旅日記 ニュージーランド オークランド 留学

オークランドアートギャラリーに行ってみる

投稿日:2022-10-11 更新日:

ニュージーランド留学 の頃の記事を古いブログから移行します。

*日付は留学時のものではありません*

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は放課後、ついに欲しかった手袋を買いました。

ニュージーランド製の羊毛100%の手袋で、すっごくやわらかくてあったかいです。

さすがに冬に突入しているので、朝がかなり辛いのです。

それでも時折、裸足とか半袖とかでいるニュージーランド人は、体温どうなってるんだろうと思う。

まぁ、昼は、そこまで極寒ではないけど。

 

その後は、ずっと行ってみたかったオークランドアートギャラリーに行ってみました。

クイーンストリートから少し裏道にあるこの美術館は、真っ白い綺麗な建物で目立ちます。

 

中は、マオリの歴史の絵を中心に、かつて使われていた農具や、拷問器具も展示されています。

目に飛び込んできたのは、マオリが島を発見した時の大きな絵。

ちょっと衝撃的な絵だけに、思わずじーっと見入ってしまいます。

何日間も漂流し、みんな飢えに苦しんでいる表情の中、希望の島が見えた瞬間を現していました。

マオリ族は、その島をアオテアロア(長くて白い雲がある地)と名付けたそうです。

なるほど。私もこのニュージーランドに来て、凄く印象的なのが、白い雲。

遠い昔にここを発見したマオリの人も、同じ事を感じたんだな。

 

他には、人物画や絶滅した鳥、ジャイアントモアとマオリの人々が共に暮らしていた頃の森の風景などなど、たくさんの風景画が飾られていました。

これらは、マオリの人達が描いたのかな?

その中で、とても気になり動けなくなるくらい見入ってしまった絵がありました。

黒い雨が降っているような、そんな景色の中に窓が描かれている絵でした。

解説を読むと、雨だと思った物は涙とのこと。

きっと、黒い涙を流すほどの、絶望と深すぎる悲しみ、苦しみ。

しばらく、その絵の前に立ち尽くしてしまいました。

 

美術館を出て、バス停へ行くと、なんと近くのビルで火災が起きたらしくて、車両通行止めでバス停に行けませんでした。

乗り場はあっちに到着するらしいよと、係員とかではない、何の人なのかわからないような人が教えてくれました。

こういう時、やっぱり日本を思い出します。

急なトラブルにもちゃんと対処する日本はやっぱりきちんとしているなぁと。

 

言われた場所に行き、ちゃんとバスに乗れました。

家のそばのバス停でバスを降りると、なんとジョーも同じバスに乗っていました。

「おおー、サヨ!久しぶり!最近、どうしてた?サウトとは良く同じバスになるけど。」

「ああ。私、サウトと同じバス嫌だから、早いバスで行ってるんだよ。でも、私もミンには良く会うよ。」

いっつも思うのは、なんで私のホームスティメイトはサウトなんだろう。

ミンでもジョーでも良かったのに。まぁ、同じ学校じゃないから、当然だけど。

でも、サウトもおんなじこと思っているのかもなー。

 

家に帰ると、案の定サウトは帰ってきていませんでした。

今日の夕飯は、野菜とハーブとチキンがたっぷり入ったミネストローネです。

「今日は特に寒いから、体があったまるようにね。」

とパパが言いました。

本当に朝晩は、雪が降りそうってくらい寒いです。空気が澄んでいる冷たさ。

毎日、あったかいパパの手作りごはんが、本当に幸せ。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

 

<sponsored link>







-旅日記, ニュージーランド, オークランド, 留学

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
留学中のなんてことない貴重な日常
NEXT
愛犬と行く商業施設ラクーアと東京ドーム

関連記事

初めましてのネパールで食べまくりの初日

長距離バスはやっぱり到着時間が遅れて、夕方にカトマンズに到着しました。 予約してきたホテルは、なかなかわかりにくい場所だったみたいだけど、 タメル地区です。    タメル地区とは、カトマンズ…

続きを読む

私が一番迫力ある十分瀑布を見た自信がある!

天気は微妙なまま。 相変わらず、台湾に来てまで乗り物を使わず歩いているので、 ほんっとうにこの道で合っているのか不安なまま。 とある場所へと向かいます。   十分は、駅の周辺こそあんなにぎわ…

続きを読む

この旅で一番衝撃だった事故

私はどうも、時々交通事故を目撃することがあって、 それまた海外でもしかりで、 その後は、寝込んでしまうのです。。。   ひとまず、元気にプエルトイグアスを去り、ブエノスアイレスまで24時間オ…

続きを読む

ついに来た!アンコール・ワット

アンコールワット入口に到着。 さあ、長い一日の始まりですよ!!   さっきのチケット売り場も、すんごい人だったけど、 さらにここは人、人、人だらけ。 観光客を乗せてきたトゥクトゥクも、そりゃ…

続きを読む

シェムリアップのキリングフィールド

途中、コンビニに立ち寄って、 すっかり長旅でボロボロになってしまった私の服を、つるさんにつっこまれつつ、 おかさんの人生楽しみ過ぎている話を聞きつつ、 青春してるっぽい感じで、自転車二人乗りで向かいま…

続きを読む

あれれ?台湾ってこんな感じだったっけ。。。

旅の本気見せます!と意気込んだものの、でも、以前集団旅行で来た時とは、だいぶイメージが違うような。しかも下調べしてないし。迷子になりながら、心折れそうになりながら、平渓線に乗るために四苦八苦しました。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link