国内の変わった場所・おすすめ場所

私の中では日本一の水!大歩危峡

投稿日:2015-01-22 更新日:

さてさて。

次に向かうは、徳島県です。

11月の初四国で愛媛と高知、

そして今回、香川と。。。徳島入ったー!!

ついに、四国制覇です!!





って、まだまだ四国も行きたい場所山ほどあるんですけどね。

それらを回るには、時間もないので、かなり駆け足でした。

とにかく、限られた短時間の中で、これだけ行けたので満足です。

 

徳島に入ると、また香川とはちょっと違って、山が目立ち始めました。

これ、道ですか??面白いですね。

 

続いて向かっているのは。。

ここ!!

。。。って、大歩危小歩危の文字、完全にぼけております。。。 あっ、ダジャレじゃないですからね!!

 

なんか、名前を聞いただけでは、そこどんな場所?って印象の観光場所。

由来を知れば、なるほどな名前であったりもするんですけど。

ちなみに、おおぼけ・こぼけ と読みます。

大股で歩いても小股で歩いても危ないからってのが由来なんだとか。(諸説ありだそう)

 

実際その通りの、かなりのほそーい山道再びで、途中野生の猿に遭遇したり、

嵐の二宮くんがなんかの番組でロケしてた崖っぷちの小便小僧に遭遇したり。ここにあったんだー

運転手は大変だけど、助手席の山道は楽しいです。

 

高知の沈下橋もかなりの山道を走ったところにあって、到着は夕方だったので、

今回は、暗くなる前には着きたいところ。

しかも、雪が降ってしまったら、行けなくなってしまうので。

 

そんな心配をしながら、無事到着しました。

予想はしてたけど、、、、さ、さむいーーーーー!!!

 

ってことで、このお店でちょっとだけ温まりますかね~。

この辺、名物らしいです。”でこまわし”っていうのを食べました。右のやつです。

こんにゃくとか、芋とか、練り物かな?とか、味噌で味付けされて、こんな風に焼かれています。

なんか、こんな光景、すっごくいいですよね。

 

これがほんっとうの良き日本なんだよ!と、外国人には、こういうのを見てほしい。

こっちは、鮎の塩焼き。絵になるなー。

さてさて。

寄り道もほどほどに、

行きましょうか!大歩危峡(おおぼけきょう)とやらに。

 

これまた、ほぼ予備知識なく連れてきてもらって、ほんとに感動した場所でした。

これが、そうなんです!

 

大歩危峡


観てください!!

この水の色の美しさったら!!!

この世のものとは思えないって、こういう時に使う言葉ですよね。

 

はぁぁ~、きれい~。

ゴラム、いそう~。(●´▽`●)

今までの自分の中での、人生で見た日本ナンバーワンの水は、

蔵王の御釜がダントツで一位だったのですが、

もうこの透明感、今までどこの水でも見たことのない色。

ニュージーのフカフォールスにも対抗できる!!いや、対抗しても仕方ないけど。

 

徳島って、そんなに自分の中でもイメージが湧かなかったんです。

でも、こんんんんんんんんっなに、綺麗な場所だったんですね。

水が綺麗って、ほんとに素晴らしいことだと思う。

だって、どんなに造り上げても、この水の色だけは、絶対にごまかせないものだから。

 

来て良かったー。寒さも吹っ飛んだ。

と感動しまくりで、調子に乗っちゃったのか、なぜか自分史上、自分に無茶ぶりをするっていう暴挙に。

 

この後、この綺麗な景色が私の中で恐怖の景色に変わるのです。

徳島、後編へつづく

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

0

<sponsored link>







-国内の変わった場所・おすすめ場所

執筆者:


  1. プレアデスソウル☆アリエル より:

    うわあ!

    サヨさん、お久しぶりです(ノ´▽`)ノ

    私、4月初旬に四国行きます。人生初(笑)

    うわあ!遡って読ませていただきますね♥

  2. ヒロタロウ より:

    四国制覇すごいです!
    憧れますなあ

    大歩危峡
    すごいきれいですね!
    日本にこんなところがあろうとは

  3. まーぼー より:

    素敵な場所ですよねぇ~(o^-‘)b グッ!
    ここの水の色は今でも鮮やかに覚えています。

    昼食をとるために寄っただけでしたが、
    川のそばまで行って捨身を撮って来ました!

    ここまで行ったにもかかわらず、
    日本三大奇矯のひとつ『かずら橋』を見ずに
    次の目的地へ移動してしまったのが残念でした。

  4. Yeti より:

    サヨさん、こんにちは。

    おおぼけ、こぼけに行ってきたんですね。
    私は、高速ができてからは、
    高知に帰っても、ほとんど行くことがなくなりました。

    私の一番最近のおおぼけは、数年前になるんですが、
    母と一緒に日帰りで露天風呂に入りに、祖谷温泉に行きました。
    http://www.iyaonsen.co.jp/bath/
    ケーブルカー体験はサヨさんにはちょっと怖いかも・・・
    だけど、すごく良かったですよ、露天風呂。

    もし今回行かなかったのなら、是非、また今度一回行ってみて!

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
骨仏のお寺、法然寺
NEXT
超恐怖!美しき水にかかるかずら橋

関連記事

国立民族学博物館 アフリカ、イスラムコーナーは不気味

楽しかった大阪のみんぱくの続きです。 民族博物館その1の記事 → こちらから まずは、インスタントラーメンから。これは、ヨーロッパへの移民が営業しているお店のインスタントラーメンらしい。こういうのも、…

続きを読む

古墳時代のお墓 吉見百穴

埼玉の吉見町に不思議な穴があるのです。 まるで小人が暮らしているようで、実はかなりの時代を超えた文化遺産で、一部の人には心霊スポットとも言われているらしい。 日本のホビットンなんて呼ばれてもいるらしい…

続きを読む

微笑むたくさんの石像に会える愛宕念仏寺

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)は、世界で一番優しい気持ちになれるお寺かも。 三連休のど真ん中の日、嵐山は大混雑で竹下通りみたいになっていたのですが、 このお寺に向かうべくバスに乗り込むと、人はとっても…

続きを読む

宮島上陸

連休初日と言うこともあり、フェリーはすっごい人でした。 もっとも厳島神社に近づいたポイントでは、人の背中を見て通り過ぎるという混雑具合。 でもでも、水辺っていいですね。 せっかくの快晴だけど、やっぱり…

続きを読む

生きたまま仏になるってどういうこと?

即身仏って知ってますか? 僧侶の修行の中でも、もっとも過酷で崇高な修行なんだそうです。 生きたまま自分が仏となった僧侶をそう呼ぶそうです。 生きたまま仏なんてどういうこと? それは、この後書きましょう…

続きを読む

ペンギン好きにおすすめ 那須どうぶつ王国

動物園好きな人にとって、出来る限り近くで動物を見られるってのは、かなり嬉しいポイントだと思います。 そして、那須どうぶつ王国では、そんな願いを充分に叶えてくれちゃうんです。 しかも、ガラス窓とかの仕切…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link