旅日記 タイ バンコク チェンマイ 長距離バス

バンコクからチェンマイへのバス移動は。。。

投稿日:2014-06-30 更新日:

暇を持て余し、ベンチで昼寝をしまくっていましたが、

夕方頃、気配を感じて目を覚ますと、

なんかばっちり目が合っちゃった存在がありました。

 

この子。

あわわ・・・

私の寝顔見てましたね!!あなた!!

気をつけてくださいよ!悪夢にうなされるかもしれませんからね!!

 

なんて。

バンコクなんてとっても都会なんですが、

なんとこんな公園にリスが住んでるんですね。

しかし、ここの公園は凄く雰囲気がいいです。

警備員らしき人もいるし、色んな人が色んな事をしています。

 

そして、色んな人種がいます。

デートを楽しんでる学生タイ人カップル、読書をしている女の子、

体操している人、休憩している外国人、昼寝をしている外国人(私ですね。)

日本にいるときはあんまりしないけど、

こうやって人間観察をしているのもなんだか楽しい。

 

なんてのんびりしてたら、パッタイを食べてからバスに乗ろうと思ってたのに、

時間がなくなってしまいました。

なので、セブンイレブンで、タイに来てからお気に入りのパンを購入。

この左のタロイモのパンがめちゃくちゃおいしくてお気に入りなんです。(´∀`)

で、移動だしと思って右のスイートポテト味も買ってみましたが、

羊羹が苦手な私には甘過ぎの味でした。。。

 

さて。

今夜のバス移動は、ツアー会社にてピックアップを待ちます。

タイのピックアップは、だいたい大幅に遅れた事がないので、安心ですね。

それでも今日は若干遅れ気味だったようで、10minほど過ぎて到着。

それなのに、ツアーデスクのお姉さんが、遅れてごめんなさいねって。

 

ラオスでは置いていかれそうになり、

ベトナムでは、たいてい大遅れで到着。

まったく問題ありませんです!!(`・ω・´)ゞ

 

バスは大通りのだいぶ離れたところに来るようで、

「ついてきてー」っていうおじさんについて歩きます。

同じツアー会社からも10人くらい行くようです。

 

とりあえず、いつものごとく、良い席を確保したいので、

おじちゃんの真後ろをぴったりついて歩きます。

すると、大して歩かないうちに、なんかバイクのお兄さんが来て、

おじちゃんとなんか笑いながら世間話を始めました。

で、おじちゃんが振り向くと私に、

「キミ、彼に乗せていってもらうといいよ。どうせ同じ場所に歩くから。」と。

ミー???why (・Θ・;) 

だけど、乗せてもらえるなら楽なので、素直に甘えることに。

 

バイクのお兄さんは私を乗せると、

「カメラ、パスポート、お金、忘れ物はないかい?もう取りに戻れないからね。」

親切にも、そんな言葉をかけてくれました。

「心配しないで!大丈夫。」と言うと、OK~とバイクを走らせ、

5分ほど走り、バス乗り場につくと下ろしてくれました。

 

「良い旅を~。」

ありがとー。お兄さん!!なんかよくわかんないけど、

すごくラッキーだったみたい!(゚∀゚*)ノ

この、ただのセブンイレブンの前にバスは到着するようです。

他の町に行くバスも来るようで、待ち人がたくさん。

 

バスが到着しました。

さあ、行きましょうか!まずは、2回目のチェンマイへ!!

 

乗客はとっても少なくて、バスの座席の半分程度でした。

添乗員らしきお姉さんは、欧米系はみんな前の方へ座らせて、

私とチャイナのカップルは、真ん中くらいに座らせました。

 

でもって、カップルに

「あなた達、後ろの席に行ってもいいわよ。映画つけるから。凄くうるさいわよ。」と。

なのに、なぜかカップルは、「いやだ」と言い、

しかも前方の席へわざわざ移動して行きました。

 

なので、「私、一番後ろに移動していい?」ってお姉さんに聞いて移動しました。

一番後ろなので、椅子も倒し放題で、誰にも迷惑かからないし、

しかも真ん中から後ろまでだ~れもいないので、

ちょっと私ひとり貸し切り気分が味わえます!(笑)

 

周りの目も気になんないし、映画も大音量でかかっていたのをいいことに、

一人カラオケ大会で熱唱してました。

大好きな関ジャニの曲で盛り上がったら、なんかすっきりしたー。

 

