旅日記 台湾 台北 平渓線

古い温泉街みたいな平渓駅

投稿日:2015-10-29 更新日:

次に降り立ったのは、お隣、平渓駅です。





平渓駅は、とくに何もないけど、素朴な町というか、

古い温泉街の雰囲気に似ています。

 

日本の駄菓子屋っぽいお店を発見。

 

売られているものも、やっぱり懐かしい感じのものとか。

ここも昭和の面影が残っているのかもしれません。

 

私が面白いなって思ったのは、なぜか竹を模っている柵。

こういう小さなこだわりってなんかいい!!

 

ふらふら駅を離れて歩いていると、なんといきなりグアバの木の向こうに滝を発見!!

 

※なんか、カップルが写真を撮ってて、

車の天井に小人遭遇!!みたいな不思議写真になっていますが、

これ、UMAなんかじゃなくて普通の人間ですからね。 

彼女も、まさかたまたま居たジャパニーズに、こんな写真を撮られているとは思うまい。。。

 

あ、本題はこちらです。

 

滝!!

私の写真の撮り方がへたくそなんで、いまいちに見えますが、

実物はもうちょい、いい感じでした。

 

そのぉー・・・・

これと言って、凄い見所がある町でもないんで、

なんかベストショットを撮ろうと思って、この滝の横の階段を登ってみることにしました。

しかし・・・

途中からなんか、階段の石もなんかいい加減で、

果てが見えなかったし、どう考えても山奥へと続いていたんで、

見晴らしが(まぁまぁ)いい場所で写真を撮って、早々と引き返しました。

おっ!向こうの山の上にお寺を発見!!

行ってみましょう!!

ってことで、本気で目指したんですが。。。。

またまた、階段で、しかも結構急な階段でして。。。

雨で足元ぐちゃぐちゃだし、またしても草木が生い茂る道をかき分けて行くようです。

 

は、、、はい。言い訳並べてますので、おわかりでしょうが、

行くの断念しました。

 

一番の理由は、目の前に私の天敵、大きな蜘蛛が巣をはっていたからです。

もう見るのも嫌。。。アラクノフォビアなめんなよ!!(`・ω・´)

 

すいません。

いつからほんとに、冒険心を人は失くしていくんでしょうかね。

私は、大人になっちゃいましたね。

 

って、

そんな私を励ますように、階段を降りると、

空が晴れていました。

晴れ女っぷり発揮!!

とりあえず。可愛らしい壁画発見。

 

平渓駅の町をおススメするとしたら、なんだろうなー。。。

う~ん。。。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロブログ「新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

+1

<sponsored link>







-旅日記, 台湾, 台北, 平渓線

執筆者:


  1. ☆まりりん より:

    グァバの木!?
    見たことない!!私ならきっとグァバだって気付かないと思う(>_>)
    そしてナイスな写真撮れてるね 笑

comment

PREV
台湾に昭和があった!菁桐駅
NEXT
十分駅は誰かと♡

関連記事

第二外国語で頑張れって言われること

思いもがけず見つけた、居心地のいいレストランを後にして、 再び宿へと帰ります。 同じく再び、この鬼のような石の階段を上って。 クスコは、ラパスみたいに、町の形態は、すり鉢状ではないから、 同じくらいの…

続きを読む

人骨を巡る旅 inクトナー・ホラ セドリツ編 聖マリア大聖堂

クトナー・ホラは、ずっと来たかった町と言っていますが、 何があるのか。 ほんっと、田舎町です。お店も見当たらないくらい。   こんな感じの誰もいない、これといった建物もないような道を歩いてい…

続きを読む

祭りのあとのような帰り道

そろそろ帰りの電車の時間になったので、駅へ向かいます。  マチュピチュ村の駅では待合室があるので、そこで電車の到着を待つこともできます。     で、椅子に座ったら、私が好きな、南米の民族楽…

続きを読む

完全アウェー

ホイアンを出発したバスは、朝7時、起こされました。 ホーチミンまで直通ではないので、バスはニャチャンへ到着したらしい。 全員、降りるように催促されました。   で、降りたところで「サイゴン、…

続きを読む

それでもプラスに出会える留学

朝から、サウトとの言い合いに始まり、とんだ偏見のせいで、その後も嫌な思いばかりしていたけど、でも、いいことがひとつありました。クラス替えで気持ちも一新して頑張れそうです。

南米旅最後の大喧嘩 日本食に大不満

最終日。 窓の外は曇っていたけど、泣いても笑っても最終日。 南米旅が終わってしまう。   ずーっとずーっと、それこそ10代の頃から、いつかボリビアに行きたいと思ってた。 旅に出ると決めた頃、…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link