旅日記 ニュージーランド オークランド 留学

初めて出会った”偏見”

投稿日:

ニュージーランド留学の頃の記事を古いブログから移行します。

*日付は留学時のものではありません*

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁ、一週間の始まり!

という朝から、気分悪い出来事がありました。

 

いつものように、ちっとも起きてこないサウトに待たされ、

今日は、本来乗るはずのよりも一本遅いバスで、

学校へ行くことになりました。

 

学校のネットを使いたいのと、まだまだ予習が必要な私には、

朝の時間は貴重なのに。

本当は、置いて行ってしまいたいけど、まぁ仕方ない。

 

やっとサウトがリビングにやってきて、

お互い無言のまますぐそこのバス停まで歩きました。

おはようもなく、

お待たせとか、今日の気分は?とか一言くらいあったっていいのに、

相変わらずサウジ男子のサウトは気分屋で、

自分中心に世界が周っているみたい。

 

そして、バス停に着くといきなりサウトから、

「僕の定期は、すでに切れてるから、更新しなきゃいけない。だからお金をくれ。」

と、言われました。

 

は?意味がわかんない。

私は、そもそも金庫番でもなけりゃ、サウトから1ドルすら預かっても居ない。

そんな私に、奴はお金をくれと言っている。

 

そもそも定期が切れるってわかってるんなら、前もって買いに行くか、

はたまた必要なお金を持って来るんでは??

それも、お国柄の違いですか!?生真面目な日本人発想なんですか?!!

私よりも、だいぶ先に留学生活を始めてるくせに、

今までどうしてたんだか。

 

オークランドのローカルバスは、ステージによって乗車賃が分かれているのです。

ダウンタウンから一番近い辺りは1ステージ、

そこから少し離れると2ステージ。

そして、ホームスティのあるこの場所は、一番遠くて、

3ステージの距離なので、その中でも一番高い乗車賃となります。

 

終点の語学学校のあるダウンタウンまでは、時間にして50分。

ぐるぐる周って進んでいくので、まぁ普通に行けばもっと近いみたいだけど。

って、これ前も書いたかな?

 

それにしても、3ステージ分の定期分の大きな額のお金、

くれだなんて私に言われても困る。

私、サウトの保護者じゃないんだから!

 

「なんでよ?そんなの無理よ。」

「必要なんだよ、くれよ!あー。じゃあ、貸してくれればいいから。

でもって、後でパパから返してもらってよ。OK!?」

 

OK!?じゃないよ!さっぱり意味わかんない。

ふつう、日本じゃ友達同士でさえ、

多額のお金をあげたりなんてしないのよ!

しかもなんで、あんたに貸したらパパから返してもらうのよ!?

 

全くもって意味わかんないけど、

突然の予想を超えるサウトの非常識っぷりに、

面食らってるのも手伝って、全部を伝える言葉も、思い浮かばない。

いや、まだまだ英語初心者状態の私に、

動揺しながら、英語で気持ちを伝えるなんて無理なんですけど!

 

そうは言えども、こうしていてもバスは近づいていて、

いつ向こうの曲がり角をやってくるのか、時間の問題です。

 

サウトにお金渡す?いや、返してくれるの?

くれって言って、貸してって言い変えた意味は?

言い方間違っただけ?私よりだいぶ前から留学生活始めてるのに?

いや、そもそもなのになんで、留学したての私と同じクラスにいるの?

今いるクラスなんて、下から数えた方が早いレベルなのに。

 

刹那の時間が、何分にも感じるくらいの感覚で、

一瞬で色んな疑問が頭の中を駆け巡り、サウトに対して、

ただの下心満載のアホなホームスティメイトから、

詐欺師なんじゃないかと、そんな事までぐるぐる考えました。

ますます不信感が募りました。

 

うん。貸したらお金は返って来ない。

そして、こいつは、今後もこんな風に私にお金を出せと言うだろう。

あげるつもりで貸すには、サウトに対しては何の絆も持ってない。

そもそもこいつは、困っているわけじゃない。よし、結論出た!

 

「私に言われても困る。すぐに家に戻ってパパに言いなよ!」

やっとそう言い放った私。

しかし、奴は更に食い下がってきました。

 

「なんでだよ!お金くれよ!お前は、僕に金をくれればいいんだ!」

 

なんなの、なんなの!?

この不良息子を抱えてしまった親子みたいなやりとり。

そして、このアホ息子!いやいや、大して歳は離れてないけれども。

 

私:「パパに言って!」

サウト:「おまえが、今、くれよ!」

 

そのやりとりを3回程繰り返し、

ついに奴は、私がお金を出さないつもりでいる事がよくわかったらしく、

舌打ちをすると、家に戻っていきました。

 

すっかり気分が悪くなった。

でも、すぐにバスがやってきたので、サウトなんて置いて行くつもりで、

バスに乗り込みました。

と、同時くらいに、ミンとジョーもやってきて、

挨拶をすると、同じボックス席に座りました。

 

そして、間に合わなくてもいいのに、お金を手に入れたらしいサウトは、

ちゃっかり同じバスに間に合ってしまい乗って来ました。

その上、来なくてもいいのに、わざわざ私達のボックス席にやってくると、

私の向かいに座っている、ミンの隣りにわざわざ座りました。

 

そして、小中学生のいじめっ子がやるような低レベルなことを、

目の前でやり始めたのです。

ミンに、こそこそ耳打ちし始めたのです。

しかも、しっかり聴こえる程度のボリュームで。

 

サウト「こいつに定期代くれって言ったのに、

ノーを繰り返してくれなかったんだよ。

ジャパニーズは、金持ってないのか?」

ミン「いや、僕が思うにジャパニーズはリッチだ。」

サウト「金持ってるのに、ジャパニーズは、けちだな!」

 

私、地獄耳じゃないけど、全部聴こえてるんだけど!!

