旅日記 ペルー リマ

リマの夢の国、噴水公園

投稿日:2017-10-20 更新日:

リマ観光も、いよいよ最後となりました。

最後はここに行こう!と楽しみにしていた場所へ行きます。

  

ギネスにも認定されている、大きな噴水公園です。

心が疲れたら、水のある場所に佇むべしというのは、

初めて旅に出た頃からの、

友達からのアドバイスだったんだけど、

南米旅では、心が疲れたなーなんて思うことは一度もなく、

幾度と困ったことはあったけど、

現地の人にたくさん助けてもらって、

無事に、この最後の夜を迎えることとなりました。

 

 

でも、本当に水辺のパワーって凄いと思う。

もちろん、昔からの長い付き合いの友達からの言葉って言うのも大きいけど、

日本にいて、心が疲れた時はいつも、

水辺にちょっと行ったりもします。

 

水のあるところというより、水の流れのあるところ。

それをぼーっと眺めていると、

何も考えなくともなんだか楽になれるんですよね。

おすすめです。

 

ってことで、旅に出る前、そういう所を探していたら、

リマに大きな噴水公園があるらしい。 

で、噴水ショーも観られるらしい。という話を目にし、

これは絶対行きたい!と思ったのです。

 

私、噴水ショー大好きで!!

ポーランドのヴロツワフで観る予定だったのに、

アクシデントで見られなかったじゃないですか。

 

もう、行くっきゃないですよね。

イグアスの滝以来の水辺です。

  

再び旧市街からメトロポリターノに乗って、

降りたのはこの駅。 

Estadio Nacional駅です。

 

駅を出て、歩道橋を渡るとすぐに、

ナショナル・スタジアムが見えてきます。

ナショナル・スタジアムを右手に見ながら、

奥へと歩いて行くと、

噴水公園の入口があります!!


着いたー!!

おっと。

入る前に、入り口前にいるおじちゃんから、

おやつを買ってから入りましょうか!!

 

「ミスター、ひとつくださーい!」(^O^)

「ほいよー。好きなの持って行きな。ひとつ1ソルだよ。」

 

バナナチップス。

初めて食べた時こそ、軽い衝撃だったけど、

この甘くない、ポテトチップスみたいな塩味のバナナチップスは、

路上で売っているおじちゃんから買うと、

どこでも1ソルで買えて、

旅のおともには凄くいいおやつでした。

 

そんなのも、いったん最後。。。寂しいな。

おじちゃんが、グラシアースって、

ニコニコ送りだしてくれるから、

余計になんか寂しさが増すよ。。。(´・ω・`)

 

いかんいかん。

センチメンタルになっている場合じゃない!

噴水公園を楽しもう。

  

入り口で入場料4ソルを払ってから入ります。

 

ここは、午前中から3時までは、

無料開放されているレセルバ公園という名前の、

ただの公園なのですが、噴水が見られるのは、

有料となる15時以降から。

そして、ショー自体は夜暗くなってからとなります。

 

入っていきなり、目の前にこんな大きな噴水が上がったから、テンションも一気に高まる!

ここには、13もの色んな形の噴水があります。

中は結構広くて、草花や装飾なんかもこだわっていて、

かなりメルヘンチックです。

 

奥の方がメルヘンチック。

サンタクロースの家があって、トナカイもいるよ!


思いだす、ボリビア国境のI hate chopper事件。笑

あの時、ルカに見せたのはこのタオルでした。( ´艸`)

 

そして、噴水と遊べるようにもなっています。

例えばこんな風に水のアーチをくぐり抜けたり、

 

お次は、ここ!!

音楽に合わせて、水が跳ね上がったり、

引っ込んだりするのです。

ここは、真ん中まで入れるようになっていて、

リズム感がいい人は、濡れずに中心まで行って、

帰って来られるんだとか。

 

夏場はここでびしょぬれになって遊ぶ子供達で、

賑わうそうです。

 

今日は寒いので、人ほぼいないけど。

濡れても大丈夫!!

親切なことに、ちゃんと着替える場所まであるそうですよ。

 

よーし!行ってみましょうぜ!!

 

と踏み出したけど。。。。

だめだ。これが限界。

無理無理!!って地団駄踏んでたら、

近くに居た親子連れに笑われると言う―。。。

 

そもそもさあ、何の音楽なのかわからずに、

初めて聴いた曲に合わせて行くって言ったたって、

限度があるよね!!

