旅日記 マカオ

ヨーロッパ色だけど、やっぱりマカオ!

投稿日:2018-04-28 更新日:

仁慈堂大楼

セナド広場に到着!周りを見回しちゃうくらい雰囲気が変わって異国感漂い始めた!




 

これは、民政総署。

まあ、いわゆる役所です。でもすっごい綺麗ですね。

マカオの歴史にとって重要な建物なので、かなり大切にされているようです。

 

さて、ここを背にして歩いて行きます。

 

石畳とヨーロッパ式の建物がアジアであることを忘れさせるような景色です。

香港もイギリス感が濃く残っているはずなのに、無理矢理なビルのせいか、どこかあまりパッとしなくて、むしろ中国っぽさ溢れる下町っぽいところの景色の方が素敵だったけど、マカオは、このヨーロッパ風から、どんな姿が垣間見えるんでしょうね。

でも、高いビルが立ち並ぶより素敵です。

 

このぐにゃぐにゃの道を辿ってると、時とか空間とか歪んでるみたいでなんだか愉快!

そして、この奥には、大好きな教会があります。

 

聖ドミニコ教会

黄色が素敵な教会。まさにこの街並みに似合ってる。

ここは”薔薇の教会”と呼ばれています。

中へ入ってみましょう!

なぜ薔薇なのかというと、聖母の呼び名の1つでもある「ローザ・ミスティカ」から。薔薇は、聖母マリアの花だとも言われています。

この教会にいるマリア像は、薔薇の聖母マリア像なのです。

天井のモチーフにも薔薇が描かれています。

しかも、外壁と同じ黄色の薔薇。

黄色の教会なんて、とっても珍しいですよね。

マカオは黄色が多い。エッグタルトも黄色。まぁ、関連性はないですけど。

 

ここを過ぎると、とたんに観光地感が増します。

お土産屋さんがとにかくたくさん並ぶのです。

マカオ名産のエッグタルトも観光地価格だけど、いたるお店で売られているし、食べ歩きできるようなものもそれなりに。

まるで京都の清水寺への道みたい。

店先には店員さんが立っていて、ガンガン味見の商品を渡してきます。

マカオの有名土産はジャーキーとクッキーのようです。

クッキーもジャーキーもいいけど、これなんだろうってお土産も結構あって、若干賭け状態でいくつか買ってみました。

そのうち、紹介します。

 

そして、脇道にはこんな感じのテント屋台も並んでいます。

こういう雑多な感じが、やっぱり中国の一部なんだなーと感じます。

これもこれで面白いけど。

でも人の感じは、中国、香港、マカオと異なってくるから、やっぱり違う国そのものなんだなとも感じたりして。

 

そして、このお土産屋ストリートを進んで行くと、

マカオを代表する観光地が現れました。

 

聖ポール天主堂跡

とびっきり、すっごい人です。

それにしても、マカオの日差しきついなー。

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

 

+3

<sponsored link>







-旅日記, マカオ

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
マカオに着いた!急に雰囲気が変わった!
NEXT
マカオでも人骨を巡る旅

関連記事

留学は”引きこもり厳禁”

またしても絶不調のホームシック。でも友達からの手紙に励まされて、一人で出かける事に。留学は本当に色んな人に出会う。嬉しいことも、嫌なことも。そして、悲しいなって思う問題にも。

これが忠烈祠の衛兵交代

ふらふらとさまよって、ようやく到着した私を待って、衛兵交代式が始まりました。 あ、私を待ってたってのは嘘です。 でも、到着と同時に始まったので、かなりびっくりしました。   ここも、1時間に…

続きを読む

重慶大厦の雰囲気はどんな感じ?

無事、空港から重慶大厦へ到着しました!
憧れの重慶大厦です。ずーっとここに来てみたかったー。
出発前の記事にも書いた通り、香港旅の間、お世話になる宿は、重慶大厦です。
重慶大厦とは、なんぞや?

辿り着いた街、カンチャナブリー

映画”戦場にかける橋”のモデルにもなった鉄橋がある町、 すなわち、日本にもとてもゆかりのある場所 カンチャナブリーに到着しました。 さて。 無事にバスでの初移動をクリアし、次なる試練は宿探しです。 &…

続きを読む

ヴィクトリア・パークと渣甸坊を歩く

香港最大の広さと言われているヴィクトリアパークで出会った以外な異国文化。香港に来て、これに出会っちゃうとは。
また、香港島の女人街と呼ばれている渣甸坊も歩いて、やっと買いたい物に遭遇。

こんな気持ちで何度も旅の終わりを感じて

ここんところ、なんかもうずっとせつないんです。 理由は、ひとつしかなくて。 楽しかった南米旅の終わりが迫っていることを、ひしひしと感じるからです。 長旅の終わりは、いつもこんな気持ちになります。 たと…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link