旅日記 香港

ホットシャワー問題

投稿日:2018-04-23 更新日:

ここで唐突のホットシャワー問題。

バックパッカーにとって、宿でホットシャワーが出るのか出ないのか、それは結構な問題ではあります。。。




 

で、香港は都会と言えども、なんてったって私達が泊まっているのは重慶大厦。

お湯は出ないとか、大丈夫だったとか、泊まる宿によるとか、いろんな話が聴こえてきていました。

東南アジアや暑い中東なんかでは、ホットシャワーなんて浴びたくなくなるくらいなので、気にもしないのですが、肌寒い~寒い国ではかなり大問題。

南米も、ボリビア、ペルー辺りはかなり苦労したなぁ。

 

で、香港の3、4月。

昼は暑いけど、まだまだ朝晩は肌寒いんですよ。

宿にいるのは、その朝晩なのでこれはかなり大きな問題。

 

でもって、私達が泊まっていた宿だけではないと思うんですが、重慶大厦のホットシャワー問題はどうだったのかと言うと、やり方がありました!

まずは最初に部屋を案内してもらった時に軽く説明してくれました。

電気のスイッチがあるあたりのお湯沸かし用のスイッチを入れたら、10分待ってねとのこと。

そしたらOKと説明されました。

 

よし、実際シャワーはどうだったのかと言うと、現在ホットシャワーは抜群に出ています。むしろ熱湯出てきて、アチチチっってなるくらい。

でも、コツがあるんです。コツと言うかやり方が。

重慶大厦で水しか出ないよ!って方は、ここを確認してみてください。

このダイヤル!!

あのですね。壁のスイッチオンにしただけじゃお湯出ないです。

10分じゃ足りなかったのかなーって20分待ってみても出ないです。

 

問題は、このダイヤルを回さないといけなかったんです。ONとかOFFとか書いてないからわかりにくいけど、これを回して、壁のスイッチをONにする。

たぶん、これはお掃除の人が掃除したついでにOFFにして出て行ったと思うんだけど、フロントの人は、まさかここまでOFFになってるとは思わないから、主電源の方だけ説明して終わっちゃうんですよね。

その後、お湯出ないんですけど~って言いたくてもフロントの人なんて滅多につかまりませんからね。

 

この事実に、今日気付いたのです。

え?今まではどうしてたのかって??

気合入れて、水浴びてました。

気合があれば風邪もひかない!これは修行だ!と自分に言い聞かせて。

 

たぶん、南米なんかのあの水シャワーもなんかやり方があったんだろうなー。

ちなみに、香港シャワーは、長くお湯を出しっぱなしにしてると水になります。これは注意。

 

それから、重慶大厦と言えど、ちゃんと毎日お掃除に入ってくれて、タオルもシーツも変えてくれます。ホットシャワー問題も解決したら快適です!

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

 

<sponsored link>







-旅日記, 香港

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
夜の重慶大厦を紹介
NEXT
次の国、マカオへ行こう!

関連記事

ニュージーランドの秋、深まる

昨夜は、みんなが疲れて早く寝ました。毎晩夜中まで一人、騒音の元になっているサウトも、さすがに早く寝たようでした。私ももちろん早く寝て、そして今朝は、目覚めもすっきりでした。いつも日曜は、10時頃まで寝てしまうけど、8時にはすっきり目が覚め、窓を見ると、カーテン越しにとっても濃い日差しが見えました。

星空と夜明けと。ウユニ塩湖にバイバイ!

朝3:00出発で、再びツアー開始です。 もちろんメンバーは一緒だけど、実は、ラパスを去る時に、同じ宿でちょっと話をした2人と、ここで再会できました。   彼女たちは、別のツアーで、今から初ウ…

続きを読む

ギネス認定 リマのナイト噴水ショー

ゆっくりとリマのとばりが降りてきて、 ちょっとずつ夜が近づいてきました。 噴水ショーが始まるのです!!     何度か、これから始まるよと言う宣伝で、 小さなオープニングが流れます…

続きを読む

いきなり敵に思えてきた…VSインドビザ

インドに行くなら、まず必要なものインドビザ。 これがほんとに厄介。   実は、初めての長期旅でインドビザも申請だけしていました。  その時は、よくわかんない箇所なんかも含めて、まずは第一関門…

続きを読む

あれれ?台湾ってこんな感じだったっけ。。。

旅の本気見せます!と意気込んだものの、でも、以前集団旅行で来た時とは、だいぶイメージが違うような。しかも下調べしてないし。迷子になりながら、心折れそうになりながら、平渓線に乗るために四苦八苦しました。

ワット・ヤイチャイ・モンコンへ歩いて行こう

カツさんとも別れ、なんだこの寂しさはっていう、旅の別れの寂しさを経験し、私は一人、駅の待合所の椅子に座りました。 しばし、自分の感情を整理したい。 大丈夫。また一人旅に戻っただけだ。またきっとこんな出…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link