旅日記 ニュージーランド オークランド 留学

慌ただしさが普通に変わってくニュージーの留学生活

投稿日:

ニュージーランド留学の頃の記事を古いブログから移行します。

*日付は留学時のものではありません*

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

気がついたら、また月末を迎えてる。今月もおしまい。

今月もあっと言う間だった!

なんて今までにないくらい、忙しく濃い日々を過ごしてるんだろうと思う。

きっとこんな風に来月も、あっと言う間に過ぎていくんだろう。

そして気がつくと、帰国日になってるんだろうな。

 

今日は、かなり寒かったです。

NZも、もうすぐ冬突入らしいです。

でも、日本は結構暑くなり始めたと聞きました。

5月が冬なんて、すごく不思議な感覚。

 

こっちに来る前に友達に頼まれて、目に入るたび撮るようにしてる標識。

友達いわく、海外の標識ってシンプルなのにおしゃれらしい。

 

あと、頼まれたゴミ箱も。

ニュージーランドのリサイクルについての話は知る事ができたけど、

今のところ、ホームスティだし、ゴミ出しとかしてないから、いまいち実感はできてない。

 

今日はエージェントの人が学校に来てくれたのです。

実は、最初の頃、さんざん、愚痴や弱音を吐いてしまっていたので、

心配をかけてしまっていたのです。

今は、すっかり落ち着いて慣れたから、しばらくメールをしてなかったけど、

それが逆に心配をかけたみたい。

 

どうしても慣れないなら、転校もありですよってアドバイスされました。

相変わらずエリザベス先生の速い英会話はしんどいけど、

もう、友達もできたし、この学校で、なんとか頑張ると伝えました。

 

エージェントの人と話しこんで改めて思ったのは、

なにごともきっちりやらなくちゃ”いけない!”っていう、

染み込んだ日本人気質みたいのが、邪魔してたってこと。

0か100かで、100に入れないなら、自分はダメだと思い込んでたけど、

もっと気軽で、楽しんでもいいんだなと、最近思うようになりました。

それが例え1でも50辺りでも、一歩でも進んでいるならそれは凄い!!

すべて自分の為の留学なんだから、疲れ切ったって意味ないんだし。

 

必死過ぎて、最初の頃はわかんなかった。

わかんないことをわからないとも言えず、息もできないのにずっと飛び込み続けてた。

 

でも、留学しに来て、そんな風に壁にぶつかる人は多いそうです。

最初から満喫できる人は、むしろ凄いそうで。(笑)

まぁ、校庭一周するよりも、百周した方が、人生的にも実りが多い気がするし。

この経験は、凄く私のためになったんだと思おう。

 

今日は、午後の授業を30分早く切り上げて服を見に行くことにしました。

これから始まる本格的な冬に備えて、コートを一枚買おうか検討中なのです。

コートは、きちんとした厚めのコートでも、高くてもだいたい120ニュージードルくらいと、わりかし安い。

ただ、サイズが大きくて、なかなか自分に合いそうなものがないのが悩み。

 

先日知り合った、さなえさんとも話してたんだけど、

ニュージーランドの物の価値の決め方って、また日本と異なっていておもしろいんです。

価値っていうより、必要なものだからこそ、手に入りやすい値段で売ってるって感じがするのです。

儲けようというのを、あまり感じない。

日本より、便利じゃないけど、物も溢れてないけど、

さすが幸福度上位の国だと思います。

 

それから、空が近い。いつも雲がぐんぐん流れてく。


来週あたりは、一人でオークランドから離れてみるのも、いいかもしれないな。

一人旅を計画しよう!

 

ちなみに欠点というと、こっちのインターネットのスピードは、ほんっとうに遅い。重い!

時間帯によっては、1ページひらくのに、1分近くかかったりするのです。

それに関しては、み~んな文句を口にしています。

出会った日本人の先輩達は、いろんなものが10年、20年前の日本とかぶる、と言っていました。

それぞれの国の、良いとこ悪いとこですね。

 

今日のディナーは、フィッシュフライと野菜たっぷりのヌードル。トマトソース風味。

毎日パパが作ってくれるディナーが楽しみ♪

エージェントの人や、学校のカウンセラーが言うには、

ファザーが作る家庭の方が、料理は凝ってたりするらしい。

だからやっぱり、このホームスティで私はラッキーだ。

 

デザートは、キャラメルチップキャンディー入りバニラアイスクリーム。

こっちでは有名なアイスで、”ホーキーポーキー”といいます。

綿棒の先くらいの大きさのキャラメルの粒が、ごろごろ入っていて、

それをガリガリ噛み砕きながら食べるのです。

ちなみに、かなり甘い。

ママいわく、こっちには、シンプルなアイスは僅かで、大抵何かが入っているとのことです。

ニュージーには、お腹がぽっこり出た人が多いけど、

こんなカロリー高いものをしょっ中食べてたら、そうなるのかも。。。

 

でも、にこにこしながら、山盛りにアイスを盛ってくれるパパの姿は可愛らしくて大好き。

今日の帰り、ちょうどアイス食べたいと思ってた。

しかし、毎日デザートまで食べる生活なんて、生まれてから初めてだなぁ。。。

 

そうそう。ホームスティ先の大問題児は、最近会ってません。

学校にも来てないし、帰ってくるのもかなり遅くて顔を合わせてません。

私にとっては、穏やかな日々です。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

0

<sponsored link>







-旅日記, ニュージーランド, オークランド, 留学

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
世界の色んな町の夕焼け
NEXT
【香港】まとめ

関連記事

再会、そして再会!

久しぶりのチェンマイは、すっかり暑くなっていて、 夜なのに、ちっとも涼しくありませんでした。 つい数ヶ月前まで、夜は過ごしやすかったのに。   ワットプラシンからは、20分ちょっと歩いて、 …

続きを読む

初めての水上船移動とシリラート病院での体験

バンコク、結局戻ってくるんですよね。最後に。 なので、冒険はスロースタートでいいんです。 今日は、チャオプラヤー川のこちらの岸と向こうの岸を往復している、 水上船(渡し舟ですね)に乗って、どこかへ行こ…

続きを読む

ワット・ラーチャブーラナ

気も取り直せないまま、まずはワット・ラーチャブーラナへ行きます。 そう。 ずっと、目の前に見えていたのに、入れなかった遺跡です。   せっかく、トンチャイゲストハウスはアユタヤの主要遺跡が真…

続きを読む

ここはー...スラム街ですか?それとも?

バスは、Nepligetバスターミナルに到着しました。   なんだか結構、一緒にバスに乗っていた乗客は、 地元の人が多かったらしく、お迎えの車がたくさんいて、 みんなそれに乗り込んでいました…

続きを読む

ついにルアンパバーン到着!

9時にパクセーの村を出発したスローボードは、いくつか岸に寄り、 何人かの村人を送り届けながら、夕方4時、ルアンパバーンの岸に到着しました。 いつものごとく、到着アナウンスもなければ、看板的なものもない…

続きを読む

ベルリンの都会の日常ってこんな感じ

寝る前までアンソニーと話し込み、そのうち眠くなってきて、 アンソニーが「電気消すね」と言ってくれて、そのまま二人とも自分のベッドに直行して寝たけど、 夜中、誰かが部屋に入ってきて、私のベッドのサイドに…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link