低レベルな事件だけど、でもでもでもでも!!!!

まったくもって、感じ悪い!!

 

サウトが、自分自身でしっかりしてないことで、

自分が慌てることになったのに、

なんで私が悪者にされなきゃいけないんだ!

あっっったまくるなぁ!ほんとに!!

自分勝手で、ムカつく奴!

言われた金出さなきゃ、ケチなんですか?

あんたがやってるのは、カツアゲと同じじゃないんですか?

 

こんな奴と同じホームスティ先だなんて。

なんで、ニュージーランドに来てまで、

人間関係で嫌な思いしなきゃなんないんだ。

 

その後も、学校に着いてまで一日中、

奴は遠くからやたら、「ジャパニーズ」だの「ジャップ」だの、

聞こえるように言ってきました。

 

もう顔も見たくなくなった。。なのに、クラスまでおんなじだなんて!

ほんっと馬鹿な上に、ガキなんだから!!

だから、私より半年以上前から英語を勉強してるくせに、

未だに私と同じクラスレベルで、上のクラスに上がれないんだよ!!

 

よく聞くことだけど、

日本人=金持ちっていう、勝手な偏見が本当に渦巻いていて、

その後も、悪気はなくとも誰かから、日本人は金持ってるから、

と言われる度にちょっと複雑な気持ちになりました。

そもそも私自身は、金持ちじゃないしさ。。。

 

日本の友人に、愚痴メールをしたら、

サウジの方が金持ってんじゃんねー!って返って来ました。

ほんと、その通りだよ。

むしろ、だからこそ、私にとっては結構な金額だと思うバスの定期代も、

奴にとっては、ジュースを買うような感覚で、

だから、そんなの”くれ”って簡単に言えるのかもしれない。

 

私は、親からは一銭ももらわず、

一生懸命、お金を貯めて留学に来たけど、

奴にとったら留学なんて遊びで、だから英語もちっとも上達せず、

有り余るお金だけ使ってだらだらと過ごしてんのかもなぁ。

 

嫌味でもなく、本気でそう思いました。

 

最悪な週始まり。。。

オークランドも風は強いです。

ちなみに、ここより南下した所にある、

首都のウェリントンという街は、世界で一番風が強い街って言われているそうです。

私がニュージーランドを一人で、旅出来る日なんて来るのかな。

今回は無理でも、いつか行ってみたいな。

 

そんな夢を膨らまして、サウトから気を逸らしてみても、

やっぱり今日は、気分が晴れません。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

0

<sponsored link>







-旅日記, ニュージーランド, オークランド, 留学

執筆者:


comment

PREV
実のところ親日とか反日とかって?
NEXT
それでもプラスに出会える留学

関連記事

チェコの田舎を散歩する

プチパニックに陥りながらもクトナー・ホラ、ムニュスト駅に到着すると、 想像をはるかに超えて誰もいない田舎町が広がっていました。   駅前ですら、こんな感じ。 これ、観光地と言っていいのか?っ…

続きを読む

テーゲル空港にて、再びビミョ~な気持ち

今回の旅では、3度目のドイツ入国です。 テーゲル空港到着。 来た時は、小さいターミナルだと思ってたけど、 ターミナルはいくつかに分かれていて、全部歩いて移動できます。     いい…

続きを読む

ビルケナウ強制収容所1 死へと向かう列車

まだ、強制収容所に関する話が続きますが、 あとちょっとお付き合いください。     続いてブジェジュンカ村に造られていた、 ビルケナウ強制収容所に到着しました。   ユダ…

続きを読む

クトナー・ホラ、セドリツは思ったより誰もいないっす

乗り換え駅、コリンから乗った電車はこれです。 今度は、プラハから来た時の列車とは違って、ローカル感たっぷりの電車です。 だいぶ電車の中も、ECと各駅とでは違いがあって、写真撮りたかったんだけど、 隣の…

続きを読む

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所3 死の壁

また、別のバロックでは、別の展示がされていました。   収容所であるからには、役割などもありました。 まずは、この建物自体、収容者が造ったものです。 ここは、この収容所の中でもまた有名な”死…

続きを読む

私が一番迫力ある十分瀑布を見た自信がある!

天気は微妙なまま。 相変わらず、台湾に来てまで乗り物を使わず歩いているので、 ほんっとうにこの道で合っているのか不安なまま。 とある場所へと向かいます。   十分は、駅の周辺こそあんなにぎわ…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link