旅日記 ハンガリー ブダぺスト

これがブダペストの日常。

投稿日:2016-07-27 更新日:

恐怖の館を出ると、すっかり青空が広がっていました。

市内の大きな道路、アンドラーシ通りを歩いて、市民公園へ向かうことにしました。

 

やっぱりここもヨーロッパなんだなと思う、綺麗な風景がたくさんありました。

来たばっかりの時はスラム街かと思ったけど、

一部しか見ていないのはもったいないって思うくらい、

ハンガリーの都会は落ち着いていていい。


特にこの通りは緑の道で、歩いているだけで清々しいです。

 

建物も、木の建物があったりして、なんだか素朴さもあるし、

 

薔薇と洋館が似合うのは、ハンガリーが一番だと思う。

建物の事とか、私はさっぱりわかんないけど、

そういうのを勉強している人にとっては、ただの大都会を見るよりも楽しい町なのかもな~

なんて思いました。

 

ちなみに、

ブダペストで流行りのこれ。移動する居酒屋 ↓↓


決して、ちょっと前に銀座のアバクロでやってた裸店員のサービスってわけじゃなくて、

たまたま撮ったのが、裸のパリピポ野郎どもだっただけなので、

これは裸で乗るという決まりはありませんです。(´・ω・`;)

 

これね、屋台カーみたいになっていて、道路を普通に走っているんです。

で、乗っている人たちはビールを飲みながら、爆音の音楽に合わせて、うぇ~い!!なんて、

盛り上がってペダルを漕いでいます。

 

いわゆる移動式居酒屋とでもいいますか、

まあ、乗っているのは結局、観光客なんですが、

ビールを飲みながら騒いで、そのまんま移動して、観光までできちゃうっていう

アトラクションっていうのかな?ビアバイクっていうらしいです。

 

運転手つきの一台貸し切りで、結構なお値段なので、

女一人旅には無縁の乗り物ですが、すっごい斬新なアイデアですよね。





突然後ろからやってきて、うぇ~いってあおられるんで、若干イラッとすることもありますが、

これまた他の国では見なかったので、最初見かけた時は、驚きました。


パリピポ達への返しは、普通テンションの人間にとっては永遠のテーマな気がします。(^▽^;)

私以外の、一人で歩いてるハンガリー人なんかも、あおられると苦笑いしてますから。

 

でも、こういう観光の盛り上がりが、旅する側としては安心して街歩きをできる目印でもあります。

 

英雄広場に到着しました!

ここは、ガブリエル像を中心に、たくさんのブダペストの歴史や思いが詰められた像が並びます。


こういう場所に来ると、この観光客で溢れた景色は、宝物であり、かけがえのない日常なんだなと、

そんな事を感じさせてくれます。

 

かつて、ここにもたくさんの血が流れて、

線路は天を刺すように折れあがり、破壊された建物、瓦礫、

動かなくなった戦車や装甲車で町は覆い尽され、

道端には無数の死体が窓をふさいでいた。

 

そんな激しい抗争の場所であったことを、今はだいぶ過去の事として移り変わっているのを、

こういう場所こそがしっかりと記しているからです。

ナジ・イムレ、カーダール・ヤーノシュ。

歴史に残された名前はあっても、残されない名前も幾多とあったんですよね。

 

さらに奥へと進むと、市民公園があります。

ブダペスト市民の憩いの場です。


1㎢の広い公園で、博物館やら動物園まであります。

温泉が有名なブダペストですが、この公園でも人気なのはセーチェニ温泉です。

手術痕もまだまだ新しいし、私は入れませんが、観光客にもなかなか人気のようです。

温泉では、チェスなんかもしているそうですよ。

 

ここね、ニュージーランドに居た頃に、鳥にパンをあげに行ってた公園に似ていて雰囲気好きです。

なぜか日本のっぽいベンチ発見。

 

向こうに見えるのは、ヴァイダフニャド城

美しいと言われている川とか、意外に近寄ってみるとちっとも綺麗じゃないのですが、

ここの水はとっても綺麗。

 

透き通ってます。

 

やっぱり、ハンガリーのカモも大きくて可愛い!!

ブダペストも。。。

私、住めと言われたら住めるな。(´∀`) 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

0

<sponsored link>







-旅日記, ハンガリー, ブダぺスト

執筆者:


  1. ぐるくんのからあげ より:

    面白いですね

    移動する居酒屋の話しは面白かったですね。

    日本でもやれそうですね。

    街並みがやっぱりヨーロッパです。きれいで歴史があります。

  2. まーぼー より:

    ベンチは、MOTTAINAI運動なのかな?
    捨てる紙くずをリサイクルで折り紙で遊ぼう!
    って感じですね(o^-‘)b グッ!

comment

PREV
ハンガリーが受けた恐怖、恐怖の館に行く
NEXT
ブダペストの日常をもうちょっと歩く

関連記事

ラパスの朝は。。。色々あります!

朝、頭の痛さで目が覚めました。 ぐっすり寝て調子よくても、やっぱり高山病にはかかる。 ちなみにゴロー丸も、全く同じ症状です。   よし、高山病の薬、買いに行くか。 とりあえず、手持ちのイブを…

続きを読む

マチュピチュ行くなら、真っ先にチケットを!

クスコに来たからには、マチュピチュへ行かないと。 マチュピチュは、世界遺産の中でもかなり人気の場所だけあって、 一日のうちに訪れる人も凄い人数だそうです。   でもって、旅友から、クスコに着…

続きを読む

瑞芳駅から九份への行き方

すっかり夕方になってしまったので、次なる場所へと向かいましょう! 再び、平渓線で瑞芳駅へと戻ります。 次なる場所は、台北に行った日本人はここも行くというくらいの人気な町、 九份です。   前…

続きを読む

白と青だけのウユニ塩湖の世界とコルチャニ村

列車の墓場を出て、また走り、気が付けば、窓の外は、一面の白世界。 白と青しかないような世界に居ました。 もうここが、雪景色の中にいるのか、真っ白な砂浜にいるのか、いったいどこにいるのか、 時間すらここ…

続きを読む

インド人の男の子が末恐ろしい

インド男子って、小さい頃からこんななのね。と、若干ひいた出来事あり。さて。すっかり、ツアー営業がしつこくなってしまったリクシャーのお兄さんに必死で断り、到着したのは、アーグラーでお世話になる宿、HOTEL SIDHARTHAです。

プノンペンの王宮を散歩する

博物館を出て、再び呉さんのバイクの後ろに乗り、 独立記念塔などを通って、目指すは王宮です。 かつて、カンボジアはフランスの植民地でした。 1953年に独立を宣言すると、やがて独立を記念して、5年後の1…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link