途中、食事・トイレ休憩で寄った売店でお菓子を購入。

でもこれ、またしても甘過ぎて

この後、一週間近くかけて食べる羽目になりましたが。。。

売店を出ると、しばらくして映画も終わり、

消灯もされたので目一杯席を倒せる席だし、

すっかり寝入っていました。

 

しかし、

 

しばらくして膝に何かが圧迫して乗っかってきた感じで、

瞬時に目を覚ましました。

 

あいたたた。。。。

な、なにごとっっっ!まさか、泥棒!!???( ̄□ ̄;)

 

めちゃめちゃ、心臓がばくばくして、ひやっとしましたよ。

犯人は、欧米系の女性が前のエリアから移動してきて、

このガラ空きだらけの座席の中で、

わざわざ私の席の真ん前に座り椅子を倒して来たのです。

で、その倒した椅子が私の膝を圧迫してきて起こされたと。。。

もう気持ちよく寝入ってたのに!嫌がらせとしか思えない!!

思わず立ち上がって、「あんた、バッカじゃないの!?」と怒鳴りました。

すると気まずそうに慌てて椅子を戻す彼女。

もう、この辺ぜーんぶあいてるのに、

なんでわざわざ私の真ん前に来るのかなぁ!!で、起こすかなぁ!!

頭悪いっていうかなんていうか。。。(-“”-;)

 

ここまで楽しかったのに、ちょっと残念な夜行バスでした。。。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

0

<sponsored link>







-旅日記, タイ, バンコク, チェンマイ, 長距離バス

執筆者:


  1. haruka より:

    初めまして

    本当に一人旅って怖くないんですか?

    今の夜の中 色々あるから・・・

    気を付けて旅を続けて下さいね

  2. さくら より:

    こんばんは。初コメです

    どうもはじめまして。

    私も、独身時代(20代)の頃は
    東南アジア(主にタイが中心)を一人旅していました。

    読ませてもらい懐かしく思ったのでコメントしました。

    私はサムイ島が大好きだったので、10回程タイに行きましたが、その半分はサムイ島に行きました。

    最後の一人旅は、ベトナム→カンボジア→タイ→マレーシア→ボルネオ島→マレーシア→バリ島。と一ヶ月半の旅でした。

    日本ではできない貴重な経験がたくさんできて今でもいい思い出です。

    又、じっくり読ませて頂きますね。

comment

PREV
再び女一人旅へ
NEXT
相変わらず苦手な街チェンマイ

関連記事

台湾のローカルなローカルな何もない駅”八堵”

はい。 四苦八苦しながら、なんとか平渓線の旅へ向けての電車にやっと乗れました。 車窓の景色は、段々と都会を離れていき。。。   やがて、山ばっかり見え始めました。   平日の午前中…

続きを読む

罪を洗い流してくれる沼

岡村さんのトゥクトゥクは、更に走り、 また新しい遺跡に到着しました。   なんかお祭りみたいな音楽が流れていて、 ※音楽の正体は、地雷で足などを失った方達が楽器を演奏しているのです。  アン…

続きを読む

初めての水上船移動とシリラート病院での体験

バンコク、結局戻ってくるんですよね。最後に。 なので、冒険はスロースタートでいいんです。 今日は、チャオプラヤー川のこちらの岸と向こうの岸を往復している、 水上船(渡し舟ですね)に乗って、どこかへ行こ…

続きを読む

出発前夜の大ゲンカ・前編

南米旅へと出発するまで、あと8時間。   私はもう、3日前にはパッキングを完了していたので、 現地一日目のスケジュール確認や、移動の方法の確認、 移動中に聴くための音楽を、PCで移動したりし…

続きを読む

来た時とは確実に違う気持ちでハンガリーを去ります。

ハンガリーフォリントは、ちょっと余ってしまいました。 旅に出て、なんとなくたまたま来てみた国。 こんなことでもなければ、一生来なかったかもしれなかった国。 ハンガリー、ブダペストは、思いもよらず出会い…

続きを読む

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所3 死の壁

また、別のバロックでは、別の展示がされていました。   収容所であるからには、役割などもありました。 まずは、この建物自体、収容者が造ったものです。 ここは、この収容所の中でもまた有名な”死…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link