旅日記 台湾 台北

絶対おススメ!士林夜市のちょっと変わったマッサージ屋さん

投稿日:2015-11-11 更新日:

4年ぶりの士林夜市でしたが、

4年前に来た時と変わったのは、ここ。↓

この建物は、2011年にリニューアルして綺麗になったらしいので、

前回来た時は行っていません。

っていうことで、入ってみましょう!!





中は、雑貨屋さんが多いイメージ。

でもって、地下に降りて行くと、フードコートがあります。

やっぱりここも、ローカルな賑わい。

 

まずは、この屋台でパールティーを買って、

ふらふらしますか!!

種類たくさん過ぎて迷った挙句、超スタンダードなパールティー。

 

そして、ふらふらと飲み歩きしていると、

日本語で呼びこみをしてくれたお兄さんがいたので、

お兄さんの屋台でごはんを食べることにしました。

 

またまた、ローカルなメニューいっぱいで迷う~!!

で、台湾名物の牛肉飯。

 

あとは、牡蠣のスープも頼みました。

牡蠣は小さいけど味が濃くて、とってもおいしい!!

これで80元=280円くらい。

ローカル屋台って、ほんとに安くて変に洗練されてない味がいい!!

 

そしてそして。

再び1階にあがり、ふらふらしてると、

 

超おススメ!!ちょっと変わったマッサージ屋さんに遭遇!!


またしても、日本語で呼びこみされてしまいました。

これもう、職業病です。

日本語で頑張っている若者見ると、無視できない。。アンタ、老婆か!

 

ってことで、お願いすることに。

 

ちょっと変わったこのマッサージ屋さんは、竹の先が複数に分かれているものを使って、

ポンポンポンと叩いてマッサージをしてくれるんです。

これが、本当にちょうどいい強さで、凄く気持ちがいいです。

 

しかも、7min 100元で頭と肩、もう100元追加で背中と腰という料金です。

お兄さん、日本語で「ここ悪いよ。」とか、「ここが痛いのは胃だよ。」とか教えてくれます。

 

足つぼマッサージでも行こうかと思っていたけど、

思いもよらず、安くできたし、今日一日の旅の疲れも癒されました。

 

お兄さん、ありがとー!!

このマッサージは、中国伝統のマッサージなんだそうです。

ここ、気軽に入れるので、ぜひぜひ、この建物の中に来たら、寄ってみてください。

ぜひおススメします。

 

場所は、建物の中に入るとすぐ右側にあるからわかりやすいし、

 お兄さんが呼びこみしているのでわかりやすいです。

 

 

「女性の一人旅カッコいいねー。ガンバッテネ!」ってお兄さん。

 おう!がんばるよっ!!

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロブログ「新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

<sponsored link>







-旅日記, 台湾, 台北

執筆者:


  1. まーぼー より:

    マッサージのお兄さん、
    春風亭昇太師匠だと思いました(笑)

    痛くないならやってみたいですね(^_^;)

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
士林夜市で小さな再会
NEXT
台湾のペットショップと西門の夜

関連記事

ニュージーランドのパパの傘

ニュージーランドの深まった秋は、雨が凄く多いのです。今朝も、家を出ようとしたら、ちょうど雨が降ってきました。でも、いつも降ってもすぐに止んで、日差しが顔を出すのです。そして、また降りだしたりもするんだけど。まる一日、降り続いている事はあまりなくて(少なくとも私がニュージーに来てからは)、傘をさしている人も、ほとんど見かけません。ちょっと雨宿りすればいいからです。

ビジャソンでのルカとの出会い

PM8:00、ウユニを出発したバスは、夜道をずっと南下していきます。 オンボロバスにも、長距離バスにも慣れてるし、しっかり準備もしていったけど、 それでもこのバス、本気ですきま風がびゅうびゅう吹いて、…

続きを読む

頑張れ!女ソンテオ

続いて向かうのは、ワット・ドーイ・ステープです。 チェンマイの街中からも見えるくらい、山の上で金ピカに光っている寺院です。 もちろん歩いていくなんて無理です。 自転車でも、かなり体力が必要でしょう。 …

続きを読む

香港旅、最初の小さなハプニング

憧れの重慶大厦に、張り切って泊まりに来たまでは、良かったのですが、予約した宿の入り口に到着した私達を待っていたのは、呼び鈴を鳴らしても鳴らしても、誰も出てこないって言う悲し過ぎる歓迎でした。

出発前夜の大ゲンカ・後編

まるでハリケーンボンビーのように、家の中を荒らしまくりながら準備をするゴロー丸の被害にブチ切れながらも、 しばらく留守にするには、やることもまだあり、 イラッとした時は、いったん落ち着けと、昔知り合っ…

続きを読む

クラクフ市内から空港へのバスでの戻り方

まだ、ポーランドには大目的を残しているので、 一足早いですが、市内から空港へのバス移動の方法を書いておきます。     新しい町に到着したら、次の予定が決まっていない限りは、 次の…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link