旅日記 カンボジア アンコールワット

罪を洗い流してくれる沼

投稿日:2014-06-18 更新日:

岡村さんのトゥクトゥクは、更に走り、

また新しい遺跡に到着しました。

 

なんかお祭りみたいな音楽が流れていて、

※音楽の正体は、地雷で足などを失った方達が楽器を演奏しているのです。

 アンコール遺跡群の周りには、そのような人達がたくさんいました。

 

ただの道が続いていて、

ここは遺跡じゃないのかなって思う場所に到着しました。

岡村さん「ここをまっすぐ歩いていってくださいね~。」

 

 

あ、この道の奥に遺跡があるんですね!

なんか、なんか、、、こんな道の先にある遺跡なんて、

どんな遺跡なんだろう!!

この感じ、好きかもっ!!(´▽`)

 

なんて、浮かれて歩いて行くと。。。

 

道が進むにつれ、なんでだろう、

その浮足立った心をかき消される空気にさらされました。

 

ほんとにどうしてだろう。

 

周りの景色が、フロドとサムがゴラムに連れられて通った、

死の沼に似ているからなのかな。。。

ちょっと楽しみってよりも、怖い感じすらする。

なぜだか、話しかけられても笑えない気持ちになってしまったのです。

 

そんな中、到着したのは、、、

ニャック・ポアン寺院

ここは見ての通り、お堀に囲まれている寺院で、

中央の方には、神馬”ヴァラーハ”の像が祀られています。

その昔、大勢の人々を体にしがみつかせ、

天高く駆け上がり救ったそうです。

そんな神話があるから、急に笑えなくなったのかなぁ。。。

 

なんだか、もやもやした気持ちの正体がわからないまま歩いていると、

この寺院の説明が書かれた看板がありました。

それを読んで、理由がわかりました。

 

あの沼は罪人の犯した罪を洗い流してくれる沼だったのです。

この汚れた水面に浮かぶのは、人々の罪なんだね。。。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

0

<sponsored link>







-旅日記, カンボジア, アンコールワット

執筆者:


  1. シズねーさん より:

    サヨさんて

    感が強い?

    私は「あ感」の「かん」で鈍いから
    きっと何にも感じないわ。
    スルーしちゃうなあ

comment

PREV
カンボジアの子供達を想う気持ちはおんなじ
NEXT
アンコール遺跡めぐりラスト!プリアカン遺跡

関連記事

はじめまして、ボリビア!大好きです!!

マイアミを飛び立ち、7時間後、そろそろ到着だからと起こされ、寝ぼけ眼で窓の外を見ると。。。 私が、ほんとにほんとに、ずーーーーーっと憧れだった国、ボリビア。    見下ろした灯りの感じが、ア…

続きを読む

初めましてでこんな夜のインドが刺激的すぎる

今回は、宿泊する宿にお迎えを申し込んでいたのです。 やっぱりインドの旅は手ごわそうだから、 日本人宿で情報集めをと思い、数日前から予約をしていました。   でもって、初の名前入りのボードでの…

続きを読む

インドの地下鉄ってちゃんと都会

インドに一泊して思ったけど、 クーラーのない部屋の中よりも、圧倒的に屋上の方が涼しくて、  旅友たちがみんな、屋上で寝たって言ってた意味がわかった。   もしかしたら、カンボジアとかでもそう…

続きを読む

ここまで清く正しい旅をしてきたけど・・・

サルタの町って、爽やかだけど、なんだか住んでる人たちが明るくて、 ラテンって感じで楽しんでいるけど、落ち着いてもいる雰囲気のいい所。   町の中心でもある7月9日広場には、人が集まっていて、…

続きを読む

オークランドミュージアムに行く

オークランドミュージアムは、ニュージーランドの歴史が詰まっているとても大きな博物館。しかも、一応、5ドル程度の寄付金の奨励がされているものの、入場料は無料!!NZでは、観光名所であるにもかかわらず、無料の場所が結構あるのです。

引き続きアンコール遺跡巡り~パプーオン

さて。次なる遺跡は、、、、パプーオン寺院と思われます。 ここも引き続き、スメール山を象徴する寺院だそうで、 シヴァ女神に捧げるために建設された寺院だったそうです。 呉さんが全ての遺跡を回りたいと言って…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link