水の動きも一定じゃないし、

クラシックなんてテンポ変わりまくり転調しまくりだし、

To codaとか出てきまくりだったら、

どうしてくれるんだよ!!

 

と、リズム感という言葉に、

幼少期からの(趣味)楽器演奏家の馬鹿げたプライドで、

逆ギレ言い訳してますが、 結局のところ、

大人には、守りたいものがいっぱいあるんだよぅ。。。どうしようもない言い訳

 

おっす!!おめえ、なんでこんなとこに居るんだー?

地球の裏側だぞ!(あの声でどうぞ。)

ぺルーの古い時代のモチェ土器とのコラボレーションの噴水。

 

こ、これはぁー。。。

18禁なんじゃありません??? 

ズームイン!!!

安心してください!!

蛇使いとコブラですから!!何を安心するんだ。。。

 

ベンチに座って、アルパカと記念撮影してたら、

なぜか通りすがりの観光客に、

次々と指さされて爆笑されました。 

なーんか、おかしな東洋人がおかしなことしてるぜって感じかな。

どの辺がおかしいのかいまだわからず。

 

と、こんな具合に、思いっきり噴水公園を満喫してますたです。

でもこんな都会に、こんな爽やかで楽しめる観光場所があるっていいですよね。

 

木には、野生のインコがいっぱいとまっていました。 

 

鳥つながりで、飾りかと思ったら、本物だった。

か~わいー。

まだまだこれからも、各国の野鳥も撮って行きますからね!!

 

さて。

あっという間に日が暮れてきました。

ガラガラだった園内も、急に人が増え始め、

だいぶ賑やかになってきました。

 

いよいよ、この公園のメインイベント、

噴水ショーが始まるのです。

 

ショーはこの横長の噴水で行われます。

 

あっという間に暗くなり始め、

他の噴水もライトアップされ出して、

幻想的な雰囲気になってきました。

ちょっとずつ雰囲気が作られるように、

時々、ショーのかけらが上映されたりもするのです。


 

待ちましょう。

 

どきどき。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, ペルー, リマ

執筆者:


  1. ジョークおじさんタケシ(団塊世代) より:

    心が疲れた時は水の流れる場所、覚えて
    おきましょう。
    もっとも最近は年齢のせいか身体は疲れても
    心はなかなか疲れませんが(笑)
    最後まで旅を楽しんでください。

  2. ぐるくんのからあげ より:

    噴水公園

    都会の真ん中に、こんな公園があるっていいですね。

    やっぱり日本とは文化が違いますね。

    これから始まる噴水ショー楽しみですね。

    初めてディズニーのパレード見たときの気分ですね。

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
リマ、歴史の道で危ない言葉囁かれ小事件
NEXT
ギネス認定 リマのナイト噴水ショー

関連記事

瑞芳駅から九份への行き方

すっかり夕方になってしまったので、次なる場所へと向かいましょう! 再び、平渓線で瑞芳駅へと戻ります。 次なる場所は、台北に行った日本人はここも行くというくらいの人気な町、 九份です。   前…

続きを読む

やっと憧れのクトナー・ホラが見えてきた。でも。。。

下調べゼロで来ると、ヨーロッパの鉄道に乗るのは大苦労ということがわかりました。当たり前っす。 電光掲示板で、クトナー・ホラ行きの電車の出発時刻が出るのを待ちます。     待ちます…

続きを読む

ひとつだけハノイでやり残したことがあった

今日は再び、新しい街へ移動の日です。 次の街、フエへと夜行バスを待ちます。   ハノイ、満喫したなー。 Hanoi Hostelのドミトリーも、使えるシャワーとトイレが各1しかないってことを…

続きを読む

また会おうね!!カンボジアの大好きなトモダチ

来た時は、あんなに先が長く感じたカンボジアも、ついに今日発ちます。 ただ、このサウナ状態の女子ドミトリーに、7日間もいたことは、 物凄い修行になりました。(笑) 毎年、東京の夏に負けそうになっていまし…

続きを読む

二・二八和平公園にて

今日は、昨日のどしゃ降りから一転、快晴!!   これはぁー。。。 昨日と今日の観光スケジュール、立て間違えたかも!!   エアコンガンガンのホテルから外に出たら、 カメラのレンズも…

続きを読む

人骨を巡る旅 inクトナー・ホラ セドリツ編 聖マリア大聖堂

クトナー・ホラは、ずっと来たかった町と言っていますが、 何があるのか。 ほんっと、田舎町です。お店も見当たらないくらい。   こんな感じの誰もいない、これといった建物もないような道を歩いてい…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link