士祠 そして私がしたこと。。。

やーっと、4年越しの念願叶い、衛兵交代式を見られた私は、 しばし、衛兵さん達に見とれていました。   で、ふと気付いた時には、あんなにたくさん居た観光客が、 ほんとにひっとりもいなくなっていました。 …

続きを読む

アンデスのミイラの少女に会いに行く

ウユニ塩湖の塩にやられて以来、急遽ウユニの町で民族パンツを買って、 ずっとそれを履いて旅してるゴロー丸ですが、 思いもよらず、アルゼンチンが都会過ぎて、恥ずかしくなったようです。   ゴ「な…

続きを読む

白と青だけのウユニ塩湖の世界とコルチャニ村

列車の墓場を出て、また走り、気が付けば、窓の外は、一面の白世界。 白と青しかないような世界に居ました。 もうここが、雪景色の中にいるのか、真っ白な砂浜にいるのか、いったいどこにいるのか、 時間すらここ…

続きを読む

ふと思い出すのは、こんな瞬間

サン・ペドロ市場を出て、市場もいいけど、周りも面白いよと教えてもらった通り、 市場周りを、少し歩いて周ってみることにします。 何に出会えるかなー。   地元の場所にとけ込んでしまう時間も、い…

続きを読む

チェンマイの喫茶店へ行こう!

Slowhouseには、結構日本人びいきのタイ人の男の子達が出入りしていて、もちろん、彼らは日本語を話すことができます。 彼らは、本当に優しいけれど、(たぶん)下心がなくて、 日本人との距離の取り方も…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link