旅日記 ネパール カトマンズ 世界のごはん・お菓子

再会が幸せ気分をくれたカトマンズの夜のはじまり

投稿日:2019-04-08 更新日:

この夜は、一人旅冥利に尽きるとしか言い様のない、

奇跡みたいな出会いがいっぱいあって、日本を思いきって飛び出して良かったなと、

いきなり幸せに思える出来事に会えた夜でした。

 

今日は夕飯何にしよう?というか、どこで食べよう。

とタメルの中心部を適当に歩いてたら、なんとまぁ、ほんっとうに偶然、あの店に遭遇したのです。

 

それは、カトマンズのマクドナルド!! 

ほら!あの!!→ カトマンズにあの世界的有名店があった  

 

この再会は、結構おおっっっって思った!!

だって、あの時はガイドブックとかも持たずに適当に歩いて見つけた店だったから、

場所がどこらへんにあるのかも知らなかったし。

もちろん、ガイドブックがある今も、このマクドナルドは地図に名前すら掲載されてないんです。

こんなの導かれたとしか思えない!辿り着くようになってたんだー。凄い。

いやもう、迷うことなく入りましたよー。

 

入ったとこで、ふと気付く。

あれ?客が一人もいない。

もしかして、まだ準備中とかだったりする??

 

すぐに迎えてくれた店員さんに、夕飯食べられる?って聞いたら、もちろん!って、

席に案内してくれました。 

はぁぁーーー。懐かしい~!!

覚えてる覚えてる!この内装。

 

あの頃は、地震の後だったから、停電で店の中結構暗くて、

メニュー見るのも結構苦戦した記憶があるんだけど、

すっかり明るくなっていました。

 

何より、ここの店員さんのみんなの感じが凄く良くて、

帰り際に「See you!」って笑顔で言ってくれたのがあの時嬉しかったのです。

まだそこまで親しくもなってないしとか、なんか気にしちゃって、

明日は来られないんだよって伝えられなかったけど、無事、また来たよ!!

たぶん、あの時の店員さんはもういないけど、でも今の店員さんもすっごく感じいい。

 

いやもう、こんな全てが感激過ぎて、さっきからニヤニヤしながら店内を見回してる、

変な外国人の一人旅女なんですけど、まぁ、そんなのいいや。

 

フレンドリーな店員さんがすっごい話しかけてくれました。

「日本人?ネパールは初めて?」

「ううん。2回目なの。このお店も前に来たんだよ。それで、嬉しくて。」

「本当?Nice to see you」

「そうそう。Nice to see you」

 

僕はカビンっていうんだ。と自己紹介してくれた彼は、この後もずっと、

この変なジャパニーズに興味を持ってくれたらしく、あれこれお話しに来てくれました。

 

カビン。

キミとは、Nice to meet youだけどね。 

なんにしようかなぁー。

ダルバートは頼むにしても、あ、モモも頼もう。

 

ちなみにモモの中身は、いくつか種類があるんだけど、

カトマンズでは、チキン、ベジタブル、バフの3種類が多いのです。

田舎に行くと、ポテトとか色々また変わってきます。

 

で、前回食べたかよくわかんないんだけど、(たぶん、チキンモモだった気がする)

バフモモを食べてみたかったのです。

バフとは、水牛の事です。

 

おねがいしまーす!!

 

カビンが奥の厨房にオーダーをかけに行ってくれると、

厨房から一人のコック姿の男の子が挨拶をしにきてくれました。

彼はなんか、前に見たことあるような気がする。

 

一人旅なんだけど、いきなり一人旅感がなくなって、明るい夕食を送れることが、

凄くなんだかありがたいのです。

でも、やっぱりこんな出会いとか、こんな風に話せるのも、一人旅ならではだなと、

ネパールについてからずっと、そんな幸せを噛みしめています。

 

来た来た。

ダルバート withバナナラッシー 

前にも書いたとおり、ダルバートはネパールの定食です。

豆のスープ、漬物、カレー、あとはカレー味の野菜炒めなどがたくさん出されます。

 

スープと漬物以外は、店によって色々な総菜が出てきます。

店によっては、デザートのヨーグルトがついていたり、ついていなかったり。

でも、ついているとちょっと嬉しい。

カビンの教えてくれたところによると、このヨーグルトは、ズーズーと呼ぶらしい。

「でも、ズーズーって、ズーズーダウのズーズーでしょ?あれとは別の物じゃないの?」

「作り方はだいたい同じだよ。材料が違うけど。呼び方は一緒。」

 

ズーズーダウは、ネパールのバクタプルという町の名物なのですが、

このダルバートについてくるのでも、ズーズーダウなんですかね。

それともこのお店がこれを出してるだけなのかな。

まぁいいや。そのうち、バクタプルに実際に行って確認するか。

 

とは言え、

 

忘れてたー。

このお店、すっごい量が多かったってことを。

特にこの、米の量が半端じゃないんですけど!

