旅日記 ペルー 長距離バス

ペルーの色を感じて

投稿日:2017-08-20 更新日:

想像を遥かに超えて大都会だったリマを、

バスで出発してすぐに、

窓の外には、こんな景色が拡がりだしました。

そうそう。

私が、イメージしてたペルーの色ってこんな感じ。

 

そりゃ、都心部は、都会だろうけど、こんなペルーの方がいいなと思う。

やっぱりバス旅って楽しい!

全部の景色を、フィルムみたいにして、瞼に焼き付けておけたらいいのに。

この景色も、きっとすぐに恋しくなる気がする。





バスは、いくつかのバスターミナルによって、また人を乗せていきます。

 

クスコまでの大きい町の名前は、イカとか、ナスカとかです。

名前を聞いただけで、砂漠がイメージできますよね。

 

でももう、本当にずーっと、こんな感じのデザートタウンが続いていて、

眺めているだけで楽しくて、目が離せない。

時々、山ばかりが多くなると、山肌に、文字とか絵が見えてきて、

これが、ナスカなんだなと感じられます。

 

ナスカと言えば、御存知、上空から見下ろす有名な地上絵です。

ちょっと期待してたけど、

地上絵、まんまと陸からじゃ見えなかったけど。

 

でも、この町に住む人たちは、どんな風に日常を送っているんだろうと、

旅人心を掻き立てられるのです。

 

そして、インカ文明を思うと、

文字などなくても、数字を残す方法、キープしかり、

彫刻を始めとした独特の技術しかり、

文字に負けない文化を築いていたことも、

頷けるような、感じられるような、そんな色。

 

先進国という能書きがなんだ、

発展途上国と言う、勝手な基準がどうした、

 

勝手に決め付けられた、そんなこと、どうでもいいよと言うような

そんな強さがある景色が続くのです。

田舎の景色全体を見て、かっこいいなと感じることは、なかなかないかも。

やっぱり南米だー!

 

これは、お祈りをする祠。ペルーにもちゃんとあります。

 

屋上に、たくさんの洗濯物の、これまた好きな景色。

バス車内は、完全に満員ではないものの、とっても穏やか。

 

道は、相変わらず、凄く揺れますが、そんな中でもアテンダントさんが、

色んなサービスの為に、忙しなく動き回っています。

 

あ!

 

ここで、チリのサンティアゴで買った、新しい旅の相棒を紹介します。

 

ふふふ。犬の姿の首枕なんですけど、

一目惚れして思わず買ってしまったんですよ。

サンティアゴのサンちゃん。

 

時々、旅先で、一緒に旅したい!!って思えるグッズに出会えます。

今まで、首枕なんて邪魔なだけだし、いらないよって意地を張って、

ゴロー丸が持ってきた枕を奪ってここまで旅してきたんですが、

これからは、お気に入りのボトルホルダーに加えて、この子にお供してもらおうかと。

 

で、首枕の使い方なんですが、私はいつも首の前に巻いてます。

ゴロー丸に使い方間違ってるよって言われるんですけど、前の方が楽で。

なんか、通常の使い方で後ろに巻くと、背中痛くなっちゃうんですよね。

 

そんな首枕じゃなくて、ちゃんとしたやつ買いなよ。無駄だよ。ってゴロー丸には言われるんですけどね。

 

みなさんは、どんな無駄な買い物をしちゃいますか??

みなさんは首枕は、どんな使い方をしてますか???

 

そんなあほなことを言っているうちに、夕飯の時間となりました。

このバス、ちゃんとごはんを食べたりするためのテーブルも用意されていて、

セルフ式なんですけど、この台を取り出して、椅子の横に差し込んで設置できるようになっています。

ほんと、Cruz del Sur社は、快適なサービスが整ってるなー。

 

ごはんも、予約の時に、何種類かから選べて、

ポロ、野菜、ビーフ、あともう1種類くらいあった気がするけど、

そこから選べます。

 

やっと、やっと、アルゼンチンの長距離バスのハムチーズサンド地獄から解放されたよ。笑

左はポロ乗せごはん、ハーブ風味のソースがかかっています。

右側は、チョコレート掛けのクッキーに、

右下は、ペルー料理のパパ・ア・ラ・ワンカイーナ。

チーズにパプリカ粉などを混ぜて作ったソースをかけたジャガイモです。

 

飲み物は、やっぱりカップが配られて、注がれる式。

ペルーはやっぱり、インカコーラがメインですね。

 

そして、クスコへの長距離バス一日目の夜は更けていきました。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, ペルー, 長距離バス

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
こんな気持ちで何度も旅の終わりを感じて
NEXT
ペルー南部の田舎風景

関連記事

ボリビアを去る日 旅でのお別れの空気を思い出したよ

サンライズの時に、写真の為に、何度も何度もジャンプさせられ、 鏡張りの水が乾くと、すっかり塩まみれになってしまったゴロー丸のズボン。 さすがにこりゃちょっと、白カビみたいで汚いので、民族っぽいズボンを…

続きを読む

ホイアンでの宿探し

フエを出発したバスは再度、トイレ休憩を兼ねて土産物屋に到着。 ここで40分も休憩するといいます。 観光バスでもないのに、土産物屋かぁ。   すると、乗客のヨーロッパ系の女性が、 「誰かここで…

続きを読む

短期沈没けってーい!!

引き続き、可愛いパーイの町をふらふらしましょう。 パーイは、チェンマイと、首長族の村で有名なメーホンソーンの間にある町の為、 メーホンソーンに行きがてら、ここに寄る人も多いそうです。 ここからメーホン…

続きを読む

マチュピチュの裏側

そういえば!! 有名な観光地って、基本、誰もが思い浮かべる代表的な姿があるけれど、 裏側ってどうなってるんだろうって思いませんか?? 素敵な場所って裏側も隠れ絶景だったりするんですよね。  …

続きを読む

カンボジアの子供達を想う気持ちはおんなじ

アンコールワットの朝日を見て、 いったんヤマトへ戻り朝食をとります。   今日も、トゥクトゥクドライバー達は元気! 今日は、アンコール遺跡群大周りコースです。 大周りというと、凄く大げさな感…

続きを読む

ヴィクトリア・パークと渣甸坊を歩く

香港最大の広さと言われているヴィクトリアパークで出会った以外な異国文化。香港に来て、これに出会っちゃうとは。
また、香港島の女人街と呼ばれている渣甸坊も歩いて、やっと買いたい物に遭遇。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link