旅日記 ペルー リマ 空港からの移動・旅先での移動など情報

素敵な予感がするペルー旅の幕開け

投稿日:2017-08-12 更新日:

チリのサンティアゴを飛び立ち、車内は満席。

 

SKYエアラインは、南米のLCCです。

食事もなし、ドリンクサービスも有料。


ひとまず再び寝まくりました。

南米旅、最後の国のペルーでは、再び体調万全で旅したい!

 




 

そして、やっとペルーのリマに到着。

 

でも、ここで全員は降りず、このまま、飛行機はまた乗客を乗せたままどこかへ飛び立つようです。

 

降りる時に、ゴロー丸が忘れそうになった椅子の上のものを、 

ペルー人のおじちゃんが忘れるなよ!と、声をかけてくれました。

 

別れ際、おじちゃんに手を振ったら、笑顔で振り返してくれた。

 

もう、ペルー生活、素敵すぎる幕開け!

 

飛行機を降りる時に、たまたま日本人女性と一緒になったのですが、今後の行先は違いました。(ゴロー丸がすかさず声をかけたのです)

ゴロー丸は、ここに来てもなお、日本人が恋しいんだなと思いましたが、

リマは二度目という彼女から、市内中心部までの行き方を教えてもらえました。

 

ローカルバスは安いけど、市内までは混雑のため、2時間くらいかかることもしょっちゅうらしい。

バックパックを背負ったまま、乱暴運転の立ち乗り2時間はきついよとアドバイスされたので、素直にタクシーを使うことにしました。

 

ちなみに、このリマのホルヘ・チャベス国際空港からローカルバスに乗るには、大きなコカコーラの看板のあたりから。 ↓

ローカルなタクシーは、値段交渉もできるらしいけど、

たびレジから、つい先日、タクシードライバーがグルで、人気のない場所に連れて行き、

集団が出てきて首を絞めて物を奪われると言う、邦人被害の強盗の情報が届いたばかりだし、

ちゃんとした空港タクシーを使うことにしました。

 

ここは、安全をお金で買っておこう。

 

リマの空港のすぐそばは、川を越えるとスラム街が拡がっているのです。

グルのタクシー強盗が多いのも、頷けます。

 

とにかく、外国人を狙う犯罪は、どの国でも許せませんが。

空港内はそんなに大きくないらしく、すぐに入国審査から荷物検査へとスムーズでした。

ちなみに荷物検査は、一応ちゃんとした赤外線のコンベアーもあったけど、 

なぜか、「フルーツは持ってる?」と聞かれ、持ってないって答えたら、

行っていいよって、荷物を見られることもなく通してくれました。

顔見て、判断しているのでしょうか???

 

そして、この荷物検査を終えるといよいよ空港の出口となるわけですが、

ここでタクシー会社のデスクがズラ―っと並んでいて、物凄い客引き合戦をしてきます。

 

あれ?まだ、空港の外に出てないよねぇ?ここ空港内でしょ?って驚くくらいです。

空港タクシーは、2人で16ドル。

 

金額は、行き先によって決められているようで、

どこのカウンターで申し込んでも、料金は同じとのことです。

 

お金を支払うと、係員がドライバーさんを呼んでくれて、迎えに来てくれます。

そして、ドライバーさんについて行って、タクシーに乗り込みます。

 

やっぱり高級そうなタクシーですね。

ドライバーさん、よろしく!!

空港を出てすぐに思ったこと。

 

正直、ペルーなめてた。

 

 

ペルーがこんなに都会だとは思わなかった。

ボリビアくらいの感じかなーって勝手に思ってた。

 

まあ、リマは首都だけど、道は大渋滞。

車はなかなか進みません。

 

でもでもでも、新しい国は、やっぱりテンションあがりますね。

車のナンバーがPERUってなってる!!ってだけで、一人そわそわ。

 

コレクティーボもいるよ!!

リマは、凄く大きい街だけど、場所によってコロコロ雰囲気も変わります。

川の向こうのスラム街地帯や、いかにもな感じの高級住宅街。

  

そして、そんな住宅街では、高い鉄柵がどこの家にもありました。


リマって、やっぱり治安が不安定なだけあって、色々あるんだろうなと思った光景を、偶然、目撃しました。

 

これ、本当に凄いな。

通り過ぎて見てるだけで、びくびくしました。

 

結局、空港で教えてもらった通り、目的地までは1時間くらいかかりました。

でもね、実は、移動はこれで終わりません。


プエルト・イグアスを出てから、怒涛の移動続きの旅。

 

あと一息!!

 

そして、いよいよ、ここペルーが今回の旅、最後の国です。

 

クライマックス楽しむぞー!!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

0

<sponsored link>







-旅日記, ペルー, リマ, 空港からの移動・旅先での移動など情報

執筆者:


comment

PREV
アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港での過ごし方
NEXT
クスコへ向かうCrus del Sur

関連記事

バラナシのこの景色を覚えていよう

バラナシでの最後の食事は、初日に出会ったインド人トシに教えてもらった、 ベジタリアンフードのお店、SHREEへ。 なんだかんだ、バラナシにいる間お世話になったお店です。 体調を崩すこともなかったし、安…

続きを読む

旅先ではいつも自分の生き方を肯定したい

いつしか再びウトウトして、再び目を覚ますと、  バスは、ウマワカ渓谷の辺りを走っていました。  ウマワカ渓谷は、アルゼンチンのフフイと言うところにある渓谷です。 この辺りもまだ、標高2000メートル。…

続きを読む

忘れたくない瞬間とまたしてもインド人にキレる瞬間と

日記を見返してたら、ヒンディー語で書かれた私の名前を発見しました。 誰かインド人に書いてもらったんだろうけど、 誰に書いてもらったのか覚えてないのです。 彼らかなぁ。。。→ インド人の男の子達との束の…

続きを読む

エアポートレイルリンクに乗ろう

初めての空港泊となりましたが、疲れには勝てず、 既に心を決めていたためか、気がつくとちゃんと寝られていました。 何分ほど経ったのか、 まるでサイレンを鳴らされたかの如く響いた、おばちゃんの声で起こされ…

続きを読む

来た時とは確実に違う気持ちでハンガリーを去ります。

ハンガリーフォリントは、ちょっと余ってしまいました。 旅に出て、なんとなくたまたま来てみた国。 こんなことでもなければ、一生来なかったかもしれなかった国。 ハンガリー、ブダペストは、思いもよらず出会い…

続きを読む

クスコへ向かうCrus del Sur

お母さん、私は今、ペルーのリマにいます。 長いようであっという間だった、この南米旅も、いよいよ最後の国となりました。   正直、ものすっごくまだまだ足りないって思うくらい、南米の居心地が最高…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link