 

ネパールは、こうして食べられないくらいの量でお客さんをもてなすんだって、

以前、生徒が話してくれた事があったけど、

私は食べ物残しちゃだめでしょって考えの日本人だから、ここでもなお、

ネパールの豊かさ具合を考え始めちゃったりするんだけど、

結局そんな考えは、先進国の勝手な驕りだよなーってことに、自分の中で辿り着くのです。

ラオスやカンボジアで身を以て教えてもらったことです。

 

「これは、スモールだから、おかわりできるからね!」

「え?これスモールなの?」

「たくさん食べてね。」

 

たくさん食べる方ですけど。

ですが、この量はさすがにおかわりは絶対にしないと思うけど。

 

で、そうこうしているうちに来たー。

 

バフモモ。

そうそう。カレー味のソースですね。

 

いやもう、旅に出ると最初の頃は、うまく食べられなくて痩せてくってくらいなのに、

いきなりこんなしょっぱなから食べまくって、なんかやっぱり、幸せだ―。

 

「好きな物だけでもおかわりできるからね!」

 

いやもう、お腹いっぱい。

前に来た時は、友人と一緒だったからなぁ。

でも、これら全部で555ルピー。

本当に物価が安い国バンザイ!!

 

最後に、カビンがこれ食べてごらん。と、面白い物を持ってきてくれました。

「ん?これ、食べるの?」

 

これは、ソーンフって言って、食後にネパール人は食べるんだって。

「これ美味しいんだよ!」

薦められるままに一口食べてみると。

すっごい、芳香剤食べたみたいな感じ!

角砂糖があるだけましだけど、目が覚めますねこれ。

 「美味しいだろ?」

「う、、、うん。グッド。。。」

 

「まだカトマンズに居るの?」

「いや、この後は違う町に行くよ。でもカトマンズにはまた戻ってくる!」

 

カビンとは、連絡先とフェイスブックを交換して、

また来るからねとバイバイしました。

 

この旅先でのフェイスブックの交換をするたびに、アユタヤのBIN事件が甦るけど、

後にも先にも、あんなのあの時だけだと信じて、

やっぱり旅先では、新しい出会いにわくわくしていたいです。

アユタヤでの強敵BINとの出会い

 

とは言え、旅の間で長くいることになる町に現地の友達が出来るのは、凄く心強いです。

カビンとも、友達になれて嬉しかったー。

 

そして、この夜は、まだまだ幸せを感じる出会いが待っていたのです。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

旅行ガイド

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

<sponsored link>







-旅日記, ネパール, カトマンズ, 世界のごはん・お菓子

執筆者:


  1. ted & LEON より:

    どれも美味しそうですね~
    全て必然、偶然ではないですよ~
    全て意味のある出会いだと思いますよ~
    これからも良い旅を!

  2. tekutekubunbun より:

    こんばんは
    ハンバーガーの無いマック о(ж>▽<)y ☆
    偶然の再会は嬉しいですよね~
    しかも愛想のいい店員さん

    確かにすごい量ですね!
    食べきれないでしょ~

    ソーンフってもみ殻みたいに見えるんだけど(笑)
    芳香剤って (≧▽≦)
    これって食べるの??
    それとも口に含むだけ??

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
タメルのローカルエリアの日常
NEXT
ヘナカーストとサーランギー

関連記事

再び女一人旅へ

今日はまた夜行バス移動なので、 12:00のチェックアウトまでだらだらしようと思ってたら、 11:30頃、部屋の内線電話が鳴り、チェックアウトを急かされました。 まだ時間じゃないと言ったら、 「あ&#…

続きを読む

ホロコースト記念碑がベルリンにもあるのです。

悲しい教会を後にし、この街で回っておきたいところといえば、 ベルリンでは欠かせない場所。   ベルリン動物園 この上の絵は、駅構内のものです。   門の前に到着しました! 動物園、…

続きを読む

マチュピチュ村に着いたー!

ギャップ萌えで可愛い笑顔にすっかりやられてしまった、 ウルグアイ人の彼と、仲良く居眠りしていたら、 あっという間にマチュピチュ駅に到着しました。 その間、ゴロー丸は、憧れのインカレイルをしっかり堪能し…

続きを読む

シリラートの死体博物館に行く

で、向かうはシリラート法医学博物館と解剖博物館です。 スイマセン、悪趣味ですね。   ここは、本物の人間の体がホルマリン漬けにして、標本として並んでいるのです。 まだ、そんなに海外に興味がな…

続きを読む

サルタの可愛い女子高生見つけた!

原宿みたいに、おしゃれショップが並ぶ通りがあります。 サルタの町の中でも、若者が多くいる場所。 フロリダ通りへ、Let’s Go!! しかし、サルタにはシエスタタイムが思いっきり存在してい…

続きを読む

ウユニでのトリック写真はこんな風に撮っている

私達を乗せた魔法の馬車は、更に遠くへと走って、 さっきよりも、もっともっと真っ白な場所へ来ました。   大粒の塩の結晶がよくわかります。 もう、ちょっとやそっと周りを見回しても、人影すらあり…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

旅ワン:ネギ

Sayoの愛犬。日本全国を一緒に旅したいワンコ。お芋持参で国内の犬OKスポットに出没中。

愛犬と行く国内の旅

sponsored link